に〜っこり に〜っこり に〜っこりの試し読みができます!
作: いしづ ちひろ 絵: くわざわ ゆうこ  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数30万部突破の人気シリーズ第1巻!

三びきのこぶた」 みんなの声

三びきのこぶた 作:(イギリス昔話)
絵:山田 三郎
訳:瀬田 貞二
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1967年04月
ISBN:9784834000979
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,320
みんなの声 総数 93
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

93件見つかりました

  • 低学年のうちに

    • いーめいさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子8歳、男の子5歳

    絵はかわいらしくなく、ちょっととっつきにくいかもしれませんが。
    お話も長いのですが。ぜひ、低学年のうちに読みきかせたいと思い、
    1・2年生に読みに行くときは機会を見つけて読んでいます。
    「三匹のこぶた」なんて知ってるよ!と言いますが、こんなお話も
    あるんだよ。
    わらの家を吹き飛ばして「たべてしまいました」で
    子どもたちはビックリ顔に。
    うまくオオカミを出し抜くこぶたにドキドキしてもらいたいですね。
    裏表紙に立派なご先祖となったこぶたが!
    ちょっとショックを受ける子もいるので、読み手と受け手がコミュニケーション取れてからがよいと思います。

    投稿日:2009/07/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どものお気に入り

    • 稲穂さん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳、女の子0歳

    狼が家を吹き飛ばしてしまう所がお気に入りで
    「3匹のこぶた」と名のつくものは片端から借りていますが
    最初に読んだのはこの本です。

    狼が家を吹き飛ばす時の「ふうふうのふっ」と掛け声も楽しいし
    絵がリアルなのに不自然じゃないところもいいと思います。

    ラストの、こぶたが狼を食べてしまうシーンに興味を
    持ち始めたのは3歳過ぎからでした。

    しかし、長男は5歳の時には「豚は肉食じゃないよね」と
    悟っていましたので、3〜4歳くらいの頃には
    読んだ方がいいのかもしれません。

    投稿日:2009/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • こういう話だったんだぁ

    • 8ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    イギリスの昔話が原作だったのですね、知らなかったです。兄弟のこぶたが食べられちゃうのもびっくりですし、三番目のブタとオオカミの知恵比べの場面があるのはお話を深いものにしています。

    単純な3びきのこぶたのお話もわかりやすくていいですが、本物を、というのであれば、こういう本を読んであげたいと思います。

    投稿日:2009/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知らなかった

    • ナォコ☆さん
    • 20代
    • ママ
    • 香川県
    • 男の子3歳、女の子0歳

    私の知ってるこのお話は、
    三びきのこぶたがそれぞれ家を作ってオオカミがレンガの家だけ吹き飛ばせなかった。
    というところまででした。
    続きがあるなんて知らなかったなぁ。

    昔話は色々なパターンがありますね。
    三びきのこぶたに関してはこのパターンが一番残酷なような・・・
    わらと木の家を作ったこぶたはオオカミに食べられてしまうし、
    オオカミも最後に食べられてしまうし、
    そもそも、お母さんブタが貧しくてコブタ達を育てられなかったので、
    ってお話が始まるんですから、ちょっと「え!?」と思ってしまいます。

    ただ 子供にはそんなの関係なくて、
    とても熱心に聞いてくれるので読みがいがあります。
    残酷だとか 可哀想とか、 
    そういう先入観なく純粋にお話を楽しんでるのかな。

    私はこのパターンの『三びきのこぶた』のお話、いいと思います。

    投稿日:2009/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 衝撃

    • SKMさん
    • 40代
    • パパ
    • 埼玉県
    • 男の子5歳、男の子5歳、女の子3歳

    最初に、この絵本を読んだ時は
    衝撃を受けました。
    そして(ちょっと、これは、残酷だな。
    子供に読んであげるのはやめよう。)
    正直、そう思いました。

    先日、子供と病院へ行ったとき、
    「これ読んで」と持ってきたときは
    ちょっとギョッとしました。

    (まあ、5歳になったし、いいか)
    よく読んでみると、
    なかなか面白い。

    人の運命とは何と偶発的な出来事の
    積み重ねなのだろう。
    子豚たちの運命を分けたのは
    「賢さ」ではなく、たまたま
    出会った人が持っていた資材でした。

    弱肉強食でいえば圧倒的な強者を
    手玉にとる子豚の老獪さ。

    最後まで読み終えたとき
    子供はポツリ言いました
    「ふーん、(狼を)食べちゃったのか・・・」
    ちょっと大人っぽく見えました。

    投稿日:2008/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何か違う・・・・

    • ひいこたんさん
    • 30代
    • ママ
    • 福井県
    • 女の子10歳、男の子7歳、男の子5歳

    私が子供のときに読んだ本とは、ちょっと!?違うような・・・
    が第一印象ですね。
    子供が幼稚園から借りてきた本ですが、2匹のコブタは食べられちゃうし、兄弟仲良く、暮らさない・・・というか暮らせないのも、ビックリ!!

    今まで読んでた本は子供用に優しく、作り変えられていたものだと思うと、小さい頃から本物に触れさせるのはいい事だけど、リアルで残酷な部分も教えなくてはいけないし、コブタは、利口で、狼を欺いていくけれど、うそをつくのとどう違うの??と聞かれると親としては、複雑でした。

    やさしく作られた世界しか知らなかった私にとっては、感心すると同時に戸惑いもあったので、親の私も子供のときに見ておきたかった1冊ですね。

    投稿日:2008/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ステキな絵とシニカルなお話

    娘は3歳半。
    一般的な3匹の子ぶたが大好きです。

    この話は・・・お気にめさなかったよう。

    「読んで」と言ってもらえない絵本になってしまいました。

    私も好きではないですね。
    よく、「食べられてしまう」、「食べてしまう」ことの残酷性が”悪者が復活しない”安心感として紹介されますが・・・。

    おおかみは最初からこぶたを食べるつもりで”いれて”と言っているのでしょうか?
    仲良くしたくて断られたから傷ついた・・とは考えられませんか?

    知恵比べと取れますか?私には、小賢しく相手をだましているとしか・・・

    いろいろ考えさせられる絵本なことはたしかです。

    投稿日:2008/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 力のある昔話

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    子どもの頃から知っているおはなしです。
    昔話の中でも、定番といっていいのではないでしょうか。

    子どもたちに力をくれる昔話だと思います。
    怖いシーンがあるので、小さい子どもには大人が読んであげてもらいたいです。
    お話を読んで疑似体験することで、この怖さを乗り越えられた自信がつきます。
    一緒におおかみを退治した気持ちになります。
    それは、大人と一緒に体験している安心感があることが大事だと思います。

    いつか親元を巣立っていく日のために読んであげてはいかがでしょう。

    投稿日:2008/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 残酷なようだけど真実を

    • てつたろうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    誰もがよく知っている三匹のこぶた。息子が児童館の劇で知っていた話ではお兄さんぶたは逃げて最後に三びき一緒にいたのにこの本では兄さんたちはオオカミに食べられてしまう。
    ショックを受けるかなぁと思っていたけど意外にもすんなり受け止めたみたい。
    可愛くないなと思っていた絵も、マンガチックなものより子供に動物の本物の姿を教えられてよいのだと納得。
    大人が思っている以上に子供はまじめにお話や絵を受け止める力を持っている、と教えられた。たくさん読んであげたい。

    投稿日:2008/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読ませる年齢は慎重に。

    3匹のこぶたの話はたくさんでていますが、
    こちらはかなり衝撃なラストとなっています。
    これが本当の話なのでしょうね。

    何歳の子供に読むべきなのかこの本に関しては
    慎重にお子さんの性格などを考えながら
    読んであげた方がいいと思います。
    絵はとても素敵です。
    ちょっとストーリーは長めなのですこし年齢は高めの
    方がいいかもしれません。

    投稿日:2008/06/04

    参考になりました
    感謝
    0

93件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / おててがでたよ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / わたしのワンピース / とんことり / がたん ごとん がたん ごとん / おばけのバーバパパ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

みんなの声(93人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット