新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

ブレーメンのおんがくたいなかなかよいと思う みんなの声

ブレーメンのおんがくたい 作:グリム
絵:スズキ コージ
訳:池田香代子
出版社:三起商行(ミキハウス)
本体価格:\1,500+税
発行日:1987年
ISBN:9784895882064
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,715
みんなの声 総数 16
「ブレーメンのおんがくたい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おはなしおばさんのくちから

     おなじみのお話、いろいろな作家さんが挿絵を描かれているので、読みくらべがたのしいです。
     動物たちの表情はインパクトがありますね。スズキさんらしい絵が、楽しかったです。みんなで協力して、どろぼうたちを追い出す場面も笑ってしまいました。
     「おんがくたい」だけど、演奏する場面がないのが、ちょっと不思議。

     お話の最後、おはなしおばさんのくちからゆげがでているのが、おもしろかったです。日本でいうと「とっぴんぱらりのぷう」みたいなものかな、と思いました。
      
     

    投稿日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が迫力あります

    『ブレーメンのおんがくたい』を読んでやりたいと思ったのですが、たくさん出版されているようなので、読み比べてみました。

    こちらは少し幼い子向けになっているのか、いくつか読んだ中では文章が一番簡潔でした。私としてはその点が少し物足りない気がしました。それによって、ほんの少しだけ早い時期に内容を理解できるかもしれませんが、何度も読み返して楽しみ、イメージが心に残るには、やはり言葉は尽くされていた方が良いように思いました。

    絵は好みの問題だと思いますが、息子はスズキコージさんが好きなので、楽しそうに見ていました。泥棒を追い出すシーンは迫力があって良かったと思います。

    投稿日:2011/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • グリムの魅力を感じました。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    少し前に聞いたお話会で、とても楽しいブレーメンの音楽隊」を聞いたので、もう一度ちゃんと読んでみたくなり、この絵本を探してきました。
    最初、「ブレーメンの音楽隊」と検索した時、あまりにもたくさんの絵本が出ていたので、どれにしようか迷いましたが、私の好きなスズキコージさんのイラストのものに決めました。

    うちの子どもに(最近あまり喜んで聞いてくれなくて、半ば無理やり)読んでいると、下の子は、動物たちの周りにハエが飛んでいて、「今にも死にそうな感じが嫌!」と、怒って出て行ってしまいました。
    それで上の子だけに最後まで読んだのですが、
    「なんじゃこれ〜」と、笑いながら結構聞いてくれました。

    昔から語り継がれてきた「グリム童話」というのは、
    読むと、子ども達に何かしら魅力的なものをこっそり渡してくれる!と、感じましたね〜。

    スズキコージさんの絵も、怖がらずに見れば、いろいろ発見があって楽しいのに、見た目にこだわる下の子には、もう少し大きくなったらまた不意打ちで読んでみようかな?
    小学生くらいにお薦めです。

    投稿日:2010/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 印象に残る絵

    「おはなしおばさんのくちからゆげがたっている」という文の絵まであるのでびっくりしました。細部まで手を抜かないというのが徹底していますね。

    グリムの時代に高齢化という言葉があったのかどうかわかりませんが、年を重ねてもまだまだいけると元気をもらえるような内容のお話だと思います。

    泥棒たちの驚愕ぶりが愉快でした。

    夜の絵が真っ暗やみではなく、青い色の背景だったのが印象に残りました。

    絵がスズキコージさんなので、印象に残る「ブレーメンのおんがくたい」になっていると思いました。

    投稿日:2009/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだか迫力・・・

    何度か読んだことのある「ブレーメンの音楽隊」ですが、絵によってこれだけ印象が違ってくるのかと思いました。
    泥棒の飛び出した目玉、驚いたおんどりの顔、迫力です。
    私が好きな場面は、4匹がブレーメンの町を目指して歩いているところです。なんとも頼もしい後ろ姿を感じました。

    投稿日:2007/01/29

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おおきくなるっていうことは / じゃあじゃあびりびり / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



カエルの大人気シリーズ。ちょっとかわったおやすみ絵本

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット