虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

もしかして ぼくは」 ママの声

もしかして ぼくは 作:内田 麟太郎
絵:早川 純子
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2013年07月22日
ISBN:9784790232728
評価スコア 4
評価ランキング 22,614
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • シュール&ホット

    内田麟太郎さんの絵本は、たくさん読んだことがありますが、童話は初めてだったので、どんな風に展開するんだろうって、期待いっぱいでした。

    穏やかな冒頭、急展開の中盤、絶体絶命の山場を越え、まさかまさかの結末でした!
    途中から、(これ、ナンセンス??)なんて思いが頭をよぎりながらも、ドキドキ・ハラハラの展開から目が離せませんでした。
    何よりも、ぼくを救おうとする、仲間たちの思いに胸が熱くなりました。
    それでも、(もうだめ〜っ!)と、目をつぶりかけたその時、さらにありえない展開が!!

    かぎりなくホットで、ちょっぴりシュール。内田麟太郎さんのふたつの魅力が、両方味わえるおはなしでした。

    娘の反応も良かったです!

    投稿日:2013/10/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 1年生の長女と読みました。
    オチにびっくりしていました。
    それ、あり??って。
    書くとおもしろくないので書きませんが。
    へびのニョロくんが歌う
    「もしかして♪もしかして♪」の歌の
    音程が知りたいな〜と読んでいて思いました。
    ヘビクイワシっていう鳥も初めて知りました。
    動物園に見に行こうか?ってちょっと盛り上がりました。
    が、ネットで見てみると、結構グロテスクな鳥…。
    この絵はかわいいのにな〜。
    登場人物のお気に入りは、ワライカワセミさんです。
    げげげげげって笑うんですよ。
    幼年童話ですが、声に出して読むのが楽しかったです。
    さすが詩人の内田さんが作った作品!って思いました。
    しかし、オチが…。私もちょっとびっくりしました(汗

    投稿日:2013/08/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • ちょっとこわかったなあ

    ヘビのにょろがヘビクイワシに食べられそうになるのも、
    バッタのおじいさんがヘビクイワシに食べられそうになるのも、
    逃げようとしたにょろがうどんや、そうめんみたいに
    ながあくのびるのも(自分が食べているうどんやそうめんが
    もしヘビだったらどうしよう!?なんて想像しちゃったりも
    して)・・そうして最後のあの展開も!
    いろんな意味でちょっと怖かったです(笑)。
    娘は、先に読んでいたせいもあったのか、怖がらずに
    きゃぴきゃぴと聴いていましたけれど。

    投稿日:2014/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヘビがワニに!!

    このお話の主人公のヘビ君はちょっと気弱なかわいいヘビでした。でも、天敵のヘビクイワシに襲われた時に、仲間の優しさに助けられて覚醒しました、ワニに!!衝撃の展開に親子ともどもとっても楽しませてもらいました。

    投稿日:2013/08/25

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット