新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ

オリビア」 その他の方の声

オリビア 作・絵:イアン・ファルコナー
訳:谷川 俊太郎
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2001年11月
ISBN:9784751519868
評価スコア 4.55
評価ランキング 6,312
みんなの声 総数 54
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • オリビアは なんでも 自分が納得できるまでします
    へとへとになるまでね!

    弟のイワンもオリビアのいたずらに誘われてね〜

    オリビアのすることは おもしろすぎ 笑えます!

    オリビアの服を着るところなんか かわいくて おもしろくて 愛らしい

    オリビアのお父さんもお母さんも 海に連れて行ったり美術館に行ったり
    子供を大事にしているステキな家族ですね
    余裕を感じられます 私たちは あくせくして生活しているのかもしれませんね

    寝る前に本を読んであげて おかあさんも かわいいな〜
    (私も毎晩子供に 本読んで寝かせてましたよ)

    幸せいっぱいのオリビア! いいね〜
    のびのびと 大きくなって 良いお母さんになれることでしょう

    投稿日:2022/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私は谷川俊太郎さんの大ファンです。昔、東京で谷川俊太郎さんの講演会に参加させて頂いたことがあります。だからこの本を読ませて頂きました。これはとても楽しくて
    パワーを与えてくれます。オリビアの明るく、楽しくという生き方は神さまの波長と合っていると思います。だから凄いパワーが生まれるのだと思います。ほんとに素晴らしいお話です。ありがとうございました。

    投稿日:2022/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんな子に成長していくのかな

    子ぶたとして描かれているけれど、実在の子どもをモデルにした絵本なのですね。
    絵本を通して、オリビアのやんちゃぶり、日常が想像されて微笑ましく感じました。
    でも、芸術に対する思いには、大人顔負けのきらめきを感じました。
    6歳だったオリビアは、今はもう大人になっているはずですね。
    どんな大人に育ったのかとても興味があります。

    投稿日:2021/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子らしさ

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    おとなの服を着てみたり・お化粧をしてみたり。大人を先取りしてみては優越感に浸るオリビア。姉の真似をするイアン。両者が子供らしくて可愛い!なぜだか私が母親のスカートをはいてみたりしたことを思い出しました。

    赤黒白の3色しか使われていないながらも表情や舞台背景だけでずんずん伝わってきます。さすが作者はデザイナーだけあって色分けのセンスが輝いているなぁ。

    投稿日:2007/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 白と黒、そして赤。この絵本は、基本的にこの三色で描かれています。それなのに色彩豊かで質感ばっちり、こぶたのオリビアが絵本から飛び出してきそうです。作者のファルコナーは舞台装置や衣装デザイナーをしていた人で、そのセンスは素晴らしいもの。またオリビアも、いたずらっ子のように見えて実は天才肌の芸術家。おしゃれが大好きでたくさんの夢と可能性を秘めています。私はオリビアにほれてしまい、キーホルダーまで買ってしまいました。でも絵本の中のオリビアは、いろんな動きを見せてくれるのでやっぱりお気に入りですね。

    投稿日:2007/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 原画展

    今京都の美術館「えき」KYOTOでOLIVIAとアンドレダーハンの原画展やっていますよ。オリビアの誕生の秘密や、オリビアショップもあるらしいです。かわいいね。

    投稿日:2004/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • そんな頃が誰にでもあった

    主人公・オリビアは何処にでもいる女の子。でもある時、自分がまだまだ子供でお母さんに甘えていたいと気が付く。大人のふりをしてみたり、自分で好きな服をきてみたり、大好きな絵を見て自分の大人になったときを夢見たりもする。それは、今も昔も変わらない気持ち。おませさんで周りの人をへとへとにさせてしまうけど、しっかり者のオリビア。お母さんもへとへとだけど、大好きなオリビアに言います。「なんてったって、あいしているから」おかえしにkissをしてオリビアは「あたしもよ、なんてったって」といいました。:ぜひとも、親子で読んでください。

    投稿日:2002/07/15

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ ロシアの昔話 / がたん ごとん がたん ごとん / 赤ちゃん絵本セット / おむつのなか、みせてみせて!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



みんなで参加しよう!えほん祭

全ページためしよみ
年齢別絵本セット