もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

ななちゃんのおかたづけふつうだと思う みんなの声

ななちゃんのおかたづけ 作:つがね ちかこ
おかたづけアドバイス:鈴木 尚子
出版社:赤ちゃんとママ社
本体価格:\1,000+税
発行日:2014年02月24日
ISBN:9784870140950
評価スコア 4.56
評価ランキング 5,316
みんなの声 総数 121
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 主人公の衣装をブルー系にすることで、ほかのものの色をあたたかい雰囲気のものにしつつ主人公を際立たせる。色づかいのセンスが、感じられる絵本です。

    ただ肝心のストーリーが作者の言いたいことありきで、おもしろくない。目で見たものの記憶がしっかり定着し多くのおもちゃと整理グッズが買ってもらえる前提であるため、多くの子どもたちは「ななちゃんのように」とは思えないだろうなと思いました。

    子どもに読み聞かせる際は、まず親が読んで子どもが片づける気になりそうかみきわめてからにされることをおすすめします。

    投稿日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもちゃとの話し合いの時間

    なんでもかんでも箱に入れてしまう主人公の女の子に
    ちゃんと元の場所に戻してよと、とうとうおもちゃたちが反抗します
    でも早く片付けないとおやつが…と思っても
    お母さんのおなかのポケットに帰れて喜ぶカンガルーの赤ちゃんや
    ほかのおもちゃたちの声を聴いて、きちんと片づけることに決めました

    すっきりと片付けたあとの
    ななちゃんの清々しく誇らしい顔がとても素敵です

    我が家でも、おもちゃとの話し合いの時間を持ちながら
    片付けの方針を決めていこうと思う良い機会になりました

    投稿日:2014/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごく教育的な絵本でした。でも、全然嫌みがなく、そして、ストーリーの展開が上手いなぁと感嘆してしまいました。もしかして、作者のつがねさんの経験からこの話を作られたのでしょうか? 

    次期4年生になる息子に読ませたいです。恥ずかしながら、ウチの息子は、ななちゃんと同じで、全部、1つの箱につっこみます。だから、行方不明が非常にあります。でも、親としては、片付けないよりマシだと思っていましたが、それじゃ駄目ですね。「物には戻りたい場所がある」という文に、ハッとしました。再教育が必要ですね。

    それにしても、ななちゃんと作者のつがねさんのお顔がそっくりです。やっぱり、作品って作者にとって子供のようなものなんだなと、つくづく感じてしまいました。

    投稿日:2014/03/11

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おやすみなさい おつきさま / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん / ブルンミのねこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



SNS犯罪から子どもを守るために。友達思いなにわとりのお話

全ページためしよみ
年齢別絵本セット