宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

のせてのせてなかなかよいと思う パパの声

のせてのせて 文:松谷 みよ子
絵:東光寺 啓
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1969年07月
ISBN:9784494001064
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,379
みんなの声 総数 165
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う パパの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小さな小さなまこちゃんが運転する立派な車。
    この本を読む時、息子はきまってパパの膝の上にやってきます。

    すると、パパは自動車に早変わり☆

    「○○くんのじどうしゃですよ はやいですよう」
    出発進行!途中で出てくるねずみの親子が大好きで、
    「チュチュチュ…」と元気よく登場すると大はしゃぎ!

    まっくらなトンネルを抜けた先、まこちゃんの自動車はどんな
    ところに行くのかな??

    我が家では「…こうして○○くんのじどうしゃは今日もおうちに帰って来るのでした。おしまい…」と家に帰ってくる設定に。

    きっと、それぞれのお家で行き先が異なるのだと思います♪

    親子そろって楽しく読める一冊です(^^)/

    投稿日:2014/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 車の絵が大好きです。

    0歳の頃に読んだときは、無反応でした。
    あまり 面白くないのかな!と思っていたのですが、
    1歳になり、電車とか車に興味を持ちはじめ、
    最近では1番のお気に入りの本です。

    投稿日:2010/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒に手をあげ

    次のページではどんな動物が出てくるだろうか?とページをめくる楽しさがあります。
    文が短く、繰り返しでとてもわかりやすいので小さなお子さん(2歳代以下)がとくにお薦めです。
    手をあげて車を止めるシーンは3歳になる娘も一緒に手をあげて楽しんでいます。

    投稿日:2004/06/19

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / うずらちゃんのかくれんぼ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(165人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット