すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

ハトにうんてんさせないで。」 みんなの声

ハトにうんてんさせないで。 作・絵:モー・ウィレムズ
訳:中川 ひろたか
出版社:エムオン・エンタテインメント
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年09月
ISBN:9784789726436
評価スコア 4.73
評価ランキング 961
みんなの声 総数 39
「ハトにうんてんさせないで。」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

39件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 笑いのつぼにはまる笑劇絵本

    • ムースさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子12歳、女の子6歳

     バスに憧れ、運転したがっているハトの心情がストレートに、でもユーモアいっぱいに描かれるお笑い絵本。ハトの一人芝居が寄席風で、おおいに笑いを誘う要因になっています。たった1人(1羽)でこれだけ演じてしまうのだから、このハトは大物。この「間(ま)」は、アニメーション製作にかかわってきた作者ならではの「勘」みたいなものなのでしょう。ハトさんの演技は、老若男女、誰もが楽しめます。
     原書ではたくさんのシリーズが出ています。でも、記念すべき第1作目は中でも特に印象大ですね。息子はハトのイラストをノートに貼って楽しむほどファンになりました。
     邦訳タイトルの句点「。」は、原書どおり感嘆符「!」にすべきところでしょう。

    掲載日:2006/03/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • なんで?なんで?

    バスを運転してみたいハトと、運転手さんが「ハトに運転させないで」と、見ている自分たちに頼んで無人になったバス。
    ハトがいろんな思いでジリジリしながらバスを運転しないのは、読者が見ているから。
    勝手に見る側が参加させられているお話です。
    ハトのひとりコントが笑えてしまいました。
    気の小さいハトさん、悩んでいるうちにバスの運転手さんが帰ってきてしまいましたが、次にやって来たトラックではどうなるのでしょうか?

    掲載日:2014/01/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • ハトの表情に大ウケ

    ハトにうんてん??という不思議なタイトルに惹かれて思わず手に取った本でした。
    パラパラっとめくっていくと短くてわかりやすい文章。
    そして非常に表情豊かなハトが!!
    ハトの表情だけでも笑いたくなります。もちろん子供は大ウケ。
    一人で演技をしながら読んでいることもあります。 
    それにしても、なぜハト?ですよね。

    簡単なので洋書で楽しむのもいいですよ。我が家は全シリーズたのしみました。

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 1年生に読み聞かせ

    初めての読み聞かせに使いました。
    恥ずかしさに打ち勝ち、ハトになりきって読むのがポイントですね。

    このハトの必死さ。
    「押してだめなら引いてみな」とあの手この手で、何とか運転しようという努力。
    これは、子供だけでなく大人でも勉強すべき点ではないでしょうか。

    もちろん子供達に受けてましたよ。
    週に1回、読み聞かせをさせていただいてますが、
    3ヶ月後に「ハトの本が一番面白かった。」と
    ある子供が話してくれました。
    それほど、インパクトがあったのでしょう。
    お勧めです。

    掲載日:2008/04/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • すごいハト

    このお話の主人公のハトが読み手に語りかけてくる感じのお話でした。自分がバスの運転をできるようにするために、何とか読み手を言いくるめようとしていたのがとっても面白かったです!!話し言葉的な文だったので読んでいて楽しかったです。

    掲載日:2013/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハトの必死な形相に大笑い!

    小2の息子はいたく気に入って、今まで読んだ絵本の中で、第2位のお気に入りになったそうです。
    大人は一見すると(?)と思うかもしれない、ハチャメチャなストーリーです。
    バスの運転手が『(バスを離れるから)ハトに運転させないで!』と頼んできます。
    五味太郎さんの「きみはしっている」を連想するような、絵本の中のキャラクターが、読む人に話しかけてきます。
    ハトが運転?どういうこと??と思っていると、すぐ後に登場するハトが、バスを運転してみたいの、と読む人にお願いしてきます。初めはそれとなく、だんだん強くなる口調。最後は、それはもう必死な形相での主張に、息子も僕も大笑いしました。
    あまりの熱意に圧されて、どうやったらハトが運転できるか考えてあげたくなります。(足短くて届かんよなぁ…)
    外国作品では、動物を擬人化したり、〜させてはいけないという作品をよく見かけますが、ハトの平和的なイメージが固着している日本とは、また違ったイメージを持っているのかもしれませんね。
    出版元のアメリカでも子供たちにすごく人気があるようです。ちょうど息子の年頃、小学1〜3年生くらいにピッタリの作品です。
    ちなみに、息子の第1位は『バムとケロ』シリーズ。永年不動のチャンピオンです。やんちゃな年頃だけに、ハチャメチャな作品が心に留まったのでしょう。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい子にもいける参加型

    どこかの本で、おもしろいと採りあげられていたので読みました。

    参加型だったのですね。
    3年生の娘とは、クスクス笑うくらいでしたが、絵本に向かってツッコミを入れてくれる年頃、お子様と読むと、大変盛り上がるかと思います。
    『きみはしってる』(五味太郎)を思い出しました。

    思いっきりハトになりきるが吉!

    掲載日:2011/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハトにうんてんさせないで。
    そういわれたら  なぜ? ハトに運転させたらだめなのかな?
    そう思いながら読み進めると
    運転手さんに 頼まれたら えっ? 
    なぜ? て聞いてみたくなりますが・・・・ページをめくり ハトの演技にはまってしまってました
    「この あつい ハート。」
    上手に「おおりのかたは おしらせくださーい」
    なかなか バスの運転手さんらしいじゃない!

    「ぼくに うんてん させてくれー!!!」

    運転手さんが かえってきた 「はーい ただいまぁ。 まさか、ハトに うんてんさせていませんよね。」
    そういわれると 「はい・・・・・」なんて 言ってしまいそうな  ハトが かわいそうにもなりましたが・・・・

    ぺこんと頭下げているハトの姿みたらね

    おや? こんどは はとは トラックの運転手さんになりたいって、考えているのかしら?
    今までに見たことがない絵本のスタイルに 飲み込まれてしまいました!
    バスごっこも楽しいよね!  ハトくん 
    私がハトになって読んでしまいましたが
    皆さんの感想で 読み聞かせで受けたと聞いて これは子供たちに読んでみた〜い
    そんなことを密かにかんがえてます
    反応がたのしみで〜す(ハトになりきるのか 運転手の立場になるのか
    でずいぶん変わってきそうな気がしました!

    掲載日:2011/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 僕に運転させてくれー!!

    ハトが、我がままいっぱい、「僕に運転させてくれー!!」と駄々をこねている姿は、孫の姿を見ているようで笑えました。
    孫は車に乗ると自分でもチェンジを構って困っています。
    「自分で 自分で」となんでもやりたがる孫なので車もきっと運転したいんだと思いました。ハトが駄々っ子になっている絵にとても可愛くて孫の姿とダブってしまいました。駄々っ子って困るけれどやっぱり可愛いものですね!ハトさんの一人芝居も名演技で魅入ってしまいました。

    掲載日:2011/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一人芝居???

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    訳が中川ひろたかさんということで気になりました。「ハトにうんてんさせないで」なんてタイトルも意味深ですしね。
    予想をはるかに超えた面白さでした。初めて読んだときは図書館でしたが、一人で笑いをこらえました(笑)
    ハトの一人芝居っていうのかな。一人(一羽か)で盛り上がったり落ち込んだり、さまざま表情が変わって、何度読んでも飽きないという感じです。
    ぜひ読んでみてほしいと思う一冊です!

    掲載日:2010/11/12

    参考になりました
    感謝
    0

39件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット