しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ゆきがふる」 パパの声

ゆきがふる 文:蜂飼 耳
絵:牧野 千穂
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年10月25日
ISBN:9784893095749
評価スコア 4.38
評価ランキング 12,069
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • うつくしい雪の世界

    雪の描写がとても美しい絵本です。

    ふわふわころり、とゆきぐも、がいる世界。
    ゆきぐもがつくる雪はとてもきれい。
    ゆきぐもがおどると、ゆきがふる。

    ゆきをふらせるゆきぐもは、この世のものではないかのようです。
    主人公のふうちゃんは、
    いまはもういない、おとうさんにもらった車のおもちゃをゆきぐもにあげる代わりに、
    病気の妹のために雪を降らせてもらうように頼みます。
    いつのまにか車のおもちゃは消えていて、だれかのあしあとがある。

    天からの贈り物であるかのような雪の神秘さ。
    静かに語られる物語の中に、それを垣間見ることができます。

    悲しさや切なさをやさしく包み込む雪の世界が、美しい言葉と絵で惜しみなく表現されています。

    投稿日:2014/12/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 雪の日の情景

    雪の日は、世界がすっかりいつもとは別世界になって、不思議な気持ちになります。
    ふわふわころりとゆきぐもという冬の精と、うさぎ君の交信が、ファンタスティックです。
    牧野さんの絵には、しみじみと心癒されました。
    「おとうさんはもうかえってこない」という、一文が妙に残りました。
    そんなことも、雪が包み込んでしまいましたが。

    投稿日:2016/06/09

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<前編>

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット