宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おかしのくにのバレリーナなかなかよいと思う みんなの声

おかしのくにのバレリーナ 文:犬飼 由美恵
絵:まるやま あやこ
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2013年11月01日
ISBN:9784774613567
評価スコア 4.14
評価ランキング 20,670
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 可愛い絵本!

    4歳幼稚園年少さんの娘と一緒に読みました。
    娘はバレーを習っているわけでもありませんし,「くるみ割り人形」のことを知っているわけでもありませんが,この絵本の可愛い女の子に可愛い〜とよく見入って聞いていました。
    女の子らしい絵本でした!
    バレーを習っているお子さんはすごく共感するかもですね☆

    投稿日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 女の子の夢です

    女の子が大好きなものがいっぱいはいっていますね。バレエやお菓子やおめかし、、とってもすてき!わが子は男の子二人なので反応はいまいちですが、まるやまさんの絵が好きなので癒されました。輝いてみえる女の子がからだいっぱいつかって、夢にむかっている様子が描かれてあり心打ちます。バレエをしている女の子ならきっと好きな本だと思います。

    投稿日:2014/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • お菓子の国

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    私も大好きなバレエ、くるみ割り人形を見に行く女の子の話ということで、
    読んでみました。
    主人公の女の子が、両親に連れられてバレエを見に行くワクワク感が伝わってきます。
    素敵なホテルにお泊りして、ドレスに着替えておめかしして。
    観劇の後は、レストランへ行って、夜更かししてお菓子も食べて。
    バレエにあこがれている女の子だったら共感してしまいそうです。
    もちろん、そうでなくても、演目は、お菓子の国のおはなし。
    それだけでもうっとりですね。
    小さなバレリーナさんの夢のおすそ分けだけでも、幸せ気分ですね。
    幼稚園児以上くらいからですが、やはり女の子向けでしょうね。

    投稿日:2014/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • あこがれ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    バレエにあこがれる小さな女の子のお話です。
    とてもかわいらしいお話でした。
    バレエにお菓子、女の子の大好きなものですよね。
    私は好きですが今のところそんなに女の子らしいものが好きではないっぽい娘はどう思うかな?
    基本的には女の子向けのかわいいがつまった本だと思います。

    投稿日:2014/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢が膨らむ絵本

    なんとも可愛らしい、この表紙に惹かれました。

    バレエを習っている女の子が、
    バレリーナをみて「いつかわたしも舞台に・・・」
    と夢を見る物語です。

    舞台を見た日の夜の夢が、とっても素敵!

    なんだか自分も、夢の中に入ったような気持ちになりました。

    ああ、こうやってみんな、自分の夢を見つけてゆくんだな・・・。
    夢が膨らむ絵本です。

    投稿日:2014/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子の憧れ

    表紙の、まだあどけなさの残る女の子のバレリーナ姿にキュンとして手に取りました。
    お父さんとお母さんと一緒にバレエ「くるみ割りにんぎょう」を見に行った女の子が、自分もバレリーナになりたいと夢見るおはなしです。
    海の見えるホテルにお泊まりして、本物のバレエを見て、見た目もおいしいお菓子を食べて・・・大人女子でも本当にうらやましい。小さい子には贅沢すぎやしないかとちょっと嫉妬したりして。
    女の子のあこがれがつまった絵本です。

    投稿日:2014/02/06

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット