パンダ銭湯」 パパの声

パンダ銭湯 作:tupera tupera
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年08月
ISBN:9784871100861
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,936
みんなの声 総数 140
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵本の世界の木皿泉??

     ナンセンスという言葉を調べると、「意味がないこと、馬鹿げていること」と出てくる。
     この絵本はさしずめ「馬鹿げていること」に該当するのだろうが、非難の言葉ではなく、絶賛の言葉として使いたい。
     こんなことなど絶対ありえないのに、あるかもしれないと思えるほど、面白いのだ。
     こんなことの第一が、「パンダ以外の入店は、固くお断りしています」なんていう銭湯があるということ。絶対ないはずなのに、いやいや、もしかしたら世界のどこかにあるかもしれないと思わせる力が、この絵本にはある。
     そこでは「えいようまんてん 竹林牛乳」の「サササイダー」が売っていたり、銭湯にかかっているタイル画が富士山ではなく、パンダの故郷の中国奥地の水墨画だったりして、そんなことは絶対ないはずなのに、いやいや、もしかしてと思ってしまう可笑しさである。

     さらにパンダの白黒模様。あれが洋服のようにして脱衣できるなんて誰が考えるだろう。
     そんな馬鹿げたことは、いやいや、あるかもしれない。
     黒い服があると百歩譲っても、目のまわりの黒い模様はどうするんだとなるにちがいない。
     いやあ、あれはサングラスで、ともなれば、もう開いた口がふさがらない。
     サングラスの下にはちょっと鋭い目があるしたら、ないない、そんなこと絶対ない、なんていえるか。

     父と息子のパンダがこうしてお風呂にはいっていく。
     待てよ、耳の黒はそのままか、とつっこみたくなりますよ、絶対。
     でも、大丈夫。二人(二頭?)が頭を洗ったら、耳の黒も流されます。
     なになに、耳の黒は何だったの。その説明はちゃんと最後に出てきますから、大丈夫。

     こんなに楽しいナンセンス絵本にお目にかかるのは珍しい。
     作者はtupera tuperaとありますが、そもそもこの名前にして意味があるのかないのかわからない。
     実際は亀山達矢と中川敦子のユニット名らしい。
     だとしたら、絵本界の木皿泉かとつっこみたくなる。
     不思議な世界観が似ていなくもない。

    投稿日:2016/05/08

    参考になりました
    感謝
    2
  • 生態が良く知られておらず、研究が真っ最中のパンダ。
    この絵本を読んで、はじめて知ったパンダの生態に驚愕しました(笑。
    まさか目の黒が!
    まさか耳の黒が!!

    いやあ、パンダって、まだまだ謎が多い生き物なのですね。
    次は「パンダの多い料理店」とか、
    「時をかけるパンダ」といった続編を読んでみたいです。

    投稿日:2015/11/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • チャッ

    アイディア、最高に面白かったです。
    大笑いというよりは、クスリと笑える感じです。
    特に「チャッ」のところが良いです。
    …という感じで、大人は大満足です。
    10歳の娘も大満足。
    ただ6歳の息子がいま一つ、この面白さが分からないようでした。
    なので☆3つにしました。
    少し大人になれば、この「クスリ」と笑えるところがわかると思うのですが…

    投稿日:2017/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 非日常きわまる銭湯の光景

    近所のヴィレッジバンガードでは常に平積みされている戦慄ほとばしる奇本。そうか。あの目のくまはサングラスだったのか。
    実に怪しすぎるほど目つきの悪いパンダの連中が大きい湯船でのんびりするという平凡にして非日常きわまる銭湯の光景は、夢にまで出ること間違いなし。

    投稿日:2015/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  •  私たちは動物園でパンダを見ることはできます。しかし、パンダの生活様式までは見ることはできません。その一端である“お風呂”に、衝撃の事実が!!
    ● まさかのレイパン製サングラス!!
    ● 最後、とうちゃんはぬりわすれたのか??パンダワックス
     仲むつまじく、体寄せ合っているパンダは、もしかしたら「きょうは せんとうに いくか」「あら それじゃよういするわね」「やったあ!」という会話を交わしているのかも知れません。
    「おもしろいね〜」うちの子(4歳)の感想です。「どんなところがおもしろかった?」「えっと・・・・・・おもしろかったね〜」・・・・・・とにかくおもしろい!!

    投稿日:2015/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • パンダ

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子1歳

    パンダ専用の銭湯という発想が大変ユニークで思わず手に取った一冊です。
    子供も数回しか見た事はないけれど、なぜかパンダという動物はすぐに覚えて忘れにくいらしく、絵本の表紙からしてかなりの入れ込みよう。
    『パンダ、パンダだ』と連呼していました。
    確かにこんなパンダの世界は知りませんでした。
    大人も楽しめる絵本です。

    投稿日:2014/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • パンダの黒がなかったら…、はっきり言って怖い。
    パンダの絵本としてはちょっとブラックな絵本です。
    表情をもう少し穏やかに描いてくれれば印象も違って来るのに残念です。
    でも、黒い部分が服だったなんて発想にはやられました。

    投稿日:2014/04/16

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / どろぼうがっこう / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / あっちゃんあがつく たべものあいうえお / ぐりとぐらの絵本7冊セット / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

全ページためしよみ
年齢別絵本セット