話題
ウイルスにマケマ戦隊 ゲンキーズ

ウイルスにマケマ戦隊 ゲンキーズ(フレーベル館)

マケマ戦隊ゲンキーズと一緒にウイルスをやっつけよう!

  • 学べる
  • 役立つ

それなら いい いえ ありますよなかなかよいと思う みんなの声

それなら いい いえ ありますよ 作:澤野 秋文
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年08月01日
ISBN:9784061325517
評価スコア 4.79
評価ランキング 424
みんなの声 総数 37
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 面白かったです!!

    全ページためしよみで、読ませていただきました。
    おもしろかったです。
    ストーリーと、文章と、独特の絵のバランスがいいなと思いました。
    すんなりと、楽しめました。
    そして、はやく家を片付けなくちゃと思いました!!

    投稿日:2017/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • お片付け

    どんなおうちに住みたいですか?と

    聞かれれば、広い家、新しい家、そしてキレイな家。

    みんなそれぞれあると思いますが、

    汚いのはイヤだと思います。

    ここにでてくる男の子は部屋の中にものが

    いっぱいで散らかし放題。

    そんな家住みたくないと思いますが、

    それを望む人もいるという展開。

    家探しをしてくれる飼い猫が実は

    おしゃべりするなんていいなと思いました。

    投稿日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • この余韻、映画だねぇ。

    • もゆらさん
    • 60代
    • その他の方
    • 神奈川県

     えほんなのに、まるでスクリーンの最前列で見ているかのようだ。
    考え抜かれた絵のちからにどんどん引き込まれてしまった。

     摩訶不思議が子どもは大好き!
    お化けは怖いけれど、ちょっとくらいなら我慢ガマン!
    現実と空想を自由に、行ったり来たりできるエスパー子どもたちにとって、
    澤野画伯の考えだした「ちゃまる」はきっと、夢先案内人なんだろうなぁ。
    だから何たって、セリフや行動が気になって目が離せなくなる。

     私たち大人が手放しに喜んで、優れたえほんにおぶさるのはちょっとねぇ。
    「こどものくらし」に寄添うえほんに、負けてはいられない。
    しかしこの練りに練った構想とキャスティングには、
    脱帽かなぁ・・・か・ん・し・ゃ

    投稿日:2016/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 前に子どもが気に入った「じつはよるのほんだなは」と同じ作者の絵本を子供に読み聞かせしました、こちらも当たり(気に入りました。)でした。

    和室が絵本に出てくるだけで、なんか懐かしくほっこりします。

    昭和生まれの私でも、見たことあるけど名前が思い付かないような物がいくつかありました、おじいちゃんおばあちゃんのお孫さんへの読み聞かせにいいかもしれません。

    片付けた理由が若干こわかったです。

    投稿日:2016/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみやおばけ達にはわたせない

    • 沙樹さん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子6歳

    片づけるのが苦手なぎんたが、
    家を探している人に物件を紹介している猫ちゃまるを見つけ、
    かたづいて きれいないえ を紹介してもらおうと思い、
    掃除も片づけもしないで散らかし放題。
    そんな状態のぎんたの家に目をつけたちゃまるが
    ねずみやおばけ達にぎんたの家を紹介しようとしていたのを見て、
    あせって大掃除したぎんた。
    そこに、ちゃまるから手紙が・・・


    以下は子どもの感想です。
    「あるとき ぎんたの家にちゃまるが来たのがふしぎでした。
    ぎんたが かたづいて綺麗な家という大きなものを貼りつけたのがふしぎでした。
    それにかいてあった地蔵様みたいなの(ぎんた絵)がふしぎでした。
    お化け屋敷がほんの少し怖かったです。
    ぎんたのパパとママはいないのかな?」

    投稿日:2015/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ちゃまる」の正体が知りたかった。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子19歳、女の子14歳

    結局「ちゃまる」は化け猫だったの?と、読み終わって一人でツッコんでしまいました。
    おはなしの展開も面白いし、「片付けできない」お子さんたちに読んであげるにはとっても楽しい絵本だと思います。
    でも、どこかにこっそり「ちゃまる」の正体のことをかいていてほしかった!

    すごく楽しい絵本ですが、とても細かいところまで丁寧に描いてあるので、どちらかというと、大勢で読む学校や幼稚園などの読み聞かせに使うより、
    お父さんやお母さんがお昼寝前などに読んであげるのがいいかなぁと思います。そしたら、気に入ったところを何度でもじっくり見ることができますしね。

    投稿日:2015/02/08

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


2月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット