うまはかける うまはかける うまはかけるの試し読みができます!
文: 内田 麟太郎 絵: 山村 浩二  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ナンセンス絵本の決定版!
ヒラP21さん 60代・パパ

いろんな「かける」
「うまは駆ける」、「うま歯欠ける」と言…

おでんさむらい こぶまきのまきなかなかよいと思う みんなの声

おでんさむらい こぶまきのまき 作:内田 麟太郎
絵:西村 繁男
出版社:くもん出版
本体価格:\1,100+税
発行日:2006年01月
ISBN:9784774311326
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,880
みんなの声 総数 54
「おでんさむらい こぶまきのまき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 強くてかっこいい!

    全ページお試し読みで読みました。
    時代劇の絵本なんですね、初めて読みました。
    とても強いおでんさんとかぶへい、かっこよかったです。
    弱い者いじめをやっつけるのって気持ちいいですね。
    かさおばけくんのお礼もうれしい!
    寒い冬の夜はありがたいお礼です。
    シリーズなので、ほかのも読みたいです。

    投稿日:2016/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモア絵本?

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ユーモア絵本なのかな?
    最初はいかにもユーモアという感じの始まりでしたが途中の事件は普通におでんさむらいは格好いいように見えたのですが。ここも笑うところだったのでしょうか?
    おでんさむらいにお供はかぶとむしだなんてこんな変わった2人組は見たら忘れられそうにないですね。

    投稿日:2014/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人情話

    人情ですねー・・・
    オバケとかお侍さんとか関係なく、義理と人情のあるいい話だったと思います。
    グッときましたよ。
    こんなに暖かい「ひのたま」は、他にはないでしょう!
    落ち着いた色合いで、江戸時代の絵巻物を見ているような雰囲気になれました。

    投稿日:2014/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ひらた・おでん」?!

    よいどれざむらい、なんてひどいことを・・・!

    かさおばけへの心無い言葉に、こちらまでムカムカムカ!
    酔いどれだからといって、許されません!

    でも、そこに颯爽と現れた「ひらた・おでん」!

    お、お、おでん?!
    なぜ突然おでん?!
    と思いきや、この絵本はシリーズで出版されているのですね。

    その渋い魅力に、
    なんだか時代劇を見ているような気持ちになりました。

    投稿日:2014/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい子にも読める時代劇絵本

    子どもたちも私も大好きな絵本『がたごとがたごと』と同じ作者コンビの絵本ということで興味を持ちました。「ひらた・おでん」というへんてこざむらいが、お供のカブトムシ「かぶへい」と共に、傘おばけの子どもを
    酔いどれざむらいから助けます。
    チャンバラとはいえ、なんだかほのぼのしていて、あたたかい。
    小さい子にも安心して読んであげられる時代劇絵本ではないでしょうか。
    いろいろなまきが出ているようなので、他も読んでみたいです。

    投稿日:2012/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんな風によもうか・・・

    全ページで読んで。

    内田さん、西村さんのタッグで人情味あふれる時代劇の世界。
    やはり読み進んでいくとおばけが・・・・!

    おでんさむらいというくらいだから、
    おでんの具がたくさん出てくるのかと思ったら
    なかなかそれは出てこず・・・、
    こぶまきってそれのことかー!
    と吹き出してしまいました。

    「ございます」「がってんだ」「いいってことよ」
    などなど独特の言いまわし、読み聞かせの時は
    どんな風に読むか、読み手によって物語のテイストが
    変化しそうですね。面白いです!
    他のシリーズも読もうと思います。

    投稿日:2012/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おでんさむらい1作目:冬

    てっきりおでんの話かと思ったら、おでんはおでんでも、ひらた・おでんという人名でした。

    冬の江戸の街を、侍のおでんと、大きなカブトムシのかぶへいが道中を続けます。妖怪のよいどれ侍にいじめられている傘小僧を助けます(これが実は違う絵本に続いたりしています)。お化けがお礼に部屋を暖かくするのが面白い。ちなみに、こぶまきとは、、、、よいどれ侍のちょんまげのことだったようです。最初から最後まで、予想外でなかなか面白い。

    娘はかぶへいで「なにそれー?!」と大笑いでした。

    気になったのはこのシリーズ、春夏秋冬じゃなく冬春秋夏の順で絵本が刊行されていること。なんでこんなにバラバラ?

    投稿日:2011/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • こぶまきって・・・

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    前から気になっていたシリーズです。
    とっても読みやすくて想像しやすい!
    アニメを見ているかのような1ページ1ページでした。
    「歩いておりました。」「聞こえてまいりました。」など、言葉の使い方もいかにもお侍さんが出ているお話っぽいですね!
    馴染みのない話し方が新鮮でよかったです^^

    サブタイトルの「こぶまき」がとても気になっていた私と子供たち。
    その正体が・・・あれだったとは!!!
    うまいなぁ〜(笑)
    他のシリーズのサブタイトルも物凄く気になっちゃいました。

    読みやすい分ボリュームが少なく感じたのですが・・・
    子供たちが大きくなったからかな。
    小さい子には分かりやすくちょうどいいのかもしれませんね^^

    投稿日:2011/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたたかい

    傘おばけの子供を助けるお話
    おばけって人を驚かすイメージだけに
    いじめられて、助けられるなんて、とても面白いです。
    最後におばけの恩返しが暖かくって、寒い冬におでんを食べながら
    読んでみたいです。

    投稿日:2009/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 待ってました。時代もの!

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子8歳、女の子5歳

    長女は時代ものが好きなんです。
    これまではねぎぼうずのあさたろうとか、くものすおやぶんとかずいぶん読みましたけど、この本はまた素敵。
    我が家が好きな作家さんのコンビだから大喜びでした。

    だんなは「ぜん○○ざむらい」と「お○んくん」のパクリだと冗談で言ってましたが、そんなことは全然ありません。
    だってひらたおでんのお供のかぶへいはちょっとないでしょう。

    でも、この本を何度も読むのに一番気になったのはかぶへいです。
    よく考えたら巨大なかぶとむしなので、かなり怖いんですけど、なぜか
    「かぶへい、かわいい。」
    と、みんなファンになってしまいました。
    最初、特に二枚目だと思わなかったおでんも、だんだんかっこよく見えてきたし、不思議なものですね。

    投稿日:2009/05/14

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



翻訳者 中井はるのさん、編集者 三輪ほう子さん インタビュー!

みんなの声(54人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット