こそあどの森の物語(11) 水の精とふしぎなカヌー」 ママの声

こそあどの森の物語(11) 水の精とふしぎなカヌー 作・絵:岡田 淳
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:2013年10月
ISBN:9784652200278
評価スコア 4
評価ランキング 25,648
みんなの声 総数 2
「こそあどの森の物語(11) 水の精とふしぎなカヌー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不思議なことがたくさん!

    「こそあどの森」は不思議がたくさんです。
    今度は何が起こる?どうなる?と読み手も思うことでしょう。
    シリーズものなので、気に入ったらどんどん読めるのも嬉しいところですね。
    現実や日常から離れ、本の世界へ〜これも読書の醍醐味に思います。

    投稿日:2020/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふたつのお話

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    水の精とふしぎなカヌーのふたつのお話です。
    ひとつめの水の精のお話のほうが好きでした。シリーズを読んでいるとより楽しいと思えるお話だと思います。トワイエさんが目立ちます。
    ふたつめのふしぎなカヌーのお話はふたごちゃんが目立ちます。ふたごちゃんの想像力ってすごいですね、面白いです。

    投稿日:2015/04/23

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット