あかちゃん研究からうまれた絵本 かお かお ばあ あかちゃん研究からうまれた絵本 かお かお ばあ あかちゃん研究からうまれた絵本 かお かお ばあの試し読みができます!
作: 山口 真美 実験監修: 金沢 創 絵: ミスミヨシコ  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
0歳0ヶ月から読める、あかちゃんのための絵本。あかちゃんとお母さんの反応を実験して作られました。

のせてのせてなかなかよいと思う みんなの声

のせてのせて 文:松谷 みよ子
絵:東光寺 啓
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1969年07月
ISBN:9784494001064
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,362
みんなの声 総数 165
「のせてのせて」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

48件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • ほのぼのタッチに癒さ

    ほのぼのタッチの絵が素敵です。
    途中に急に変わる場面展開があって、そこがおもしろいらしく、息子も「おっ?」と表情が変わります。
    お気に入りの一冊です。

    投稿日:2006/11/02

    参考になりました
    感謝
    2
  • この絵本、出産祝いでいただきました。表紙の濃い黄色、少し渋い赤色のビィンテージカー、手をふるまこちゃん。「のせてのせて」という題名が薄墨色なのも黄色が背景なので納得。まこちゃんは灰色の景色とドロドロの道を進み、暗いトンネルへと入り、トンネルをぬけて、最後にピンク色の山を抜けて遊園地へとむかいます。くまさんやネズミさん親子の可愛らしい表情、のせてのせてというリズム感ある言葉、子どもは楽しそうに絵本を見ていました。

    投稿日:2016/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい言葉♪

    動物たちが次々とまこちゃんの運転する車に乗り込んでいくお話。「とんねるとんねる…」「まっくらまっくら…」「じどうしゃですよう」「すとっぷ!」など、読む側も楽しくなる言葉ばかりです。「おさじさん」のうさぎが登場するのも面白いですね。

    投稿日:2016/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな小さなまこちゃんが運転する立派な車。
    この本を読む時、息子はきまってパパの膝の上にやってきます。

    すると、パパは自動車に早変わり☆

    「○○くんのじどうしゃですよ はやいですよう」
    出発進行!途中で出てくるねずみの親子が大好きで、
    「チュチュチュ…」と元気よく登場すると大はしゃぎ!

    まっくらなトンネルを抜けた先、まこちゃんの自動車はどんな
    ところに行くのかな??

    我が家では「…こうして○○くんのじどうしゃは今日もおうちに帰って来るのでした。おしまい…」と家に帰ってくる設定に。

    きっと、それぞれのお家で行き先が異なるのだと思います♪

    親子そろって楽しく読める一冊です(^^)/

    投稿日:2014/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 車好きな子に

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    どんどんと「のせてのせて」といろいろな動物が車に乗っていくお話です。
    幼い子向けらしい絵本で良いと思います。
    どちらかというと男の子向けなのかな。車好きな子に読んであげると喜ぶのではないでしょうか。
    トンネルのシーンが印象的でした。

    投稿日:2014/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼児だって運転したいのだ

    • 楽葉さん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 埼玉県

     幼児に動物、乗り物がからむパターンの先駆けとなった作品…

     男の子が運転する赤い自動車が画面右から左に走っていく…
    ページをめくると左ページにヒッチハイクする動物が登場…
    その次のページでは動物を乗せて先へ…
    このパターンをうさぎ…くま…ネズミ…と
    三回の繰り返しで満員になった車が進んでいく…
    すると突然真っ暗なトンネルがあって…

     読み聞かせの際、テキストは自分の言葉に言い換えてもいいし、手をあげている動物を乗せるかどうか子どもに確認するステップを加えるのも楽しいだろう…
    40年以上前の絵にはちょっと古さもあるが気にはならない

     ドライブに行ったまま終わるので、無事に帰ってこられるか気になるところだが、それはまた別な話…

    投稿日:2014/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最初の車の絵本に

    息子が生まれたときにいただいた絵本です。
    「いないいないばあ」「もうねんね」と一緒にいただいたのですが、
    同じ松谷さんの中で、この本だけ0歳の息子のお気に入りとなりました。
    「なんでこの絵本だけ」と不思議に思っていたのですが、のち、息子が車好きだということが発覚したのでした。

    まこちゃんという男の子が、うさぎ、くま、ねずみを次々に乗せて
    ドライブするという内容です。
    赤い、クラシックな車がかわいいです。

    途中、トンネルに入るところでページがほぼ真っ黒になって、
    次ぎのページで出てきたところで息子のテンションは上がります。

    奥付と同じページにドライブをしている道が俯瞰的に描かれているのですが、
    そこでも、いろいろお話できます。

    投稿日:2013/08/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 車好きのむすこに

    図書館で見つけました。
    なかなか良いですよ。

    「〇〇くんのじどうしゃですよー。」とお子さんの名前にかえて読んであげると本当に自分が運転している気分になるみたいです。

    出てくる動物達と一緒に「ストップ!」と手をあげる息子。かわいいです。

    自動車好きのお子さんには、『はたらくくるま みちをつくる』もオススメですよ。

    投稿日:2013/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • トンネルをぬけて

    私は普通とかな〜って思ったいたのですが、
    息子は気に入ったようで、何度か繰り返し読んだので、
    星4つです(o^^o)

    まこちゃんと動物を乗せて、暗いトンネルをぬけるときの

    「トンネル トンネル トンネル トンネル」
    「まっくら まっくら まっくら まっくら」

    このくだりは、なんだかドキドキ ワクワクしたので、
    トンネルを抜け出した後に、何かひとひねり
    あったら良かったのにな〜。

    投稿日:2013/03/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雰囲気がいい絵本

    古い絵本だけあって絵に味があります。

    赤ちゃん絵本なので文字は少な目です。

    まこちゃんの自動車にいろんな動物が乗ります。

    ただ後部座席がない車なので、

    車の後ろや横に乗っかる感じです。

    最後のページではひとつの絵みたいに、

    道や山、木などがある絵でした。

    そこで話の先を想像するのも楽しいと思います。

    投稿日:2013/03/16

    参考になりました
    感謝
    0

48件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / うずらちゃんのかくれんぼ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(165人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット