くろくまくん トイレで ち〜! くろくまくん トイレで ち〜! くろくまくん トイレで ち〜!の試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
むずむず・もじもじのくろくまくん。トイレに行ったら、すっきり・さっぱり! トイレが楽しくなる絵本!

1はゴリラ」 みんなの声

1はゴリラ 作:アンソニー・ブラウン
訳:さくま ゆみこ
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年06月20日
ISBN:9784001112399
評価スコア 4.83
評価ランキング 151
みんなの声 総数 11
「1はゴリラ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • みんなサルみたい

    数の絵本と言ってしまえばそれまでなのですが、アンソニー・ブラウンの絵本はそう簡単に終わりにはしてくれません。
    1、2、3…と数に合わせて描かれている、猿人たち。
    ゴリラ、オランウータン、チンパンジー、…。
    数が増えていくとサルたちの表情の描き分けがみごとなことに唸ってしまいました。
    最後は人間?
    なんだかみんな似ているのです。
    人種が違っても、ヒトもみんな似ているのです。
    不思議なナットク感のある絵本でした。

    投稿日:2014/01/20

    参考になりました
    感謝
    2
  • 2はゴリラじゃないんだね

    1歳の娘が大好きで、毎日繰り返し見ています。
    文章が少なく視覚で楽しめますので、低月齢から読むことができます。

    色彩豊かで迫力のある愛おしいサルたち。
    同じ種類のサルでも1匹ずつ表情が違い、それぞれに個性があります。
    なんといっても優しい目!じっと見つめていると、今にも動き出しそう。

    何度見ても飽きません。おすすめです。

    投稿日:2015/03/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • ゴリラに見つめられてドキドキ

    『好きですゴリラ』『こしぬけウィリー』などで見た、アンソニー・ブラウンが描くゴリラが大好きです。
    こちらの絵本ではシンプルにゴリラやオランウータン、チンパンジーなど、さまざまなサルたちが登場。1から10まで、ページをめくるごとに増えていきます。
    ゴリラたちにじっと見つめられて、ドキドキしてしまいました。吸い込まれそうな目に、美しい姿。何度でもページを開きたくなってしまいます。
    子供たちは、サルたちのあとに登場した意外な人に喜んでいました。

    投稿日:2013/12/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • ステキです

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    数の絵本であったことを忘れてしまうくらい
    おサルたちに魅了されます。
    目が強くそして優しく、明らかに同じにおいがすることに
    子供たちもうすうす気づいているはずです。
    いろんなおサルがいるんだなぁとか
    ステキな色だねとか
    確かに人間にお顔が似てるねとか
    文章がなくてもたくさんの会話があふれる一冊です。

    最後にそうだ数の絵本だったから
    もう一度最初に戻って読みあげてみようと思いだしたほどです。
    (息子はまだ数を完全マスターしておらず勉強中)

    数の絵本でもこんなにすてきなら毎日毎日何回でも読めますね

    投稿日:2013/11/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • きれいな絵

    このお話の絵はとってもきれいでした。類人猿を一匹二匹と数えていって、一から十まで覚えられる絵本だったのですが、うちの子はもう覚えているのですが、きれいで変わった猿の絵がとっても気に入っていて、見るだけでもとっても楽しそうでした。

    投稿日:2013/07/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 霊長類愛!

    数の本といえば、息子に人気があるのはエリック・カール。
    でも、本当にアンソニー・ブラウンのこの数の本も
    それに勝るとも劣らなく、とても良いです!

    1〜10の数が見開きで出ていて、その数だけ、ゴリラ、オランウータンを始め、
    さまざまな霊長類を描いています。
    愛情が込められ、その霊長類たちの表情がとてもいいのです。
    アンソニー・ブラウンの絵本を読むと、登場人物の表情が私はとても好きなのですが、この本でもとてもいいです。

    割合に大型な絵本なので、結構迫力があります。
    そして、10のワオキツネザルが終わると、
    なんとアンソニー・ブラウンさんの自画像があり、
    その次の見開きに、さまざまな人種の人々が出ています。
    それが、とても温かい。人類愛だけでないのが、とてもいいです。

    2歳半の息子も、ワオキツネザルのところは「サンシャイン水族館で見たねー」などと喜んで見ています。

    この人の絵本は、やはり好きだなー。

    投稿日:2013/09/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 個性的な動物たち

    ゴリオとヒメちゃんの人だ!と飛びつきました。動物園でもオランウータンやゴリラの前からは、なかなか立ち去り難いのですが、アンソニーブラウンの絵はほんとうに素敵。一匹一匹がとっても個性的で飽きません。
    そして、最後から2ページ目でびっくり。そういう絵が出てくるとは思っていなかったので、普通に驚いてケタケタ笑ってしまいました。息子と一緒に一ページ一ページゆっくり読み進めていったので余計にインパクトがあったのかもしれません。ただの数字の絵本で終わらないところが好きです。

    投稿日:2013/09/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • すいこまれそう!!

    『かずのほん』とありますが、これは意外と深いです!
    1から10まで、数と同数のゴリラやサルが描かれています。
    まず、絵が本当に美しい!
    大きさにも圧倒されますが、色使い、毛並、肌質、表情。
    あまりに綺麗で、すいこまれそうです。
    絵だけでもオススメすぎるくらいですが、これで1から10までの『かず』の勉強ができるなんて、なんて贅沢!
    これで『かず』をおぼえたら、感性まで磨かれそう☆

    そして、『かず』だけでは終わらない!!
    最後に登場するのは様々な人種の人間…。
    みんな同じ霊長類!なんて広くて深い繋がり!
    言葉は通じなくても、伝わるものがある。
    みんな同じ仲間だから。

    圧巻です!!

    投稿日:2013/09/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 誰も持ってないアートで道徳的

    本が大好きな、私の父・じいじが絵本の見本市で、翻訳版でない本「One Gorilla: A Counting Book」を孫のためにかってくれました。
    孫・うちの子が、1歳後半から、ずっと大好きな絵本です。
    普通のおすすめ絵本と違って、誰も持っていない!

    絵がとにかく美しくアートな感じで、内容は数かぞえだし、
    ラストは道徳的だし、本当に素敵です。
    なので、プレゼントにおすすめです。
    翻訳本は品切れだったりアマゾンでも高価なので、英語版をおすすすめします。
    うちにあるのはハードカバーの、A4より少し大きいサイズです。
    うちの子にとっては持っている中で一番おおきな絵本。
    よいしょっと両手で頑張って運んできて、「ワンゴリラ、読む」と読み聞かせをおねだりします。
    作者のアンソニー・ブラウンは、他のゴリラや動物園の絵本で国際的にも評価されて賞ももらっている方です。
    この絵本のステキなところは、
    @ゴリラやサルの絵がとても美しい。
    本物のように美しいゴリラやオラウータンたちなので、アート本として大人も眺めているだけでステキ。
    子どもがサルを覚える(笑)。
    興味も持ちます。男の子はとくに好きかも。

    A数かぞえの絵本なので、楽しく覚えていける
    まだ2歳なので、適当でまったくわかっていないけれど、いち・に・・・・と数えることができるようになっても楽しめます。
    なので、3歳以降もずっと楽しめる絵本です。


    B最後の2ページが、道徳的
    これの良いところは、サルもいろいろいて、最後にとても道徳的な、人類愛のある内容になっています。
    みんな違っていても、みんなおんなじ、ということ。
    なかなか日本に住んでいると、私自身、経験しないので難しいのですが、日本人に産まれたうちの子が大人になったときに、多様な他者を広く受け入れられる人になってほしいなと思って読み聞かせしています。
    (ダイバーシティってやつですかね)

    投稿日:2019/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数だけでなく

    ページをひらくたびに、見入ってしまいます。すごい迫力です。
    もちろん、数の本として小さな子どもから楽しめるのですが、それだけではおわらない。
    ラストには、力強い絵で伝えられるメッセージが心にひびきました。
    大人も楽しめる斬新な数の絵本だと思います。

    投稿日:2017/02/28

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


『おむつのなか、みせてみせて!』10万部突破記念! ヒド・ファン・ヘネヒテンさんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット