宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

すきすきちゅー!なかなかよいと思う みんなの声

すきすきちゅー! 作:イアン・ホワイブラウ
絵:ロージー・リーヴ
訳:おびかゆうこ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年
ISBN:9784198619251
評価スコア 4.84
評価ランキング 107
みんなの声 総数 37
「すきすきちゅー!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 忘れちゃいやよ

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子4歳

    「ママ大好き♪」と言っては、むぎゅー・ちゅーとしてくれていた娘。
    大きくなるに連れて忘れられていくママとのスキンシップ。
    哀しくて哀しくて涙が出ちゃう。

    で、娘に思い出させてやろうと読んでいるのがこの絵本。
    「ああっ、猫さんの耳が!しっぽが!あそこにっ!」とねずみさんを応援する娘。
    そして最後の『すきすきちゅー』。ママのハグをイヤイヤ(?)受け止める娘にがっかり。

    でも、絵本の効果は大きい。何度か読むうちに、娘からの『すきすきちゅー』が帰ってきた。

    忘れた事を思い出させるのに、とてもよい絵本でありました。

    投稿日:2009/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねえ、ママは?

    書店で見つけて、優しくかわいい絵に惹かれて手に取りました。
    あまり見かけない、パパと子供のお話だったので
    めずらしいと思って購入しました。
    忘れ物をしたおとうさんをどこまでも追いかけて
    自分では知らないながらもどらねこからおとうさんをまもったちゅーちゃん。
    さいごにベットで『すきすきちゅー』とギュッとされているちゅーちゃんの
    まんぞくそうな表情には優しい気持ちにさせられます。
    寝る前の読み聞かせにぴったりの絵本です。
    息子にベットの中で読んであげると、同じに!と言うので
    『すきすきちゅー』とギュッとしあいます。
    この絵本を購入してからしばらくは、今まであまりしなかったパパとのギュッが見られました。
    ただ、ママっ子の息子にはどうしても納得のいかない部分がある絵本のようです。
    読み終わると必ず
    『ママは?なんでママはいないの?お出かけしているの?』と質問されます。

    投稿日:2008/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思わずギュー

    • キンコママさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、男の子3歳、男の子1歳、男の子0歳

    お留守番をしていたねずみの子は「お留守番の合言葉」をやり始めます。しかし・・一つ忘れた事がありました。お父さんを追いかけて家を出て・・・いろんな冒険が始まります。ひたすら忘れた事をお父さんに伝えるために追いかけます。そして・・お父さんに伝えれたでしょうか?一体何を伝えたかったのでしょうか?読んだ後は思わず、抱きしめたくなっちゃう絵本です。それにお父さんが読み聞かせてあげるのにもとてもいい絵本だと思います。途中どらねこに襲われそうになるねずみの親子。子供達は読んでいて、ハラハラドキドキ!!スリリングな部分もおもしろかったです。

    投稿日:2007/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 先が読めてしまった

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    この本は寝る前に心穏やかになりたいときに読むのにぴったりの絵本だと思います。
    ストーリーもちょっとドキドキあり、親子の愛情を感じられるという点ではとてもいいおはなしだと思いますが、残念だったのは、途中からおはなしの先がすっかり読めてしまったところです。
    ピクサーの「ファインデイングニモ」を見ていなかったらわすれものの内容にも素直に感動できたのかも知れません。
    私としては、もうひとひねり何か欲しかったところです。

    うちの子供は、こんな感じの素敵すぎるお話はテイストがあますぎるらしく、ちょっとひいてしまいがちです。
    せめて絵が変な(よく言えば芸術的)絵だったらそのギャップで喜んだかも・・・と我が家にこの手の絵本が受け入れられる条件を考えてしまいました。

    投稿日:2007/07/11

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / はじめてのおつかい / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



だいすきな「おともだち」を食べちゃった!?ラストは衝撃の…

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.84)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット