話題
いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

いっしょにあそぼ しましまぐるぐる(学研)

クリスマスにピッタリ♪100万部突破記念キャンペーン実施中!公式サイトオープン!

  • かわいい
  • ギフト
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ

ほね・ホネ・がいこつ!自信を持っておすすめしたい みんなの声

ほね・ホネ・がいこつ! 文:中川 ひろたか
絵:スズキ コージ
出版社:保育社
本体価格:\1,200+税
発行日:2013年10月05日
ISBN:9784586085279
評価スコア 4.38
評価ランキング 12,420
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • シュールでわかりやすい

     スズキさんの絵は、シュールな感じがおもしろいなと思います。
     科学絵本もシュールで楽しく、そしてとてもわかりやすいです。
     いきなりガイコツを見るとびっくりしますが、この絵本で見ると興味がわいてきます。
     小さなこどもから大人まで、ワクワクしながら勉強できていいなと思いました。
     
     スズキさんの科学絵本、これからも楽しみに注目していきたいです。

    投稿日:2013/12/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • ためになる!

    最初は表紙の絵にちょっと怖いと思ったけれど
    骨について、理解を深められた絵本でした。
    頭だけではなく、体の大事な臓器も守ってくれる骨から
    動物、魚の骨、傘の骨、身の回りの骨についても
    教えてくれます。
    絵本のコラージュもとても素敵でおしゃれでした。

    投稿日:2013/11/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 骨を体感しよう

    「すごいぞ!ぼくのからだ」シリーズ。
    骨というテーマに、スズキコージさんの絵の世界観がぴったりです。
    少し怖いイメージの骨ですが、
    身体にとって大切な役割があるのですね。
    実は簡単に素材を確認できるパーツでもあり、
    自分でも確かめてみましょう、と促してくれます。
    もちろん、食事の時に、肉や魚の骨にも関心がいくと思います。
    がいこつの認識が変わりますね。
    幼稚園児くらいから、自分の身体に目を向けるきっかけになると思います。

    投稿日:2019/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がシュールで楽しい

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    骨について理解しやすい絵本でした。
    自転車にのっている僕だけ骨でかかれていたりして、普通に生活している自分たちの中身がホネっていうのがイメージしやすい。
    骨の大事な役割、臓器を守っている、支えているというのがすっと入ってきました。
    絵がすごくシュールで、そのおもしろさがまた楽しくていいですね。

    投稿日:2017/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • あ〜カルシウム摂らなくちゃっ

    為になる本、学習につながる絵本は、あまり好みません。
    が、表紙絵のスズキコージ先生の絵を見て、軽い気持ちで開いてみたら、楽しく読めました。
    怪我というアクシデントで、骨格についてたくさんのことを知った主人公。
    骨は、エライんですねぇ〜。
    骨の内側のもの(内臓等)を守ってくれて、私たちをシャンと立たせてくれています。
    さらにすごいのは、骨は折れてもくっついてくれるところ。
    今更ながら、あ〜カルシウム摂らなくちゃって、思いました。

    投稿日:2015/08/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • スズキコージさんの絵のパワーがすごい!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    「すごいぞ!ぼくらのからだ」シリーズの1冊です。
    気のせいかもしれませんが、イラストのスズキコージさんの絵のパワーすごいです。
    “描いてて楽しいなぁ”って、感じが、ビシビシきてます(^.^)。

    ただ、この「ぼくらのからだ」シリーズの中では、中川さんの説明がちょっとハイレベルのような気がしました。
    読み聞かせに使うのは、一見5,6歳くらいからでもわかるような印象を受けますが、解説された言葉の内容を理解する力を考えると、小学校高学年くらいがいい気がします。

    投稿日:2015/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 6年生の読み聞かせで読みました。

    6年生の読み聞かせの2冊目で、読みました。

    「てつぼうから おちて、あたまを うった」から始まるお話ですが、
    骨の勉強にもなり、大人が読んでも面白い話です。

    読み聞かせの2冊目になる2分程度のお話で、
    高学年でも、いけそうな お話を探すのは、なかなか大変なので、
    貴重な1冊だと思います。

    組み合わせを考えて、低学年でも、読もうと思っています。

    投稿日:2015/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 体の仕組み

    この絵本を読んで自分の体の中について子供は考えていました。絵本で紹介された骨を自分の骨も触って確かめて「ほんとだ!骨ある!」って言って新しい発見をしていました。絵はちょっと怖いのですがそれがリアルでいいのかもしれません。

    投稿日:2014/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「しゃっくりがいこつ」と「たべものたべたら」がかなり好きだった息子に借りました。
    今度はホネ!
    骨についても、息子は興味を持っています。
    魚のホネや、TVでみたホネにも興味津々2歳9か月。

    内容のとても良い絵本だと思います。
    こどもにも簡潔にわかりやすく、骨のことが記されています。
    最初、頭のレントゲン写真をとった導入部分もいい。

    ちょっとびっくりしたのは、こどもは大人より骨の数が多いこと。
    大きくなるにつれ、骨がくっついてまとまるんですって!

    しかし、スズキさんの絵がインパクトありすぎです。
    エグいぐらい。
    でも、その分、印象に残ったかな。

    息子も喜んで読んでいました。

    投稿日:2013/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくの

    鉄棒から落っこちて頭を打ってしまった男の子が、病院でレントゲンを撮ります。


    「いじょうは なかったんだけど
    ぼくの ほねって がいこつだったんだ。」

    そこから始まる、骨のふしぎ、骨のひみつ の説明。

    説明と言っても、全てが男の子とお母さんの会話になっているので、
    とても読みやすく、かつ深く理解することが出来ます。

    スズキコージさんの絵がとても楽しく、
    それが文章とピッタリ合わさって どことなくミュージカルのような雰囲気です。

    大人でもあまり考えたことのない 骨のこと。
    自分の身体の仕組みを 子どもの頃から学ぶのって、大切なことですよね。
    この絵本なら、先入観なく、楽しく勉強できると思います。

    投稿日:2013/11/20

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


今月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット