あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくもの
作: 大久保 雨咲 絵: 相野谷 由起  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
こころがふっとかるくなる あたたかいおはなし

最初の質問」 せんせいの声

最初の質問 詩:長田 弘
絵:いせひでこ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2013年07月25日
ISBN:9784061325234
評価スコア 4.85
評価ランキング 91
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どうしようもなく落ち込んだ時の道標

    レビューを書くのが難しい絵本です。
    飲み込んで(言葉を)出すのに時間がかかる、そんな本。ぜひ娘にと思ったが、反抗期思春期の女子は、こういうのにあえて手を出さないんですよね。それも人前では。
    なので、黙って本棚にたてておきたい。人知れず迷ったとき、必ず標を示してくれる本だと思いました。
    そっか〜、中3の教科書に載っているのかぁ。上記見解もあながち間違っていないかな。

    私は、鬱になっている人や自殺を考えている人に読ませたいと思いました。孤独で苦しくて、(見ようと思っても)周囲が見えなくなっている人への問いかけに聞こえたのです。
    世界はこんなに美しいと気づかせる詩なのかと。
    最初世界から始まって、だんだん自分のなかへ入っていく質問。世界を見てから自分をもう一度問う、そんな風に思えました。

    まるで自然の一部になった視点で描かれた挿絵と、この詩。たいへん心に響きました。
    図書館で児童の絵本コーナーに置いてありましたが、ヤングアダルトがいいんじゃないかなぁ。
    子育て、結婚生活、いろいろお疲れの世代もどうぞ読んでみて下さい。
    これに全部答えられるようになれば、人生は希望に満ち溢れますね。

    投稿日:2014/11/29

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / はじめてのおつかい / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その7

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.85)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット