宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

よるのとしょかん」 その他の方の声

よるのとしょかん 作:カズノ・コハラ
訳:石津 ちひろ
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年11月
ISBN:9784895728683
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,116
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ほのぼの

    カズノ・コハラさんの絵本、はじめてよみました。三色だけのインパクトのある色合いとかわいい絵がすてきです。版画としって、おどろきました!
    お話は本当にほのぼの。小さい子どもから楽しめる内容です。
    こんな図書館があったらな、とわくわくするお話でした。

    投稿日:2017/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトルがおもしろそう  魅力的な図書館ですね!

    夜だけあいてる図書館で働くのはカリーナという女の子とふくろう3わ
    森の仲間が図書館を利用しているのが幸せそう〜

    ユーモアのある図書館ですね 動物たちのすがたが楽しそうで・・・
    それぞれ思い思いに本読んでいて ホント微笑ましいです。

    おおかみは 雨が降ったと間違うほど・・・・
    かなしいおはなしを 大粒の涙を流して読んでいたなんて、 なんだかかわいい!(どんなおはなしかしらと想像してみたくなります)
    だって おおかみと聞いたら 怖いイメージの話が多いから・・・

    カリーナの読み聞かせの時間 わあ〜 読み聞かせ聞きたいな〜

    みんなの楽しい夜の図書館もカリーナとふくろうさんたちが本のお仕事をしてくれているおかげですね
    本の整理やお掃除したり 忙しそう〜

    みんなお疲れ様!  カリーナに読み聞かせしてもらって ふくろうさんしあわせそう
    森の動物たちの楽しみ よるのとしょかん、がんばってね!

    投稿日:2014/02/12

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / そらまめくんのベッド / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット