話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

ブレーメンのおんがくたい」 ママの声

ブレーメンのおんがくたい 作:グリム
絵:スズキ コージ
訳:池田香代子
出版社:三起商行(ミキハウス)
本体価格:\1,500+税
発行日:1987年
ISBN:9784895882064
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,718
みんなの声 総数 16
「ブレーメンのおんがくたい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 読み比べが面白い!

    「ブレーメンのおんがくたい」は有名なお話でたくさんの方々が描かれているので,読み比べてみると本当に面白いですね!
    我が家にはハンスフィッシャーさんのブレーメンのおんがくたい絵本がありますが,こちらのスズキコウジさんのブレーメンも実に味があり面白くてよかったです!
    絵や言い回しでこんなにも,それぞれの味わいが違うのかと楽しめました。

    投稿日:2015/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • おはなしおばさんのくちから

     おなじみのお話、いろいろな作家さんが挿絵を描かれているので、読みくらべがたのしいです。
     動物たちの表情はインパクトがありますね。スズキさんらしい絵が、楽しかったです。みんなで協力して、どろぼうたちを追い出す場面も笑ってしまいました。
     「おんがくたい」だけど、演奏する場面がないのが、ちょっと不思議。

     お話の最後、おはなしおばさんのくちからゆげがでているのが、おもしろかったです。日本でいうと「とっぴんぱらりのぷう」みたいなものかな、と思いました。
      
     

    投稿日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がすばらしい

    • うさうさこさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子4歳、女の子2歳

    3歳の娘が保育園で劇をやるということで読ませてあげました。

    絵がとても味があって、動物たちの目の表情が豊かで大好きです。
    目を真ん丸にして新しい仲間を見る姿に子供たちが大うけでした。

    四匹が集まって、さあ旅に出るぞ!という後姿がとってもかっこよくて動きだしそうな感じでした。

    スズキコージさんの絵をもっと見てみたくなり、いい絵本に出会えたなと思いました。

    自分自身も小さい時の記憶がよみがえり、楽しく読むことができました。

    投稿日:2011/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が迫力あります

    『ブレーメンのおんがくたい』を読んでやりたいと思ったのですが、たくさん出版されているようなので、読み比べてみました。

    こちらは少し幼い子向けになっているのか、いくつか読んだ中では文章が一番簡潔でした。私としてはその点が少し物足りない気がしました。それによって、ほんの少しだけ早い時期に内容を理解できるかもしれませんが、何度も読み返して楽しみ、イメージが心に残るには、やはり言葉は尽くされていた方が良いように思いました。

    絵は好みの問題だと思いますが、息子はスズキコージさんが好きなので、楽しそうに見ていました。泥棒を追い出すシーンは迫力があって良かったと思います。

    投稿日:2011/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • グリムの魅力を感じました。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    少し前に聞いたお話会で、とても楽しいブレーメンの音楽隊」を聞いたので、もう一度ちゃんと読んでみたくなり、この絵本を探してきました。
    最初、「ブレーメンの音楽隊」と検索した時、あまりにもたくさんの絵本が出ていたので、どれにしようか迷いましたが、私の好きなスズキコージさんのイラストのものに決めました。

    うちの子どもに(最近あまり喜んで聞いてくれなくて、半ば無理やり)読んでいると、下の子は、動物たちの周りにハエが飛んでいて、「今にも死にそうな感じが嫌!」と、怒って出て行ってしまいました。
    それで上の子だけに最後まで読んだのですが、
    「なんじゃこれ〜」と、笑いながら結構聞いてくれました。

    昔から語り継がれてきた「グリム童話」というのは、
    読むと、子ども達に何かしら魅力的なものをこっそり渡してくれる!と、感じましたね〜。

    スズキコージさんの絵も、怖がらずに見れば、いろいろ発見があって楽しいのに、見た目にこだわる下の子には、もう少し大きくなったらまた不意打ちで読んでみようかな?
    小学生くらいにお薦めです。

    投稿日:2010/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 印象に残る絵

    「おはなしおばさんのくちからゆげがたっている」という文の絵まであるのでびっくりしました。細部まで手を抜かないというのが徹底していますね。

    グリムの時代に高齢化という言葉があったのかどうかわかりませんが、年を重ねてもまだまだいけると元気をもらえるような内容のお話だと思います。

    泥棒たちの驚愕ぶりが愉快でした。

    夜の絵が真っ暗やみではなく、青い色の背景だったのが印象に残りました。

    絵がスズキコージさんなので、印象に残る「ブレーメンのおんがくたい」になっていると思いました。

    投稿日:2009/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • はまるわ〜

    スズキ コージ さんの独特の絵が だんだんはまっていくのを感じます...

    いつもかわいい絵で 絵本を選んでましたが

    なんとなくアートを感じちゃいます。

    ストーリーは グリム童話のそのままで 
    いいお話は 何年たっても おもしろいですよね〜

    投稿日:2009/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵に惹かれて

    • さわこさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子3歳

    グリム童話のブレーメンのおんがくたい。有名なお話なので、1冊ほしいな〜と思っていました。
    その中で、この本を選んだわけは、ズバリ「絵」です。他の絵本にない絵の魅力に惹かれてしまいました。家にある絵本にはないタッチで描かれているので、娘も気に入ったようです。私は、目の表情が気になってしかたがありません。
    そして、最後のページにあるおばさんも笑ってしまいました。
    童話や昔話など、たくさんの絵本がでているものは、語り口調や絵で雰囲気がとっても変わってくるんだな〜と改めて感じさせられた絵本でした。

    投稿日:2008/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいです。

    • ぺたさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子3歳

    数あるブレーメンの音楽隊の絵本の中で
    絵が魅力的で、お話もおもしろいという
    貴重な一冊だと思います。

    スズキコージさんの絵で読むグリム童話の
    お話がこれからもたくさん出たらいいのにと
    密かに思っています。

    投稿日:2007/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目が笑えます!

    ブレーメンも数種の絵本がありますが、とにかく表情が生きていて楽しいです。ろばやいぬ達の目が回った顔…おんどりの表情も豊かですが、娘は泥棒達のあっけにとられた顔が面白いみたいです。この絵本はしっかりした描写ですが、比較的低年齢の子供にも見やすくて入りやすい絵本ではないかと思います。保育園幼稚園でも劇で登場する事も多いお話なので魅了ある一冊でないかと思いました。

    投稿日:2007/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おおきくなるっていうことは / じゃあじゃあびりびり / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話
  • ぼくの席がえ
    ぼくの席がえ
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    海くんのことは、まだよく知らないのに、席がえでとなりの席になって……。


『はれときどきぶた』40周年おめでとう!<br>作者・矢玉四郎さんインタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット