ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

としょかんのよるなかなかよいと思う みんなの声

としょかんのよる 文:ローレンツ・パウリ
絵:カトリーン・シェーラー
訳:若松 宣子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2013年10月17日
ISBN:9784593505562
評価スコア 4.27
評価ランキング 19,808
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 図書館は魅力がありますね。

    私も図書館が大好きで、
    そのおかげで たくさんの絵本を読んでいます。
    この絵本も 絵本にありがちな
    「きつねは悪者」?
    ねずみを追いかけたり ニワトリを食べようとしたり、
    でも ねずみを追って入ったのは夜の図書館なんですね。
    図書館のスタッフのように
    図書館のルールを教えてくれるねずみ。
    図書館や文字を知らない きつねも
    本を借りて その魅力にハマっていく気持ちが
    伝わってきました。
    図書館のお話なのか、
    きつねが弱い動物を捕まえたいお話なのか、
    その両方だと思いますが
    本が結んでくれた ねずみときつねの新しい関係が
    いいところですね。

    投稿日:2016/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図書館のルール

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    図書館の使い方が絵本を読みながら分かりますね。
    私も図書館はよく利用するのでルールはしっかりと守りたいと思います。子供がもう少し大きくなったら読んでみようかな。
    字が読めないキツネが本に出会って本の楽しさを知るところがいいなと思いました。
    ものしりネズミはいい先生ですね。
    本って良いですよね、本って大好きです!!

    投稿日:2015/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図書館サービス、マナー

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子21歳、男の子18歳

    スイスの作家コンビによる作品。
    物語の中で一番印象的なシーンが表紙にあしらわれていますね。
    キツネは、ネズミを追いかけて、図書館に迷い込みます。
    ネズミは、ここが図書館であることを言い訳に、
    静かにすることや、独り占めはしないこと、元の場所に返すこと、などを説教するのですね。
    そのうちに、文字を読めないキツネも、本の魅力に気づきはじめるのです。
    キツネにつかまったニワトリも、図書館ならではの展開で窮地を脱したようですね。
    物語を通して、図書館サービス、マナーがさりげなく語られるのです。
    本の楽しさが伝わってきました。
    小学生くらいからでしょうか。

    投稿日:2014/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本がもつちから

    ネズミを食べようと、図書館の中まで追いかけてきたキツネは、本の面白さにすっかり魅せられてしまいます。
    字が読めないキツネは、読んでもらったり、字を教えてもらうために、狩りをして獲物を捕るという習性まで忘れてしまうほど、本に夢中になります。

    これこそ、本が秘めているちからだなぁ・・・と感じました。
    本には、無限の可能性と広がりがあります。
    私も、読みきかせをするようになって、絵本の魅力の虜になってしまいました。

    本がもつちから、そして読み切れない数の本に出会えるのが図書館。
    もっともっと、たくさんの本に出会いたいと感じさせてくれる一冊でした。

    投稿日:2014/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • CDも借りれます

    ネズミを追いかけて、図書館に迷い込んだキツネのおはなし。実はキツネは図書館を知らず、本も読めなかったのです。
    ネズミとキツネとその後登場するニワトリの会話の中で、図書館での過ごし方や本の楽しさを知ることができます。
    図書館を舞台にした絵本というのは、いろいろあると思うのですが、「CDも借りれる」なんていうセリフがあるのが、今どきだなぁと思いました。
    4歳の息子と6歳の娘も、楽しそうに挿絵を見ていました。キツネとニワトリがたくさん重ねた本を数えたりと、とてもうれしそうでした。

    投稿日:2013/11/12

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのにちようび / ぴょーん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • アイスゆうえんち
    アイスゆうえんちの試し読みができます!
    アイスゆうえんち
    出版社:ニコモ ニコモの特集ページがあります!
    ”つめたいおきゃくさま”しか入れない”アイスゆうえんち”。どんな楽しいことが待っているかな?


2022年夏に読みたい 出版社いちおしの絵本・児童書・図鑑8選!

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.27)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット