虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

ねんにいちどのおきゃくさま自信を持っておすすめしたい みんなの声

ねんにいちどのおきゃくさま 作・絵:亀岡 亜希子
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2000年
ISBN:9784894232662
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,615
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • タッチィの優しさに泣けます

    オコジョのタッチィは、山に住んでいます。

    ときどき、トムサおじいさんのうちに遊びに行きます。

    トムサおじいさんは、山のいえに一人で暮らしています。

    トムサおじいさんは、クリスマスの日に年に一度だけ、孫の

    ヤーコポとクリスマスをお祝いします。でも、としをとって山での

    生活が辛くなってしまったので、町で暮らすので山から降りて

    行きました。タッチィは、ヤーコボの為に、とサムおじいさんを

    クリスマスの日だけ、トサムおじいさんを連れ戻そうと町まで

    探しに行ったのですが、トサムおじいさんを見つけることが

    出来なくて、タッチィ一人でストーブに火をつけ、ケーキの箱を

    ちいさくちぎって、モミの木にくっつけて、ヤーコボを歓迎した

    のでした。タッチィのやさしさに泣けました。絵もとても素敵です

    投稿日:2019/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • オコジョのかわいさ

    表紙を見て「かわいぃー」と手に取りました。

    雪景色に、真っ白なオコジョって絵になりますねー。
    オコジョが主役の絵本って、あまり触れたことはなかったですが
    かわいいなー、うつくしいなーと思いながら読んだ本は久しぶりです。

    登場人物は、このオコジョのほかに
    山で暮らすおじいさんと、その孫。
    三者が三様に、それぞれを思いやっていて
    とても心が温かくなります。
    おじいさんが山で暮らせなくなっても
    明るい未来が見えるラストに、力がわいてきます。

    投稿日:2017/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなで集まるクリスマス

    このお話は、一年に一度おじいさんの山小屋に男の子とイタチとで集まってクリスマスを楽しむお話でした。でも、おじいさんが年老いてしまって町で暮らすことになったのですが、毎年来る男の子のためにイタチがクリスマスパーティーの準備をしていたのがとっても心温まるお話で感動しました。

    投稿日:2016/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • オコジョの思いやり

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子15歳

    ヤマイタチの別名もあるオコジョのタッチィのおはなし。
    山に住んでいるタッチィは、のんびり過ごしているトムサおじいさんの家で
    素敵なクリスマスを知ります。
    年に一度訪れる孫のヤーコポと過ごす素敵な日。
    ところが、ある秋、山の生活が辛くなって、トムサおじいさんは町へ。
    タッチィは、孫のヤーコポのために、トムサおじいさんのかわりに、
    クリスマスの用意を始めるのです。
    オコジョという動物は名前は聞いたことがありましたが、
    どんな動物かは初めて知りました。
    真っ白な冬毛がとてもおしゃれですね。
    トムサおじいさん、タッチィ、ヤーコポ、それぞれの思いやりが重なります。
    なんて素敵なクリスマスでしょう。
    丁寧に描かれた絵がとても温かく感じました。
    ラストの余韻も素敵でした。

    投稿日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいタッチィ

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    クリスマスのお話なんですが、「春をさがしに」の亀岡さんの最初の作品との事で図書館で借りてきました

    思った通りというか、それ以上にタッチィの優しさを感じる物語でした
    パステル画の独特の色合いも、良いですね
    なによりもあんなに小さいオコジョのタッチィがツリーやケーキ、まで用意して待っていてくれた様子に、ヤーコポ以上に私もうれしくなってしまいました
    今年のクリスマスシーズン一押しで、紹介したいと思います

    投稿日:2011/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「はるをさがしに」でオコジョのタッチィと出合い、娘と二人、次々にシリーズを読みました。
    タッチィは森にすむおじいさんのところで、年に一度訪れる孫のヤーコプとクリスマスを過ごすのが例年の常になっていましたが、おじいさんは街へと引っ越してしまいました。
    クリスマスはどうなるの?
    もう近付いてきたのに。
    ヤーコプは??
    タッチィは街へおじいさんを探しに行くけれど、見つけることができませんでした。
    ちいさな体に優しい思いやりにあふれた心を持つタッチィが愛おしいです。
    タッチィのやさしい心はヤーコプに、そしておじいさんに ちゃんと 伝わっていきます。
    そして、読み手の心にも温かみ、やさしさを運んで来てくれます。
    3歳の娘と、何度も何度も読みました。
    美しい絵。可愛らしいタッチイのちゅうがえり。
    大人になってもきっと心の宝物になるシリーズだと思います。

    投稿日:2010/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 作者の意気込みを感じるシリーズ1作目

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    発行年月日を見ると、この作品が、「オコジョのタッチィシリーズ」で、一番古いようです。
    その分、シリーズの他の作品とは違った色合いもあり、作者の意気込みも特に強く感じられる1冊でした。

    オコジョのタッチィと、人間のおじいさんやおじいさんの孫のヤーコポとの友情が、せつなくも温かく、読み終えた後なんともいえない心地よさが残りました。
    うちの下の子は「ちょっと悲しい話だね」といっていましたが、上の子は、「いいよ〜、可愛いよ〜。いい話だよ〜」と、やたら感激していました。
    どうせなら、真夏ではなく、冬に読みたい1冊です。

    投稿日:2010/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心のこもったクリスマス

    たまたま我家で「オコジョ」ブームで、そんな時、会社帰りに偶然本屋で見かけたこの絵本、表紙の可愛らしいタッチィのイラストに思わず衝動買いです。

    オコジョのタッチィが、山に住むおじいさんと、そこに年に一度だけ訪れる孫のヤーコプと迎える、派手ではないけど笑顔あふれるクリスマスが大好きになります。

    しかし、おじいさんが街に引っ越してしまいます。おじいさんに代わって、今年もやってくるヤーコプを悲しませない様、小さなタッチィが、小さな自分に出来る精一杯のおもてなしをしようとがんばる姿、その心使いに感動させられました。

    本の帯に書いてある「さびしくないよ ぼくがいるから」この言葉にもやられました。

    そして、ヤーコプとの再会、心暖まるシーンがページいっぱいに広がっています。そして更なるラストは・・・裏表紙のイラストですね。

    小さなオコジョのタッチィを通して、他人を思う心、やさしさ、一生懸命になれる純粋さを感じとる事ができました。

    内容もさることながら、作者のすばらしいパステル画もあいまって本当にクリスマスにぴったりの一冊だとおもいます。

    投稿日:2009/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 温かい気持ちになるクリスマス絵本。

     この絵本の存在は以前から知っていたのですが、なかなか手にとる機会がなくて、子どもも大きくなったしその絵の温かさに惚れて購入しました。

     年に一度訪れる孫の訪問を心待ちにしているおじいさんが、年のせいで町にうつりすむことにり、大好きな孫のヤーコブやおじいさんのためになんとかして、クリスマスを一緒に過ごそうとする、オコジョのタッチィの気持ちが絵からひしひしと伝わってきます。

     読んだ後は温かい気持ちになって、だれかのために一生懸命になれるって素晴らしい事だなと思います。

    投稿日:2007/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かなクリスマスにぴったり!

    感動しました〜
    こう、この一言です。
    かわいらしいオコジョのタッチィーがこんなにも
    人の心を持って、人間に対する愛情を注ぎ込むなんて!
    パステル調の柔らかな感じの挿絵も、静かでゆったりした
    クリスマスの雰囲気を目一杯感じさせてくれます。

    ラストには、これからのねんにいちどのおきゃくさま
    を思わせるような、これまたステキなお話しになっていて
    楽しいクリスマスに安心感もたっぷり与えてくれます。

    私たちも、毎年、ねんにいちどのお客様に会いに
    クリスマスの夜に読みたいですね!

    投稿日:2007/03/20

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット