宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

風の子しりとり自信を持っておすすめしたい ママの声

風の子しりとり 作・絵:とだ こうしろう
出版社:戸田デザイン研究室 戸田デザイン研究室の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2001年
ISBN:9784924710450
評価スコア 4.21
評価ランキング 19,261
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい ママの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • シンプルなこだわり

     シンプルな言葉のしりとりの絵本です。シンプルだからこそ、見ている子どもも自由に、次の言葉を想像できるのがいいなと思いました。風の子の、元気な声が聞こえてきそうなレイアウトがおもしろかったです。 
      
     内容は、小さい子ども向けですが、大胆なデザインがすてきなので大人も楽しめます。とださんらしい、色と形のこだわりが感じられました。

    投稿日:2012/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • しりとりの奥の深さ

    しりとりの奥の深さを感じられる絵本でした。しりとりを通して友達を作るきっかけを作る事が出来るのだとこの絵本から学びました。しりとりは相手を選ばず”しりとりしようよ”と誘って承諾を得られればその瞬間から楽しめるところが魅力的だなと思いました。一つの言葉に対して1ページをふんだんに使って描かれている絵を娘は真剣に見ていました。こうやって色々な物の名前を覚えていくのか!とこの絵本に感謝です。カラスのページがとても気に入ったよすでした。私は最後のページが大好きです。春を待ちわびる風の子の待ち遠しさが伝わってきます。

    投稿日:2008/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力の原点

    可愛い風の子がしりとりあそびをしますよ。

    娘はまだしりとりはできませんが、
    絵を指で指しては「これ○○だね〜」と喜んで答えてます。
    この本を持ってくるときは、すっかり
    「ちりとり〜よんでぇ(しりとり)」です(^^)

    ”しりとり”ってどんな場所でも、何人でもできますね。
    そして道具もいらない・・・
    いつでもどこでもできる、空想の遊び・・・「しりとり」
    「しりとり」は想像力の原点ですね。

    その魅力を鮮やかな色彩で描かれた、素敵な絵本だと思います♪

    投稿日:2006/03/23

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / おふろだいすき / よるくま / ぎゅっ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その7

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.21)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット