Bam and Kero Go Shopping バムとケロのおかいもの英語版 Bam and Kero Go Shopping バムとケロのおかいもの英語版 Bam and Kero Go Shopping バムとケロのおかいもの英語版の試し読みができます!
作・絵: 島田 ゆか 訳: クリストファー・ベルトン  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
英語でバムとケロの世界を楽しもう!

知るって、なに?」 ママの声

知るって、なに? 文:オスカー・ブルニフィエ
訳:西宮かおり
監修:重松 清
出版社:朝日出版社
本体価格:\1,400+税
発行日:2007年01月
ISBN:9784255003795
評価スコア 3
評価ランキング 44,302
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 学校には行かなければいけない?

    「知る」について考えた子ども向けの哲学本です。
    「じっくり考えるのは、だいじなこと?」
    とか
    「なんでも知ってるほうがいい?」
    とか、
    知るについて6つの疑問について考えます。
    様々な子どもに意見や反論がたくさん出てきます。
    それぞれに納得できる部分があり、
    いろいろな考えがあるということも知ることができていいなと思う。
    最後に筆者の結論が書かれる。
    これについても、まあそうかもしれないなと納得。

    でも、
    「勉強するには、学校へ行かなきゃだめ?」
    について、筆者は「学校には行かなければいけない」と断言しています。
    学校に生きずらい子がこれを読んでしまったら
    追い詰められてしまいそう。
    学校に行かなくてもできる勉強があることについては述べてくれてはいるけれど、
    断言されるのはちょっと。
    低学年の頃は、ちょっとやなことがあっても頑張って行ってほしいけど、高学年から中学校にかけてはつらいときは無理強いしたくない。
    子どもにも、学校に行かないことはよくない
    なんて思ってもらいたくないので、
    子どもには読ませたくないです。

    投稿日:2018/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • こども哲学

    いつも疑問でいっぱいのこどもたち。
    「これなに?」「それどういうこと?」「なんでそうなるの?」

    この本は、6つのテーマについて、「こうかな?」「そうかな?」と哲学するようになってます。

    大胆で見やすい絵、こどもが思いつきそうなこたえ、各テーマの最後は、こんがらがった頭を整理し、更に発展させてくれるようなまとめが掲載されています。

    読んでいると「うんうん」とか、「そうかな〜」とか、いろんな考えが頭を巡ります。
    読みやすい文章なので、初めての哲学としてオススメです!

    投稿日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット