INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー
作: 香川 照之 ロマン・トマ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

ごまひとつぶで…自信を持っておすすめしたい みんなの声

ごまひとつぶで… 作:水谷章三
絵:岩田健三郎
出版社:太平出版社
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年
ISBN:9784803135060
評価スコア 4.14
評価ランキング 21,998
みんなの声 総数 6
「ごまひとつぶで…」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ごま一粒が…。

    ごま一粒が、どんどん幸せを膨らませていきます。
    運が良い若者ですが、よく考えると、幸せを引き寄せる力を持っていてこその展開かも知れません。
    こんなごまが有ったら良いなと思うけれど、きっとこんな風にはならないでしょうね。
    楽しく笑わせていただきました。

    投稿日:2019/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親孝行な息子

    「ごまひとつぶで・・・・・」幸運を掴んだ若者は、じいさまから「親思いのしっかりものよ。おまえにこれをやる。なにかの役にたててみよ。」と、てのひらに”ひとつぶのごま”をのせてもらった。親孝行な息子は、長老を尊敬する若者だから、見知らぬじいさまの言葉も素直に聞けたんだと思いました。韓国の人は、親孝行で、長老を大切に思い、敬っている人が多いと思いました。親孝行な子どもに夢を与える素敵な韓国民話だと思いました。

    投稿日:2018/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が気に入りました

     韓国・朝鮮の民話だそうです。
     貧しい家の若者が、立身出世を志し、村をあとに都を目指します。
     身分制の厳しい時代に、親を楽にさせたいおもいで役人を目指すあたりは、泣かせます。
     途中、若者の親孝行な心根に感心した小さなおじいさんから、ひとつぶのごまをもらい…。
     ん〜、わらしべ長者みたい。
     でも、交換じゃなく、交渉で弁済させるあたりを若者の勇気と表現しています。
     ごまがねずみに、ねずみがねこにと、次々に若者の持ち物はかわっていきますが、最後はどうなるのかと思っていたら、お話の世界ならではの結末でした。
     民話というのですから、当時の人々の願望といえるかもしれませんね。これは、国を問わずありますよね。
     私は、絵が気に入りました。
     若者のキャラクターをはじめ、出てくる動物たちがなんか面白い。
     また、人々の生活の様子や道具にも目を惹かれました。
     村落に見られる境界標である“将軍標”に息子は何?何?何?でした。

    投稿日:2010/01/07

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<前編>

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット