うまはかける うまはかける うまはかけるの試し読みができます!
文: 内田 麟太郎 絵: 山村 浩二  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ナンセンス絵本の決定版!
ヒラP21さん 60代・パパ

いろんな「かける」
「うまは駆ける」、「うま歯欠ける」と言…

ハトにうんてんさせないで。」 みんなの声

ハトにうんてんさせないで。 作・絵:モー・ウィレムズ
訳:中川 ひろたか
出版社:エムオン・エンタテインメント
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年09月
ISBN:9784789726436
評価スコア 4.73
評価ランキング 973
みんなの声 総数 39
「ハトにうんてんさせないで。」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

39件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • ハトのアピールに負けないでぇ!

    大人の方が思わず「クスっ」と、笑ってしまう1冊。
    子供も大人も楽しめちゃう絵本です。

    バスの運転手さんから「ハトにうんてんさせないで・・・」
    とお願いがあります。
    でも運転手さんが見えなくなると
    ハトが、バスを運転したいアピールがひたすら続きます。
    でも、結局はバスを運転することはできなかったハトくん・・・
    今度はトラックを運転するという野望も持ち始めます(笑)
    娘は、ハトくんのアピールに答えることもなく
    ひたすら本に向かって「だめぇ」と運転手さんのお願いを守ってました(爆)
    子供が真似てハトの絵を描きたくなるような、そんな優しい絵です。

    掲載日:2006/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • どうしてハトなの〜

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子13歳、男の子10歳

    さて、どんなおはなしかと思えば・・・

    どうしてハトなの〜!?
    どうしてハトがバス好きなの〜!?

    と、疑問だらけになってしまいまいますが、誰しも、自分の身の丈に合わないとわかっていても、やってみたい!と思うことはあるかな。

    もしも、このハトじゃなくて赤ちゃんだったら・・・
    なんとなく、危ない場面を想像できる。

    でも、ハトが運転なんてまったく考えられないから、面白いのかな〜って思いました。

    ほんと、発想が面白いなあ。

    掲載日:2013/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい!

    海外の絵本です。

    和訳は中川ひろたかさんがしています。

    和訳されているので、実際はどんな絵本だったのか

    気になります。

    一匹のハトがものすごくバスの運転手になりたくて

    あーだこーだとしゃべっている姿が

    とってもおもしろかったです。

    バスの運転手は最初と最後しか出てきません。

    この運転手のセリフもまたいいです。

    掲載日:2013/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 参加型絵本

    おもしろそうなタイトルに惹かれて読みました。今まで読んだことのないスタイルに、ちょっとビックリ。初めて読んだ時は、私も子どもたちも楽しみ方がわからず「?」でした。
    バスの運転手が「ちょっとでかけてきますが、くれぐれもはとにうんてんさせないで」と言って、どこかへ行ってしまいます。するとハトが出てきて、バスを運転させてほしいとアピールしはじめるのです。
    そのアピールの仕方がおもしろい。ちょっと悪っぽくしてみたり、だめ?と甘えてみたり、コロコロ変わるはとの表情に、思わずニヤリです。
    参加型絵本として子どもたちとうまく掛け合いできるようになるには、うまくハトになりきれないといけないかも。読み手の力量が問われる?

    掲載日:2012/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 必死なハトさんが面白い

    これは聞きてが参加する楽しい絵本。
    レビューを読んで面白そうと思い、早速子供たちに読み聞かせしてみました^^

    運転手さんがちょっとバスを離れる間に、「ハトが何を言ってきても運転させないで」と、読者にお願いするという設定。
    さぁ、運転手さんがいなくなると、来ましたよ〜ハトさんが!
    そして読者とハトの我慢くらべ(笑

    ハトは運転したいがために、いろんなことを言ってきます!

    うちの場合、、、次男はあっさりハトさんに負けてしまいました(笑
    次男に、「ハトさんが運転したいって言ってるよ」というと、

    「いいよ」 と。^^;

    もちろん長男はずっと「だめー!」と運転手さんとの約束を守りました。(笑

    ハトさんの言い寄る姿がとっても可笑しい、可愛い姿なので、つい笑ってしまいますよ。

    掲載日:2009/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • センスが新鮮

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    絵の作風から見て、古典的作品と思ったらさにあらず。
    2004年のコルデコット賞オナー・ブック受賞作品と極めて新しい作品でした。
    作家のモー・ウィレムズは、この作品が絵本のデビュー作で、主人公のハトはシリーズ化しているようです。

    モー・ウィレムズの経歴を見ると、セサミ・ストリートの脚本・アニメーションとして活躍とあり、この作風に繋がっているのでしょう。

    お話は、バスの運転手が、読み手に対して、ハトに運転させないで下さいと語りかけてくるところから始まります。
    それからハトと読み手の対話が続くのですが、語り方の切り口が新しい感じがします。
    何でハトが?という疑問はあるのですが、そのキャクターと動きは結構楽しく、はまるお子さんも多いかも知れません。

    ただ、コルデコット賞の作品というのは、今までその力量に圧倒されたというパターンだったのに対して、少し肩透かしを食らったという感じが否めませんでした。

    でも、このセンスは、翌年にもコルデコット賞オナー・ブック賞を連続して受賞していることからも、並外れたものであるのは間違いのないところだと思います。

    掲載日:2009/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 立ち直りの早さに脱帽

    • もにいのさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子7歳、女の子3歳

    はとがあの手この手で小さな体いっぱいに使って説得しようとする姿がいじらしい。したてにでていたハトが とうとうぶちきれるシーンでは大爆笑。小さい方から大人まで楽しめる。
    最初から最後まで こちらを向いたハトの語りかけでストーリーがすすんでいく、という風変わりな本で、一回目は、あれっ?というかんじだったが、妙に印象的で、またページを開きたくなっってしまう。
    最後の、立ち直りの早さ、発想の転換に思わず苦笑し、なんだか救われた気持ちになる。
    すっかりこのチャーミングなハト君の虜になってしまいそう。
    小さい本ながら、絵がシンプルで説得力があり、子供が大好きま乗り物をテーマにしてるので、読み聞かせでも盛り上がる。
    せりふが短く、あっという間に終わるがインパクトは強烈!

    掲載日:2008/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • うんてんさせてあげたい…

    他の方の紹介にあるように、「ダメなものはダメー!」と言い続けられるか?が本来の楽しみ方なのでしょうが…
    うちの息子、どうしてもダメと言えない。私が読みながら「ダメだよねぇ」と同意を求めてもにやにや。
    「そんなにむいてない?」のセリフには「向いてるよ!」と答えてしまう始末。
    運転手が帰ってきて「うんてんさせてませんよね?」にはうなづいていますが、「ハトさん、うんてんできないの、かわいそうね…」だそうです。
    それでも、ハトのお願いっぷりを見るのが楽しいらしく、何度も持ってきます。
    最後のページ、ハトの尽きぬ野望にも、またまたにやり、です。

    掲載日:2008/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • バスの運転手が出かけるため、バスを見てて欲しいと言います。
    「くれぐれもいっておきますが、ハトにうんてんさせないで。」と、付け加えて。
    そこにハトが登場!!
    バスに憧れてて・・・とか、ハンドル触るだけ・・・とか、仲間は運転してる・・・とか。
    あの手この手で、バスを運転させて欲しいと訴えてきますよ。

    さてさて、ハトはバスを運転できたのでしょうか(笑)

    ハトがとてもユニークで、大人でも楽しめるお話です。
    ・・・が、まだまだ無知な2歳児にはちょっと難しかったかなぁ。

    掲載日:2011/07/20

    参考になりました
    感謝
    0

39件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ひゅ〜どろどろどろだらけ〜♪おばけ野菜がいっぱい!

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット