まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

おばけのドレス」 その他の方の声

おばけのドレス 作:はせがわ さとみ
出版社:絵本塾出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年10月15日
ISBN:9784864840422
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,348
みんなの声 総数 14
「おばけのドレス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ずっと心に残りそうです

    「おつきさまが そらにのぼって よるになりました
    ・・・・だけど トンコちゃんは、ちっとも ねむたくありません」

    冒頭の文章を読んで、ふんわりと懐かしい気持ちになりました。

    まるでお母さんが、即興の物語を子どもに聞かせているような・・・。
    とても素直に、耳に入ってくる文章です。

    奇をてらっていない、というのでしょうか。
    そこに温かさと安らぎを感じます。

    絵も、優しくてきれい。
    特に、トンコちゃんが夜空を飛ぶ姿が、とっても素敵です。
    そしてその次のページは・・・
    ぱあっと楽しい気持ちになります!

    幼い頃に読んだなら、
    「子どもの頃にお気に入りだった絵本」として、
    ずっと心に残りそうです。

    投稿日:2013/12/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • トンコちゃんの お化けとの出会いが面白いお話になっています

    おかあさんは 眠くないトンコちゃんに「またあしたね」と言って電気を消すのですが・・・・・(大人のせかいと子供の世界のちがうところ)

    トンコちゃんは、それでも とうとうお化けの世界へ行くのです

    お化けのドレスにきれいな絵を描いて 子供らしい 夢が詰まったお話になっています・

    おばけのくにへ 100ねん続く おばけまつり おばけたちがいっぱい いっぱい   こわくないんです おばけのせかい

    ここで トンコちゃんのとくいな おえかきで おばけたちに ドレスに模様を描いてあげるんです
    楽しそうな トンコちゃん 
    おばけたちも すっかり トンコちゃんだすきになって・・・人気者に
       
    トンコちゃんが家が恋しくなって帰るというと おばけたち泣き出すんです  
    おばけたち すっかり トンコちゃんの 世界に引き込まれたみたいですね
    こんなおばけのおはなしなら 怖くないし 夢があって 楽しいな〜

    ラストのおばけのドレスが どこかへとんでいくところ まだまだ お話の世界が続いていますね〜

    あなたの所へ行くかもね。      子供たちも 期待しそうな・・・・ 
    でも こわい子もいるよね

    投稿日:2015/01/18

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット