くうこうのいちにち自信を持っておすすめしたい みんなの声

くうこうのいちにち 絵:インクリンク
文:オリビア・ブルックス
訳:灰島 かり
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2013年04月
ISBN:9784052036224
評価スコア 4.4
評価ランキング 11,554
みんなの声 総数 4
「くうこうのいちにち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しみながら学べます

    この絵本は空港が一日どのような流れで仕事が行われているかを学べる絵本でした。しかも、毎ページに絵本のページの下に書いてある絵と一緒な物や人を探すこともできたのでうちの子はとっても楽しかったって言っていました。

    投稿日:2014/10/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • どのページの絵も、同じ場所から見たところから書いてあります。

    朝早くから、夜遅くまで、空港がどんなふうに変わるか、よくわか

    ります。下の”さがしてみよう”が、かなりはまって楽しく探せます。

      「くうこうでは きょうも いろいろな

      ことが おこりました。ぜんぶ さがせるかな?」

    と、あるのでまた、前に戻って何度でも楽しめました。

    投稿日:2019/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 空港の一日を定点観測で描いています。

    乗り物好きの息子が3歳のときに購入しました。
    当時は、電車や働く車が好きで、あまり関心を示しませんでしたが、
    5歳を過ぎて急に飛行機好きとなり、最近好んで読んでいます。

    空港の一日、早朝(朝4:45)から夜(23:30)までを定点観測で描いた絵本です。
    お客さんが来る前の早朝、まだ暗いうちに掃除や点検が始まり、
    6時には朝一番の飛行機にお客さんが乗り始めます。
    エンジントラブルや大雨、大統領の到着など、様々な出来事を通して、パイロットや警備、受付、掃除の人など、空港で働く様々な人の仕事の様子が描かれます。
    泥棒がいたり、スケボーで遊ぶ子がいたり、犬が入りこんでトラブルになったりと大騒ぎ。ちょっとコミカルな事件も起こります。

    空港や飛行機の仕組みを簡単に説明したページもあるので、
    飛行機好きの子の最初の図鑑としても利用できます。
    また、探し絵を楽しめるようにできているので、探し絵好きの子にもおすすめです。

    投稿日:2016/02/28

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



1月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット