宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

世界のともだち(5) モンゴル 草原でくらすバタナー」 その他の方の声

世界のともだち(5) モンゴル 草原でくらすバタナー 文・絵:清水 哲朗
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2014年01月21日
ISBN:9784036480500
評価スコア 4
評価ランキング 27,221
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 今も遊牧民

    • 渡辺諦さん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都

    【内容】
    モンゴルの遊牧民の子ども、バタナー君の生活。両親とともに移動式の家「ゲル」で家畜の世話をしながら生活する昔風の生活と、都市で学校に通う生活の2つを楽しんでいる。遊牧民族の誇りをかけた競馬、男の子から女の子に愛をつたえるバレンタインなど見所満載。

    【感想】
    今も、遊牧民を続けているモンゴル人と、都市に住んでいるモンゴル人の両方を行き来している柔軟な子どもたち。どちらの生活も楽しいという、たくましい少年に感動。生活力があって、仕事もあって、学校でも楽しくやっていて、本当にうらやましい充実した人生。私もモンゴル人の、(ちょっと裕福な家庭の愛されている)子どもになりたいと思ってしまった。

    出てくる子どもたちが全員、朝青龍風の顔立ちでおどろいた。どこかで会ったことがありそうな人たちばかりで、アジア人の仲間だと思った。親戚みたい。
    バタナー少年の親戚はたくさんいて、みんな仲良さそう。取材に行った公文氏も、2度目は親戚扱い。
    「あなたはもう客人ではないのだから、休んでいないでいろいろと手伝いなさい」と言われたという、あとがきのお話は、本当に素敵ないい話で、温かい。

    自分の身の周りは、親類縁者との縁が薄く、身内でさえも他人以上に冷淡に、バラバラに生きているので、このような温かいつながりがある人たちがあることを知ると、世の中は捨てたものではないと思える。
    大家族が珍しくなった今日、この絵本を見て、大家族や親類縁者とのよい付き合い方を知るのは、とても有意義だと思う。

    年齢問わず、寂しい人はぜひ読んでほしい一冊。モンゴルは熱い!

    投稿日:2017/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット