宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

すすめ!近藤くん」 ママの声

すすめ!近藤くん 作:最上 一平
絵:かつらこ
出版社:WAVE出版
本体価格:\1,100+税
発行日:2013年10月
ISBN:9784872909364
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,630
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 元気いっぱい

    置いておいたら息子も読んでいました。インパクトのある表紙で、つい読んでみたくなるのもわかります。

    表紙からもわかるエネルギーいっぱいの近藤くんが主人公。

    クラスに一人、こんな男の子いませんでしたか?放課になると元気いっぱい、教室内を走り回っていた男の子。

    そんな近藤くんが気にしているのは、相手を寄せ付けない感じのあいちゃんです。

    何だか、男はつらいよの寅さんを見ているような感じもあり、子どもたちのやりとり、奮闘ぶりが微笑ましく感じました。

    児童書ですが、幼稚園でも人気がある本ということを、この挿絵を描いたかつらこさんから講演会でお聞きしました。

    エネルギーいっぱいの元気な近藤くんに共鳴するところがあるのかもしれませんね。

    投稿日:2014/01/13

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット