話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
話題
に〜っこり

に〜っこり(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数30万部突破の人気シリーズ第1巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ

オムレツ屋へようこそ!」 みんなの声

オムレツ屋へようこそ! 作:西村 友里
絵:鈴木 びんこ
出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年10月
ISBN:9784337336179
評価スコア 4
評価ランキング 25,777
みんなの声 総数 2
「オムレツ屋へようこそ!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どの景色もいい

    2013年の課題図書だったようです。
    私は知らずに読みました。

    自由に仕事する母。
    そんな自分第一主義のような母を批判的にも見ている娘。
    その娘が預けられる親族宅には
    一見平和そうでありながら、心に葛藤を抱える双子の兄弟がいました。

    ただ、こういった波風は、すべて伏線ではないかと思うほど
    後半に登場するひとりのおじさんが
    高台からの景色を眺めながら放つ言葉がいいんです。

    「たしかに一番上はいい、でも、一番下もいい。そして、五段目の景色もいい。どこだってすばらしい景色はあるんだ。ても、そこに座ってじっくり見なければ、景色の良さはわからない。それをどう見るかが大切なんだ」

    著者はこのセリフを書きたくて
    書かれた本のようにも感じました。
    また、今の私にとても響きました。
    大人の心にも響く、
    素敵な一冊です。

    投稿日:2019/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 居候

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    母親の仕事の都合でおばあちゃんの家に居候することになった尚子。
    評判のオムレツ屋さんが居候先だなんていいなーとのんきに思ってしまいました。
    でも食事だけでなく、家族もいい人なようで良かったです。
    忙しい母親、転校だらけの生活に不満があるような尚子ですが…。
    母親はいつもそばにはいられませんが、娘への愛情は感じられるお話でした。

    投稿日:2014/12/08

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット