まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

どんどこ ももんちゃん」 じいじ・ばあばの声

どんどこ ももんちゃん 作:とよた かずひこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784494001361
評価スコア 4.77
評価ランキング 550
みんなの声 総数 275
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ももんちゃんぱわー

    どんどこ どんどこ くりかえし読んでいるととても音の響きが
    面白い言葉だなあ、、と思いました。
    この絵本は、ももんちゃん本来の(?)パワーを感じます。
    丸木橋を這い、急な山を登り、とうせんぼうされたおおきなおおきなくまさんに体当たり、、あれれ、すごいなあ。
    やまからころがっちゃって、泣きながらもどんどこ。
    目的地は、やっぱりね!!!

    投稿日:2016/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • アイババさん
    • 50代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 女の子2歳

    これは孫が大、大、大好きな本です!
    ももちゃんがどんどこ進んでいくお話。自分と似たオムツ姿(?)のももちゃんに親近感が沸くのか孫はももちゃんに夢中です。「どんどこ」のリズムも気に入ったようで良く言っています。この本は赤ちゃんにもピッタリだと思います。モモちゃんのほかのシリーズも読んでみたくなりました。

    投稿日:2010/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「とん」でにっこり

    必死で捲って、最後のおかあさんに抱かれた「とん」で、顔を見てにっ

    こりとします。何回読んでも最後まで必死にページを捲ってます。

    泣いてるももんちゃんが、おかあさんにやっと逢えてほっとしたのでし

    ょう。孫も内容も理解出来るまでに成長できたことに感謝してます。


     「どんどこ どんどこ どんどこ どんどこ」の進行形に、やっぱり

    孫のように先を急ぎたくなります。

    最後の結末にほっとして、和みます。

    何回読んでも最後の「とん」で孫を抱きしめています。

    とっても幸せなときに感謝してます。

    投稿日:2009/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 頑張れ〜〜♪

    ☆1歳の孫が大好きな絵本です♪
      古本屋でゲットしました!

    オムスビ頭のももんちゃん♪
    おむつ姿で裸!のももんちゃん♪

    どんどこ どんどこ♪ 
    山越え!谷越え!
     
    わき目も振らずに どこ行くのかな(?_?)
    ラスト(ももんちゃんが着いた所)で思わずニッコリ♪

    赤ちゃん♪が一番大好きな場所ですね♪
    だから・・・赤ちゃんに人気があるのかな!(^^)!

    投稿日:2007/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 物語り絵本の楽しさを最初に味わう

    孫娘が、2歳半くらいのとき、ドキドキしながら(多分)、物語性のあるえほんを大いに楽しみ、絵本好きにさせたのがこの本ではないでしょうか。
    シリーズ6冊そろえさせられましたが、やはりこの1冊!、って感じで、随分、読まされました。

    投稿日:2006/02/23

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(275人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット