かいぶつのとしょかん かいぶつのとしょかん かいぶつのとしょかんの試し読みができます!
作: ふくいりえ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
登場人物が飛び出てくる!? 不思議な図書館のものがたり、はじまります!

おむすびにんじゃのおいしいごはん」 みんなの声

おむすびにんじゃのおいしいごはん 作:本間 ちひろ
監修:土井 善晴
出版社:リーブル リーブルの特集ページがあります!
本体価格:\1,048+税
発行日:2013年07月
ISBN:9784947581730
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,644
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 美味しく頂く方法を知る

    今年も美味しい新米の季節がやってきて、美味しいお米を頂けることに感謝していたところにこの絵本と出会いました。

    毎日当たり前のように頂いているお米ですが、やはり、実りの秋に美味しい新米を口に入れた瞬間、日本人に生まれて最高!と思わずにはいられません。

    そんな美味しいお米を、もっと美味しくするために小さな心がけひとつひとつが大切であることを教えてくれます。
    知っているようで、忙しい日常の中、ちょっとくらいいいかと・・手を抜いていたところもある私。
    我に返りました。
    文明の利器でとても便利になりましたが、やはり昔の人の一手間、とても大切なことなのだなーと改めて感じました。

    投稿日:2017/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごはんがおいしそう!

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    おいしくごはんをたく方法を紹介してくれていて、ごはんを自分でたいて食べたくなる絵本でした。
    何度か炊くお手伝いをしたことがある子どもたちは、ボタンを押して完成するほかほかごはんが、こうやってできているのかと興味しんしんで聞いていました。

    投稿日:2017/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひと手間で美味しいご飯!

    おいしいご飯の炊き方を、おむすびにんじゃが伝授してくれます。
    いつもは、ちゃちゃっと炊飯器でお米を炊いてしまいますが、
    たまにはこんなふうに、ひと手間かけてお米を炊いてみるのもいいなと思いました。
    小さなお子さんだけでなく、一緒に読むお母さんも勉強になるはずです。

    投稿日:2016/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 土井義晴氏監修の本
    日本人は昔から お米を作って生きてきました
    今、稲刈りの季節です   新米を食べると やっぱりおいしい!
    お米の炊き方を 丁寧に書かれていて はじめて ご飯を炊く人にも良いと思います
    鍋は、いろいろありますね
    おかまから 土鍋  文化鍋 ほうろう鍋  飯ごう、キャンプでみんなだ炊いたご飯です
    飯ごうは 昔戦争の時も使われていた者です 歴史を感じます
    日本人の知恵をみんなに伝えて お米を食べることを大事にしたいですね
    今は、朝食はパンの家庭も多いと思います 
    我が家も今までは、ご飯とみそ汁でしたが 今はパンになりました

    この本を大事にして お米を美味しく食べ 日本の先人の知恵を引き継いでいきたいですね!

    投稿日:2016/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごはん忍法

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    にんじゃが好きな子どもが読みたがり、いっしょに読みました。
    ごはん忍法!ということでお米のおいしい食べ方を教えてくれる絵本でした。
    たまに私がお米を研いでいるのを手伝ったりしているのもあって、「あっ、知ってる」という感じで楽しそうでした。

    投稿日:2016/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • お米が育って収穫されて、精米され、お水でといで、土鍋で炊いて、食べるまでの過程が、見開きのページごとに、リズミカルなうたのようなストーリーで描かれていました。絵に温かみがあり、ごはんを炊くいい匂いがしてきそうでした。文章量が少し多めで、年長さんか小学校低学年くらいからなら一人で読めそうな内容でした。

    投稿日:2016/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりご飯が一番です

    絵本ですが、とても役に立ちますね。
    お米のことがまるわかりという感じのえほんです。
    お米の洗い方 
    あらいごめにしてからの時間や水加減
    炊きあがった時のこと
    最後の一粒まで美味しくいただけるように
    お米をていねいにあつかいたいと思いました。
    おこげのおむすび ひやごはんの変身も美味しそう。

    投稿日:2016/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 飯ごうで炊いた御飯がおいしかった!

    表紙の絵から、おむすびにんじゃが、美味しいおにぎりにみえてきて食べたくなります(笑)おむすびにんじゃの楽しい歌と共に、美味しい御飯の炊き方が学べます。飯ごうで炊いた御飯が凄く懐かしくて、中学校の時のキャンプ、高校のキャンプ、夏休みになると家族で毎年出かけたキャンプを思い出してお陰で凄く楽しい時間を過ごせました。おこげが出来た飯ごうの御飯は、凄く美味しかったです。この絵本を手元に置いておきたいと思いました。

    投稿日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット