しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

たまごがいっぱい」 パパの声

たまごがいっぱい 原作:寺村 輝夫
構成・絵:和歌山 静子
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2013年06月
ISBN:9784652200179
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,620
みんなの声 総数 47
「たまごがいっぱい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • たまごたちの逆襲

    王さまのほかはたまごを食べたらいけないなんて、想像したらとんでもないことです。
    フライパンたちの怒り、たまごとにわとりの反乱、ドタバタですが、結構刺激的な内容でした。
    たまごがない生活なんてあり得ないですね。

    投稿日:2019/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 王さまは娘にそっくり!
    親になってこの絵本を読み、初めて王さまがとてもかわいらしいことに気付きました。

    娘は2歳9ヶ月。
    好きなものは基本的に全部自分のもの。誰にもあげたくない。
    純粋でたまに優しさや気遣いも見せるけど、ワガママで自分のしたいこと以外は何もしたくない。

    うーん、王さまと娘はそっくりだ。
    そう気付くと王さまのことがかわいらしく思え、温かく見守りたくなります。

    娘もきっとたまごが好きになると、他の人が食べるのを禁止する。
    そして、自分だけがたまごを食べられることを自慢する。

    本当にそっくりだ(笑)


    子どもの頃、大好きでよく読んだ王さまシリーズ。
    あの頃は、ストーリーも王さまの性格や行動も「ナンセンスで面白い」としか感じてなかったけど、まさか親になって王さまを理解してかわいいと思う日がくるとは。

    親になって良かったと思うことの一つとなりました(笑)

    投稿日:2015/07/01

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いつつごうさぎのきっさてん』<br>まつおりかこさんインタビュー

みんなの声(47人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット