話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ

やまのすもうだ! はっけよい!」 ママの声

やまのすもうだ! はっけよい! 作・絵:しばはら・ち
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:2013年12月10日
ISBN:9784790252672
評価スコア 4.07
評価ランキング 23,982
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 勢いが楽しい

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子8歳、女の子7歳

    富士山VS桜島。取っ組み合い、押される桜島、すばやくまわりこみ、桜島有利か!?
    富士山を持ち上げたと思ったら、うしろに押し出されて…。すもうの実況中継を見ているようで、その迫力のある解説の感じが楽しかったです。

    投稿日:2020/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • お互いをたたえ合う

    横長サイズの可愛らしい絵。
    山が相撲をするなんて発想も可愛いなと思って手に取りました。
    富士山と桜島の戦いです。
    富士山はやっぱり強いんですね。
    でも、勝負よりも、お互いをたたえあうラストにほっこりしました。

    投稿日:2019/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 桜島と富士山の取組、土俵の大きさはいかほどかと想像しながら読みました。ストーリーが単純なので2歳の子どもも理解できたようですが、桜島の薩摩弁は読み聞かせ泣かせでした。テレビのお相撲さんは行司と比べてかなり大きく、まるで山のようです。この絵本から伝わる「やまのすもう」の迫力は、もしかしたら両国国技館で見る相撲の迫力と似ているのかもしれません。

    投稿日:2017/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふじさん対さくらじま

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    むかしむかしのおおむかし。にほんのやまたちはすもうをとっていた、という設定のお話。
    よこづな ふじさんと挑戦者さくらじまの対決のお話。
    大きさから見てもふじさんが勝つのだろうなーと(さくらじまには悪いですが)思いながら読んでいたら、ふじさんのうしろにまわりこんだり、さすが挑戦者!なさくらじまの姿を見ることができました。
    こどもの反応は普通でした。おすもうのルールがよく分かっていないのかも?

    投稿日:2015/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最初から決めてました

    やまが相撲をとる。

    日本地図の中を山が移動する絵もありました。

    これを読み始めた時点で、どの山がでてくるか

    まだ分からなかったのに、

    「富士山を応援したいっ!」と最初から決めていました。

    やっぱり、日本一の山は子供たちにとっても

    一番で、いいイメージがあるんだと思います。

    このお話にも富士山は出てきましたが、

    どっしりと構えていて、誇らしかったです。

    さすが、日本一ですね!

    投稿日:2015/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 相撲に興味を持つ子が出てくるかも

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子19歳、女の子14歳

    富士山と桜島が擬人化されてお相撲を取る話です。
    《タイトルを読んだまんまですね(笑)》

    ハッキリと大きな絵と字なので遠目が利きます。
    この絵本を読んで、お相撲や山に興味を持つ子が出てくるかもしれませんね。
    筋も読み取りやすいし、悪くはないのですが、もう1つ「これ」という何かがあったらもっと印象が強くなる気がします。

    投稿日:2015/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 山がすもう?

    小学校の読み聞かせで読みました。
    まず、作者の名前を読んだ時点でザワザワ。
    「ち、だって。」「ち、って何?」

    おはなしの設定も面白く、子どもたちも楽しめたようです。どちらが勝つのか最後までドキドキの展開です。
    最後に勝負がついたときには「あー、やっぱり」だとか、「山がすもうしたら、山登りの途中の人は大変だよなー」などと言う感想が聞けました。

    投稿日:2014/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • どっちが勝つかな

     富士山がおすもう、お正月らしい楽しいお話です。
     さくらじまが瀬戸内海をわたってくるところが、おもしろかったです。
     小さなさくらじまと、大きなふじさん、
     「さくらじま、がんばれ」と応援したり、でもやっぱり
     「ふじさんが勝つのかな」とハラハラしたり。
     私は、焼きおにぎりのような行司さんが、かわいいなと思いました。

     明るくて元気いっぱいの絵もよかったです。

    投稿日:2014/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • お相撲さんは山

    このお話は日本に本当にある山たちが相撲を取るお話でした。このお話で日本の山を勉強できてよかったです。山が相撲を取るってうちの子にはとってもウケて、「富士山にかなうわけないや〜ん!!」って言いながらも勝負の行方を楽しそうに見ていました。

    投稿日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 世界遺産ですね!

    富士山と桜島が相撲で勝負する話です。
    富士山が世界遺産に登録されたから
    出たのかな?
    でも、富士山がかわいくて、
    ほほえましかったです。
    ちょっと日本の地理もわかる感じで
    (おおげさかな?)
    子どもと楽しめそうです!

    投稿日:2013/11/20

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



3月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.07)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット