くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

おいし〜い」 パパの声

おいし〜い 作:いしづ ちひろ
絵:くわざわ ゆうこ
出版社:くもん出版
本体価格:\800+税
発行日:2014年03月10日
ISBN:9784774322353
評価スコア 4.49
評価ランキング 7,574
みんなの声 総数 56
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 1歳7ヶ月の娘に読み聞かせるために買いました。娘はお気に入りの絵本の言葉やセリフをよくマネするため、ごはんを食べたら「おいしい」ときちんと言えるようにさせようと思って買いました。
    いざ絵本を初めて読むと、何とかわいらしい絵本なのだろうと、私がほっこりとした気持ちになり、すっかり癒されました。
    短いお話の中でリズム良く、赤ちゃんがいきいきと色々な食べ物を食べて「おいしい」と言葉を発します。その表情が何とも言えないかわいらしさなんです!!赤ちゃんのかわいらしさや元気の良さがとても上手く描かれています。また、リズム良くページをめくるため、読む度に癒されます。
    娘も気に入ってくれて、良くこの本を読めとリクエストを受けます。また、食事中に前よりもおいしいって言う回数が増えた気がします。
    出会えて良かった1冊です。

    掲載日:2014/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルナ話で親しみやすい

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子1歳

    1歳になったばかりのうちの子にどことなく似ているこの赤ちゃんにちょっと共感を覚えました。
    顔だけでなく行動も似ています。
    お話もシンプルで進めやすくとてもいいと思いました。
    まだ『マンマ』どまりで『おいしーい』は話せないのですが、この絵本を見ているとまるでうちの子が話しているかのような錯覚を覚えてしまいました。

    掲載日:2014/03/26

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『しりとりしましょ!巻物えほんキット』<br>さいとうしのぶさん インタビュー<br>

みんなの声(56人)

絵本の評価(4.49)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット