ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
手遊びうたから人気の童謡まで、200曲を美しいイラストともに収録。歌詞、楽譜付き!

恐竜トリケラトプスとティラノサウルス」 みんなの声

恐竜トリケラトプスとティラノサウルス 作・絵:黒川みつひろ
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1995年12月
ISBN:9784338101042
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,420
みんなの声 総数 39
「恐竜トリケラトプスとティラノサウルス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

39件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 思わず、声が出て隠れながら

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    年少のとき、幼稚園で借りてきた本。
    子どもたちのお気に入りなのか、
    ボロボロでした。

    「恐竜の大陸」シリーズの4作目で、
    1作目から読みたかった〜と思いながら読みましたが、
    途中からでも十分楽しんで読めました。

    ストーリーも群れのリーダー、ビックホーンに憧れ、
    その息子のリトルホーンに自己投影でき、
    弱肉強食の世界にハラハラしながら
    ティラノサウルスが出てきたときには「うわっ」と
    思わず、声が出て隠れながら見聞きしていました。

    投稿日:2018/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳の息子が一番興奮した本

    • わたしさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    このシリーズはどれもドキドキハラハラするのですが、このお話が一番ドキドキハラハラしました。
    息子はリトルホーンを自分と重ねて聞いているようで、読み終えた後には、夫に興奮しながら、この本の内容を熱く語っていました。あまりに熱くなりすぎて、終いにはリトルホーンのやった事を、自分のやった事として語り、語り終えた後は自信に満ち溢れていました(笑)
    何故そこまで、引き込まれるかと言うと、最初からいつ敵が現れるかわからない緊張感に包まれ、さっきまで一緒にお話ししていた恐竜が食べられる。それを見ていて恐怖は最大限に高まったところで、いきなり自分が大ピンチに!!ちょっと安心したかと思うと、またまた、見えない恐怖にじらされて、最大のピンチが訪れる!!無我夢中で頑張ったリトルホーンの大活躍により、勝つことが出来る結末。もう、そのハラハラ感を一緒に味わっていると、だんだん自分がリトルホーンなんじゃないかと思ってしまうようです。
    絵もとっても迫力があるのですが、少し可愛いさも残してあるので、恐怖感ばかりではありませんよ。

    投稿日:2018/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 臨場感たっぷり!

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    肉食の王者。ティラノサウルスに立ち向かうトリケラトプス。
    チームで戦うことで、草食動物のトリケラトプスでも勝てるんだ!と嬉しくなります。
    臨場感があり、ドキドキしながらあっという間に読み終わりました。
    娘は怖がって半泣き。息子は目をキラキラさせて聞いていました。
    最後にあるきょうりゅの解説が分かりやすくて、図鑑好きの息子は喜んで見ていました。

    投稿日:2017/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子、大喜び

    やはり、ティラノサウルスは子供をひきつけるようで、タイトルを見るなり
    「早く読みたい!」
    と言っていました。
    勿論、主役がトリケラトプスなので、ティラノサウルスは悪役ですけど、強いティラノサウルスに興奮気味でした(もちろん最後は負けるんですがトリケラトプスも好きなので喜んでます、笑)
    今回、とてもトリケラトプスが勇敢でかっこよかったです。

    投稿日:2015/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 巨大ティラノ!

    黒川みつひろさん好きの息子と読みました。
    息子は全部のところがおもしろかった!
    と満足げでした
    なんといっても恐竜の主役ともいえる巨大ティラノサウルスとの
    激闘を描いた分かりやすいストーリー
    このシリーズは表紙裏の帯や終わりにあるモノクロのイラストも
    楽しめます
    リトルホーンは小さいのに勇敢でかっこいいです

    投稿日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • どっちが勝つの

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    恐竜大好きな息子と一緒に読みました.ティラノサウルスなんてやっつけてやると強気だったカスモサウルスたちがあっという間にやっつけられてしまって,しばらく無言の息子でした.ティラノきんぐの出てくるページではその迫力にびっくりして,息子の本を持つ手には力が入っていました.それからはハラハラの展開で,読んでる私もどっちが勝つのかドキドキでした.巻末の恐竜の解説も詳しくて,読んでてなるほど〜ととてもためになりました.巻末もカラーだったらなお良いのになと思いました.

    投稿日:2015/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恐竜好きになります

    恐竜が好きな人に人気の、トリケラトプスが主人公です。生き生きと描かれた恐竜達の絵に、作者の恐竜への愛を感じました。ピンチのたびに「あぶない!リトルホーン。」と気持ちをこめて読むと、ヒーロー物を読んでるようにワクワクドキドキするようです。恐竜博に行く前に、ぜひ読ませたい本です。
    私の一番好きなティラノが出てきました。子どもは絵本の真似してティラノのフィギュアで闘いごっこをしてましたが、見比べるとすごいリアルな絵なんだなと感動します。

    投稿日:2014/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「うわぁ!!」

    トリケラトプスとティラノサウルス、有名な恐竜の戦いは迫力満点!!息子も大興奮で叫んだり笑ったり顔を手で覆ったり…とにかく食い入るように絵本の世界に入り込んでいました!どっちが勝つかなんて息子には関係なくて、どっちもかっこいい、どっちも強い!どっちも大好きなようです。特に息子は恐竜の叫び声「グガァー」「ゴガァー」が大のお気に入り(笑)恐竜好きの子どもを虜にする、そんな一冊です!

    投稿日:2014/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大迫力の恐竜世界

    緑豊かな新天地を求めて南へ長い旅をするトリケラトプスの一族。リーダーは、ビッグホーン、そして、寄り添う息子のリトルホーン。草食恐竜にとっては、いつ、肉食恐竜に襲われるかわからない状況での旅を実感することができます。様々な場面で、正しい選択をするビッグホーンの偉大さに感心させられます。はるか7000万年前の地球で、こんなドラマが展開されていたことを知ることができました。
    巨大な肉食恐竜ティラノサウルスの登場には、思わずどきりとさせられます。画面いっぱいに開かれた大きな口には、ゾッとします。さらに、巻末の恐竜の解説を読むと、間違いなく恐竜博士に、そして、もっともっと恐竜のことを身近に感じ、もっと知りたくなることでしょう。

    投稿日:2014/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 弱肉強食の世界

    恐竜の世界も弱肉強食なのだなぁと実感。
    肉食で強いティラノサウルスとの遭遇はハラハラドキドキ。逃げ切ることが出来てホッと一安心。かと思ったら、ティラノキングの出現。どうなるの?がんばれーと応援したくなります。なんとか危機を乗り越え、ほんとに良かった〜と安堵の気持ちに。
    テンポの良いお話と、ドキドキするけど最後はホッとできるという安心感がとても良いと思いました。
    最後の恐竜の紹介も恐竜ファンなら絶対に、ファンではなくても楽しめて良いと思いました☆

    投稿日:2014/06/16

    参考になりました
    感謝
    0

39件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / もりいちばんのおともだち / わんぱくだんのはしれ!いちばんぼし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


老舗のパン工場、バケバケベーカリーの工場見学にきませんか?

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット