もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

まっくらなよると ばくのムー」 ママの声

まっくらなよると ばくのムー 作・絵:むらかみ ひとみ
出版社:エムオン・エンタテインメント
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784789726856
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,640
みんなの声 総数 9
「まっくらなよると ばくのムー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • きらりと光る作品

    • なびころさん
    • 20代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子 6ケ月

    きらりと光る作品でした。黒の紙が基本になっているところも良かったですし紙の質感も素晴らしかったですし。全てにおいて作家の独特の綺麗な空気が流れていると感じました。一人ではじめて寝る主人公に”僕と一緒に散歩に出かけてみない?”とは何て素敵な誘い方!と感心しました。チッチッチと時計の音だけが聞こえてくるところも夜の静けさをとても良く表現していると思いました。空から眺める家々の明かりはとても素晴らしかったです。沢山の子供が主人公の様に夜が怖いと感じている事が解って私も娘が大きくなって一人で寝る時にはこの絵本をもう一度読みたいなと思いました。むらかみひとみさんの次回作も必ず読みたいです。待ち遠しいです。素敵な世界でした。

    投稿日:2007/11/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • お兄ちゃんねんねできるかな

    息子のお気に入りの絵本でした。
    未だに一緒じゃないと寝れない息子。幼稚園の時に、数回一人で寝る練習をしようとする時や今後一人で寝てほしくて読んでいました。

    結局一人では寝てくれないけど、隣に私がいても真っ暗な部屋はとても苦手。
    絵本は暗転の中で白い線でイラストが描かれていて夜の雰囲気をとてもよく引き出されています。
    子供の夜に心理状態がドンピシャでお話にぐいぐい引き込まれていくようです。
    そんな怖がりにバクがやってきて、みんな怖がりだよ大丈夫だよと背中を押してくれます。
    この絵本でバクを覚え、動物園へ見に行った記憶があります。
    バグも白黒だけどとても愛らしいキャラに書かれていて、とてもかわいいです。

    投稿日:2018/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夜眠れない子供に

    このお話は、夜初めて一人で眠る子供の寂しい気持ちを描いたお話でした。そんな寂しさいっぱいの時にバクがやってきて子供の心の寂しさを取ってくれます。うちの子も一人では眠れないのでこのお話を聞いて暗闇が少し怖くなくなったって言っていました。

    投稿日:2014/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢を食べるバクの絵本

    • ちゃこもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、男の子1歳

    動物好きだった私にとってばくは夢を食べる動物。
    でもどうやって? 夢を食べられたらどうなるの?と結構大きくなるまで疑問に思っていました。
    最近はバクって夢を食べるんだってという話をあまり聞かなくなってきた気がします。

    この絵本は眠ると怖い夢を見るから大嫌いという4歳の息子に読んであげたいと思った絵本です。

    今日から一人で寝ることになったポロンくん。
    そこに出てきたのはやさしい目のバクのムー。
    バク達は、眠れない子どもがいないのか夜空でパトロールをして、夜の空に連れ出してくれるという。
    夜が怖かったポロンも、同じように眠れない子が他にもいるということに安心するというお話。

    4歳の息子も、このお話を読んで眠りを克服したということではないのですが、寝る前に読んでとせがまれます。
    自分なりに寝るのは怖くない、とがんばる為の1冊になったのかもしれません。

    投稿日:2010/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵もいい!

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    サイン本販売の際に購入しました。
    母が添い寝しないと寝付けない次女へという気持ちでこの本を選びました。

    この本の絵はなかなか個性的です。
    色は、黒、白、赤、黄のみなのですが、地味な感じではなく非常にかわいらしくインパクトのある絵なのです。
    想像以上に素敵な本でした。

    内容は、ひとりで寝ることになった男の子の家にばくのムーが現れるというかわいくて夢のあるお話です。
    最初は色のあまりない本に抵抗を感じていた次女ですが、一度読むと「もう一回。」とリクエストしています。
    まだまだひとりで寝なくてもいいと思っていますが・・。

    むらかみひとみさんはこどもちゃれんじの中のお話なども描かれていて、一目でむらかみさんと分かるインパクトもあります。
    むらかみさんにはこれからもたくさんの絵本を出版してもらって、是非メジャーになってもらいたいなあと思っています。

    投稿日:2007/10/12

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / くれよんのくろくん / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット