すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
てつじんこさん 30代・ママ

遊びかた無限大
5歳の息子が楽しめそうだと思い購入しま…

むすんでひらいて自信を持っておすすめしたい みんなの声

むすんでひらいて 構成・絵:新井 洋行
出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2014年02月14日
ISBN:9784907613006
評価スコア 4
評価ランキング 20,119
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 家族で歌う、元気絵本♪

    • ちゅら。さん
    • 50代
    • その他の方
    • 千葉県
    • 男の子17歳

    ♪む〜す〜んで ひ〜らい〜て♪

    誰かが口ずさむと自然と ぐーぱー してしまい、一緒に歌いたくなるのが、「むすんで ひらいて」
    その楽しい手遊び歌が、可愛い絵本になりました!

    絵本の中では、弾ける笑顔のネコちゃんやオバケちゃんたちが、いろんなものを「むすんで」「ひらいて」

    リボンむすんで、
    窓をひらいて、
    おむすびむすんで、
    お弁当ひらいて。

    息子が幼稚園のころ、ちょうちょ結びの練習をしていたのを思い出しました。
    「できない〜」と泣いていたあのときの息子を、この絵本で応援してやりたかったなあ。

    歌う生活絵本でもあり、言葉絵本でもあります。

    窓を開いたり風船をとばしたり、上を見上げる笑顔が印象的な絵本です。
    オレンジ色の表紙も元気が出ます。

    世代を超えてひとつになれる、笑顔と元気の魔法の絵本です。
    もちろん、読みきかせにも楽しく読めますね。

    掲載日:2014/03/09

    参考になりました
    感謝
    3
  • お歌が楽しくなります♪

    「むすんでひらいて」の歌詞が、絵本になっています!!
    お歌はもともと知っていたのですが、絵と一緒だと、より
    楽しいようで、最近、口ずさむことが多くなりました♪
    お歌を歌いながら、ページをめくるのもいいですね!!
    0歳のお子様から楽しめると思います♪

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 皆が知っているむすんでひらいて

    手遊びの王道ともいえる「むすんでひらいて」
    誰でも知っているこの手遊びが楽しい絵本になっています。
    何気なく口ずさんでいる歌詞も、イラストを見ながら見ると、また一味違った感じがします。
    歌いながら読んでみるのも楽しいと思います。
    この絵本を読んだ後はきっと、みんなで手遊びをしたくなります。
    これなら赤ちゃんから楽しめますね。

    掲載日:2018/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても楽しい

    小学1年生の読み聞かせで使いました。
    最後のセリフが「バイバイ」なので、ラストに読みましたが
    短く、雰囲気を変えるのに3冊のうちの真ん中の1冊でも良さそうです。
    読み始めると子どもたちは勝手に歌い出しました。
    歌詞の通りに絵が進むのが、嬉しいようで、「あぁ、そうなるんだ。」
    と納得したみたいです。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほどバージョン

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    小さい子向けおはなし会用にセレクト。
    手遊び歌「むすんでひらいて」を絵本化したものですが、
    なるほど!の様々なバージョンが展開します。
    リボンやひもなど「むすんで」、窓を「ひらいて」って、色々なことができるんですよ。
    絵本ならではの醍醐味ですね。
    圧巻はお弁当バージョン。
    確かに、「むすんで」「ひらいて」です!!!
    ラストも鮮やかです。
    さすが、新井洋行さん、脱帽です。
    もちろん、手遊びとセットで子どもたちと楽しみたいと思います。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰もがお馴染みの歌が、絵本になるのは嬉しいことだと実感した絵本でした。「♪むすんで ひらいて てをうって むうすんで・・・・・・・♪」表紙から、もう歌いだしている6歳の孫です。知っていることが自信をつけて1歳5ヶ月の弟に歌っていました。ゆっくり、ゆっくりの孫だから弟が追いついてしまうだろうなあ・・・・・・・って、思いながら今が一番幸せな時期なんだと感じました。動物たちの可愛い絵にも嬉しかったです。知っている童謡が絵本になるってすばらしいことだと思いました。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット