日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
ジョージ大好きさん 40代・ママ

一度じっくりどうぞ
奥深いお話です。 平和って一言で…

ぱろ・ぴこ・ぽろの ゆうだちなかなかよいと思う みんなの声

ぱろ・ぴこ・ぽろの ゆうだち 作・絵:いわむら かずお
出版社:至光社 至光社の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1986年
ISBN:9784783401537
評価スコア 3.67
評価ランキング 39,209
みんなの声 総数 2
「ぱろ・ぴこ・ぽろの ゆうだち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不安な気持ち

    14ひきシリーズのいわむらかずおさんの絵本です。

    突然の夕立に、こりすのぱろ・ぴこ・ぽろが森の穴に駆け込むとそこにはすでにねずみの兄弟が。そこに今度はこうさぎも雨宿りにやってきます。
    雷におびえ、みんなで肩を寄せ合う場面は微笑ましいです。
    夕立の不安な雰囲気がうまく表されています。
    夕立がさって、またいつもどおりの爽やかな野原が広がっていて、ほっとしました。
    いわむらかずおさんの絵本はどれも、一冊一冊丁寧に描かれていて、大好きです。

    投稿日:2008/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 情景が浮かんできます。

    • あゆりママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子10歳、女の子7歳

    14ひきシリーズで大好きな、いわむら先生作のお話です。
    主役はこりすのぱろ・ぴこ・ぽろで、夏の暑い日に外で遊んでいる時に夕立に遭い、雨宿りに駆け込んだ穴で、ねずみ、うさぎと一緒に一時を過ごした後、雨上がりの澄んだ空の下で、仲良く、皆と遊ぶ、という内容です。
    夕立前後の空の様子、雨が激しくなっていく移り変わり、穴の中で、雷に照らし出された、皆の怖がっている状態など、とても丁寧に、また可愛らしく描かれていて、絵を観ているだけでも楽しくなります。
    雨上がりに、草についた滴が光っているのが、綺麗です。

    投稿日:2006/03/27

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット