ぼんやきゅう ぼんやきゅう
文: 指田 和 絵: 長谷川 義史  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
亡くなったひとたちと、いまを生きているものとの交信、それが、盆野球。

ふたごのひよちゃんぴよちゃん はじめてのようちえん自信を持っておすすめしたい みんなの声

ふたごのひよちゃんぴよちゃん はじめてのようちえん 作・絵:バレリー・ゴルバチョフ
訳:なかがわ ちひろ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年01月
ISBN:9784198621247
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,946
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 昔はね

    この絵本は初めて幼稚園に行くドキドキを描いたお話でした。うちの子は最初とっても嫌がっていたバズなのですが、この絵本の主人公のひよこ達に「そんなんしてたらダメだよ!」とかいろいろ注文をつけていました。自分の事は忘れたのか!?ってな感じで面白かったです。

    投稿日:2013/03/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • お友達ができるきっかけ

    3歳8ヶ月の息子に読んでやりました。幼稚園にあがるので、幼稚園の楽しさを理解してもらえたらと思って読んでみました。

    ふたごのひよちゃんとぴよちゃんは幼稚園にどきどきしながら行ったものの、どうやってお友達を作ったらいいかわかりません。先生には「あそぼ」と声をかけてごらん、といわれたものの、タイミングもわるく、みんな断られてしまいます。でも、お友達はけっしてふたりを見放していたわけではないことが判明し、みんなで仲良くなることができました。

    実際にはこんなに単純ではないと思いますが、ひとりあそびより友達あそびが楽しくなるきっかけって案外こんなものかもしれないな、と思います。なにか共通するものとタイミング、それを息子にもじっくりと待つしかないかな?と。息子にはどう映ったのかわかりませんが、幼稚園の様子は同じ様なので、絵本に見入っていたことはたしか。こちらも気長に待って様子をみてやろうと改めておもいましたね。

    投稿日:2011/04/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 新学期に

    新学期のスタートの時期。入園する子どもは、初めて母親と離れての集団生活で、不安でいっぱいなことも多いでしょう。

    集団生活を支えてくれるのは、やはり先生とお友だちです。

    ふたごのひよちゃんとぴよちゃんも不安な中、みんなの様子を見たり声をかけてみたりと。

    誰もが成長の過程で通過してきた園生活。子どもの心に寄り添いながら接してやりたいものだと思います。

    息子も入園して二週間ぐらいは行く前に泣いていたことを思い出します。

    新学期、新入園の時期に読むと、ああ不安なのは自分だけではないし、

    園生活って楽しいこともたくさんあるなあと思えるのではないかと思います。

    投稿日:2011/04/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 初めての日の不安をのりこえて笑顔に

    入園したばかりの娘と読みました。

    はじめてようちえんにやってきた日。
    小さなひよこのひよちゃんとぴよちゃんが「ぼくたちこわいの。知らない子ばっかりなんだもん。」と言います。
    お母さんと離れることだけじゃなくて、知らない子ばっかりの中に入っていくのって確かに不安ですよね。
    でも「だいじょうぶ。すぐにお友だちができるから。」「一緒にあそぼうって言えばいいのよ」と先生が優しくおしえてくれます。
    “いちばん大きなビーバーくんとおともだちになりたいな”
    “うさぎさんはやさしそうだからともだちになってくれそう”
    “ぼくたちと同じように小さいかえるくんなら・・・”
    ひよちゃんとぴよちゃんは勇気を出して「あ・そ・ぼ」と声をかけるのですが・・・

    いろいろ考えながら一生懸命ともだちをつくろうとしている姿がとてもかわいいです。
    「そんなに頑張らなくても大丈夫だよ」と声をかけてあげたくなりました。

    絵がとってもかわいいということもあって、娘のお気に入りになりました。
    同じシリーズの他の作品も読みたいとせがまれています。

    投稿日:2008/04/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 入園前に読ませたい

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    最近お気に入りのバレリー・ゴルバチョフの作品。
    ふたごのひよちゃん ぴよちゃんシリーズで、今回は初めて幼稚園に行く日の出来ごとを描いています。

    友達が出来なくて不安な二人。
    外遊びのときに、困っていたら周りの子がとても親切にしてくれて、一気に楽しい登園日になったというお話。

    最初の登園は、やはり特別な一日で誰しも緊張するもの。
    その不安な心情を温かく、細やかに描いています。
    相変わらず、ゴルバチョフの動物の絵は、心を和ませてくれます。

    是非、入園の前に読み聞かせしてあげたい絵本です。
    お祝いのプレゼントにも、こんなに相応しい絵本はないと思います。

    投稿日:2008/01/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 入園前に是非どうぞ。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    めんどりかあさんに連れられて
    ひよちゃんとぴよちゃんが初めての登園です。
    そして 降園までを描いたお話です。
    幼稚園には いくつかの決まりがあって
    それを守らなければならないことや
    幼稚園での生活はお楽しみがいっぱいあるんだ☆
    ってことが 自然と理解できそうです。
    入園前のお子さんが 春休みに読む本としては
    かなりお薦めできる絵本だと思いました。
    それから…
    動物達の目の表情がとっても豊かです。
    目で物を言う…といった感じです。
    こんな所に注目して読むのも面白いと思います。

    投稿日:2007/03/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • ようちえんに行きたくなる

    ヒヨコのふたごのひよちゃんぴよちゃんシリーズです。
    お母さんと離れて初めて幼稚園に行くのですが、知らない人ばかりで怖いんです。先生に聞いたら「いっしょに遊ぼう」って言えばいいのよ、と教えてくれました。
    二人はお友達を作りたいといろいろな動物に声をかけますが、いつもタイミングが悪くてお友達になってもらえません。結局おやつの時間も二人きり・・・・。
    でも、外遊びの時間、小川を渡れなくて困っていると、みんなが助けてくれるんです!それからは、もうみんなお友達★

    この本を読んでからだと思うのですが、それまでお友達と遊ぶよりママと遊ぶほうがいいって感じだった2歳のうちの子が、以前よりお友達に声をかけれるようになりました。
    ついでに「ようちえん行きたい」と言い出しました(*^▽^*)

    投稿日:2006/02/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 動物だけの幼稚園

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子2歳

    幼稚園ってどんなところ?何するところ?お友だちってどんなふうに出来るの?入園をひかえて、親も子も不安と期待でなんだか気持ちがそわそわしませんか?そんな時に、ぜひおすすめです。

    保育園に楽しく通い始めて1年以上経ってから、この絵本を読みましたが、先生やお友だちが居たり、とても身近な話題なうえに動物が出てくる「動物たちの幼稚園」という設定が読み手をワクワクさせてくれる理由の1つかもしれません。

    海外の作家さんの絵本も素敵なのがあると知り、絵本選びの幅も今後広がりそうです。そのきっかけを作ってくれたのがこの絵本との出会いでした。素晴らしい絵本です。

    投稿日:2018/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思い出します

    • らずもねさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、男の子8歳

    幼稚園にはじめて登園するときの
    ドキドキした子供の顔を思い出します。
    そしてお友達をつくりたいと思う気持ちに
    ほっこりしてしまいます。
    そしてみんなのやさしさに「うんうん」という気持ちでいっぱいになりました。
    わが子を見ているような気持で
    子供と読みました

    投稿日:2018/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園って・・・

    見たことのあるような
    絵ですが・・・
    なんか、かわいらしい
    ウクライナ生まれの作者さんとのこと

    不安そうな表情のふたごのひよこちゃんたち

    確かに
    初めての幼稚園ー集団って
    大人は「楽しいよ」って言っても

    何が?
    どうしたら、楽しくなるの?

    は、自分で体験しなくっちゃ
    わからないことですよね

    すぐに仲良しにはならないし
    どんな時に?
    どんな風にすれば
    お友達が作れるの?

    なんですよね

    と〜っても、こどもの視点から
    見ていることに感心しましたし
    とてもわかりやすく
    共感できます

    そうなんです
    何か事件のようなことが起こって
    初めて、お互いがそれぞれ気付いて
    関わりが持てて
    そこで、やっと
    「お友達」になれるんですよね

    その積み重ねなんですよね

    それ+優しさ だったり
    認め合ったり
    頑張ったり

    いろんなことが総合されて

    「幼稚園楽しかった!」
    「幼稚園大好き!」
    「また、遊ぼうね!」

    につながるんですよね

    あおさぎ先生の寄り添い方も
    と〜っても、ステキ!!

    怒ったりしないし(笑
    変な指導してないし(笑

    みんなで手を繋いで
    目を見つめているのもステキ!

    幼稚園入園のプレゼントや
    4月、この季節に読んであげるのにぴったりです

    投稿日:2017/04/12

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット