アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

恐竜トリケラトプスとティラノサウルス」 みんなの声

恐竜トリケラトプスとティラノサウルス 作・絵:黒川みつひろ
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1995年12月
ISBN:9784338101042
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,720
みんなの声 総数 37
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

37件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 勇敢なトリケラトプスたち

    トリケラトプスを主人公にした「恐竜の大陸」シリーズの中の一作。
    緑豊かな新天地を求め、旅を続けるトリケラトプスの群れが、ティラノサウルスに遭遇し、力を合わせて戦うというストーリー。
    群れのリーダー、ビックホーンとその息子のリトルホーンの勇敢な戦いぶりに、読んでいるこちらも思わず力が入ります。
    娘は、カスモサウルスが食べられてしまうシーンが印象深かった様子。
    これまで読んでいた絵本とは一味違う弱肉強食の世界にハラハラしつつも、リトルホーンになりきってお話の展開を楽しんでいます。
    巻末には、その巻に登場した恐竜の詳しい解説も載っていて、ストーリーと併せて恐竜に対する知識を深めることができます。
    私も娘も、このシリーズを読んでずいぶん恐竜に詳しくなりました。
    シリーズ全作を読破した私たちですが、気に入った巻は何度も繰り返し読んで楽しんでいます。

    掲載日:2014/06/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 迫力満点

    恐竜好きな息子に。
    ビッグホーン達が新天地を目指す旅の途中で
    最強の肉食恐竜、ティラノサウルスと遭遇!
    迫力満点のお話です。

    カスモサウルス達が食べられてしまうところでは
    神妙な顔をしていましたが、とにかく肉食恐竜が気になる息子。
    読み進めるたびに「次、ティラノが出てきそうだよ〜」と
    自分の顔をちらちら隠しながら聞いていました。
    最後は「食べられないで良かったね〜」と安心した
    顔を見せる一方、読んだ後は必ず足をドスンドスン
    踏みならしながらティラノサウルスの真似をしています。
    今まで恐竜、というと図鑑で見ることが多かったのですが、
    お話として読むとすっとその時代に入れるので新鮮でした。
    このシリーズは他も読んでみたいです!

    掲載日:2013/05/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大迫力!

    最近保育園でも恐竜が流行っていて息子達が
    恐竜大好きなので読んでみました。
    大昔の恐竜の弱肉強食の話ですが、
    アフリカの動物達となんだか重なるなぁと思い
    今も昔も生きていく為にはこんなストーリーがあるんだな。
    と思います。
    少しづつ恐竜の名前も覚えて楽しく読んでます。
    恐竜好きにはたまらない本です。

    掲載日:2007/09/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 臨場感たっぷり!

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    肉食の王者。ティラノサウルスに立ち向かうトリケラトプス。
    チームで戦うことで、草食動物のトリケラトプスでも勝てるんだ!と嬉しくなります。
    臨場感があり、ドキドキしながらあっという間に読み終わりました。
    娘は怖がって半泣き。息子は目をキラキラさせて聞いていました。
    最後にあるきょうりゅの解説が分かりやすくて、図鑑好きの息子は喜んで見ていました。

    掲載日:2017/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子、大喜び

    やはり、ティラノサウルスは子供をひきつけるようで、タイトルを見るなり
    「早く読みたい!」
    と言っていました。
    勿論、主役がトリケラトプスなので、ティラノサウルスは悪役ですけど、強いティラノサウルスに興奮気味でした(もちろん最後は負けるんですがトリケラトプスも好きなので喜んでます、笑)
    今回、とてもトリケラトプスが勇敢でかっこよかったです。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • どっちが勝つの

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    恐竜大好きな息子と一緒に読みました.ティラノサウルスなんてやっつけてやると強気だったカスモサウルスたちがあっという間にやっつけられてしまって,しばらく無言の息子でした.ティラノきんぐの出てくるページではその迫力にびっくりして,息子の本を持つ手には力が入っていました.それからはハラハラの展開で,読んでる私もどっちが勝つのかドキドキでした.巻末の恐竜の解説も詳しくて,読んでてなるほど〜ととてもためになりました.巻末もカラーだったらなお良いのになと思いました.

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ついに登場!!

    このシリーズでお馴染み、ビッグホーンの親子達が緑豊かな新天地
    を求め旅する途中、ついにあのティラノサウルスと遭遇しちゃいます。

    見開きいっぱいに描かれた迫力満点のティラノサウルスが
    「ゴガアー!ズシン!ズシン!」と豪快に登場しただけで、
    子供達はもうハラハラドキドキ。

    そして、仲間であるカスモサウルスがいとも簡単にやられてしまった
    シーンに弱肉強食の世界の厳しさを痛感。
    「ビッグホーン達は大丈夫なの?」と不安そうでしたが、何とか協力
    し合って倒せてよかったです。

    ティラノはすごなぁ〜と改めてその迫力を実感した子供達。
    巻末の解説もいつも以上に興味津々で読んでいました。
    スリル満点な1冊でした!!

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「うわぁ!!」

    トリケラトプスとティラノサウルス、有名な恐竜の戦いは迫力満点!!息子も大興奮で叫んだり笑ったり顔を手で覆ったり…とにかく食い入るように絵本の世界に入り込んでいました!どっちが勝つかなんて息子には関係なくて、どっちもかっこいい、どっちも強い!どっちも大好きなようです。特に息子は恐竜の叫び声「グガァー」「ゴガァー」が大のお気に入り(笑)恐竜好きの子どもを虜にする、そんな一冊です!

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大迫力の恐竜世界

    緑豊かな新天地を求めて南へ長い旅をするトリケラトプスの一族。リーダーは、ビッグホーン、そして、寄り添う息子のリトルホーン。草食恐竜にとっては、いつ、肉食恐竜に襲われるかわからない状況での旅を実感することができます。様々な場面で、正しい選択をするビッグホーンの偉大さに感心させられます。はるか7000万年前の地球で、こんなドラマが展開されていたことを知ることができました。
    巨大な肉食恐竜ティラノサウルスの登場には、思わずどきりとさせられます。画面いっぱいに開かれた大きな口には、ゾッとします。さらに、巻末の恐竜の解説を読むと、間違いなく恐竜博士に、そして、もっともっと恐竜のことを身近に感じ、もっと知りたくなることでしょう。

    掲載日:2014/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 弱肉強食の世界

    恐竜の世界も弱肉強食なのだなぁと実感。
    肉食で強いティラノサウルスとの遭遇はハラハラドキドキ。逃げ切ることが出来てホッと一安心。かと思ったら、ティラノキングの出現。どうなるの?がんばれーと応援したくなります。なんとか危機を乗り越え、ほんとに良かった〜と安堵の気持ちに。
    テンポの良いお話と、ドキドキするけど最後はホッとできるという安心感がとても良いと思いました。
    最後の恐竜の紹介も恐竜ファンなら絶対に、ファンではなくても楽しめて良いと思いました☆

    掲載日:2014/06/25

    参考になりました
    感謝
    0

37件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「誰もが誰かの大切な人」米国で人気のシリーズ第一弾

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット