しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

三びきのこぶた」 ママの声

三びきのこぶた 作:(イギリス昔話)
絵:山田 三郎
訳:瀬田 貞二
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1967年04月
ISBN:9784834000979
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,893
みんなの声 総数 90
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

75件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 本物はいい

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子5歳、女の子2歳

    誰もが一度は触れたことのある有名なおはなし。
    だけど簡略化されたおはなししか知らない人が多いのではないでしょうか?
    この絵本はちょっと長めですが、その分読み応えがあります。絵も味わいがありますし、大人も一緒に楽しめますよ。
    一番賢いコブタ以外は食べられちゃうし、ラストではなんとコブタがオオカミを食べちゃうし、なかなか刺激的な内容ですが、やっぱり本物はいいなぁと思わせてくれます。

    掲載日:2011/02/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • お祭りの場面が好きです

    2歳8ヶ月の息子が、保育園で読んでもらったのか、「『さんびきのこぶた』読みたい」と言うので、図書館に借りに行きました。有名なお話で、何種類も絵本が見つかったので、読み比べてみようと童話館のとこちらを借りて来ました。

    こちらは何と言っても日本語が美しいです(瀬田貞二さんのファンです)。ただ、絵はどちらも素晴らしいと感じるのですが、こちらの方がページが少なく、展開ごとに絵がちゃんとあるわけではないので、小さな子供にはついていけないこともあるかもしれません。でも、こちらの絵本の、3匹目の子豚がお祭りに出掛けてメリーゴーラウンドに乗っている場面は親子でとても気に入りました。息子はここで狼を一生懸命探しています(いや、いないんだって!と毎回教えているのですが・・・)

    話の内容ですが、私が子供の頃読んだ物は、後半の3匹目の子豚と狼の知恵比べはありませんでした。こんな続きがあったのかと驚きました。しかも、3匹の子豚は、偶然出会った人がゆずってくれた建築材料によって運命が変わったのですね(私が昔読んだ絵本では、それぞれが自らの意思で材料を選んだように描かれており、れんがでなかなか完成しない家を建てている末弟を他の2匹が馬鹿にしたりしていました)。今までずっと、こつこつ頑張った者が最後に勝ち残る話だと思っていたのに、びっくりです。生き残るには運や(悪?)知恵も必要だったんですね。(今更ながら納得!)

    掲載日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 王道

    福音館書店のこちらの絵本が一番王道と聞いて購入しました。
    確かに自分が昔読んでいた内容とは違いました。
    本当はこのようなストーリーだったのですね。
    描かれている絵もリアルで、オオカミも豚も、なんだか意地悪く見えるのですが、そこがまたいいですね。子供にすり寄ってない絵本だなと思いました。

    掲載日:2017/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 賢いこぶた!

    最近、幼稚園で三びきのこぶたのお話をしてもらったのが楽しかったようで、読みました。以前読んだときと比べ、読み聞かせの手応えを感じ、充実した時がもてました。

    家をつくるのにれんがを選んだのはたまたまだったかもしれないけれど、それにしても、何度もおおかみの裏をかいてその追撃をかわすのは賢いこぶただからこそです。

    さいごにおおかみ料理をいただき平穏な生活を取り戻したところで、こぶたと一緒にほっと胸をなでおろしました。
    しつこいおおかみみたいですから、逃がしてしまっては、いつまたやって来るかわからないですからね。。

    掲載日:2016/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人が読んでも

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    この三匹のこぶたは絵もリアルで、内容も原作に忠実なのではないかと思います。
    かわいらしいキャラクターのぶたさんのもいいですが、私はこちらを読み聞かせに使いました。3歳くらいでしたが、ちゃんと楽しめていました。大人が読んでも、原作ってこうなんだなぁ初めて知ることが出来てとおもしろかったです。

    掲載日:2016/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • あれ?少し違うね

    子供に読んであげながら「あれ、これは私の知っている話と少し違うぞ」と思いました。わらの家を作ったこぶたと、えだの家を作ったこぶたはオオカミにアッサリ食べられてしまいます。読み終えた後、裏表紙に書かれた注釈を読んで納得。私が慣れ親しんできた「三びきのこぶた」のお話は、子供用にソフトに書き換えられていたものだったのですね。
    グリム童話も元は残酷なお話だというのは有名ですが、必要以上にお話を子供向けに作り替える必要はないというのには賛成です。
    ただ、わらの家とえだの家はラクに建てられるのに対し、レンガの家はコツコツ時間をかけて丁寧に作り上げたという違いはもう少し描いてもらいたかったかな。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 原作に近い

    原作に近い本を探していたら、この本に行きつきました。3匹目の子ブタですが、私が幼少の時に読んでもらったお話の「かわいい子ブタ」というイメージよりは、あたまの良い子ブタというイメージが残りました。オオカミとすったもんだする姿もコミカルで面白かったです。

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名作!

    子どものときに読んでストーリーは記憶に残ってはいるのですが、改めて読み返しても面白いです。
    3びきめは常におおかみの行動の先を読んで動き、ピンチに陥っても機転をきかせて賢いので、読んでいて痛快です。最後は少し残酷なような気もしますが、子どもにとってはわかりやすい結末です。

    掲載日:2016/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 賢いこぶた

    • 野風さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 女の子2歳

    3びきのこぶたの話はたくさんありますが、
    私はこの絵本が一番好きです。

    二匹のこぶたが食べられるっというのには驚きました。
    ほとんどの絵本が、三匹とも助かって狼をやっつけるお話ばかりだったからです。

    でも、このお話が本物なのですね。

    狼の怖さ、それに負けない三匹目のこぶたの賢さに、
    どっぷりはまって読んでいました!

    掲載日:2016/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み比べてみるのも面白い!

    有名な「三びきのこぶた」のお話ですが,たくさんの絵本が出ているので読み比べてみるのも面白いですね!
    それぞれの絵本で若干お話も違っていたりして。
    こちらの絵本は,最後は,オオカミは末っ子こぶたにお鍋でぐつぐつされて食べられてしまいます。
    それを残酷と取るか,悪者は最後はこうなるのだ!と取るか,感じ方は様々でしょうが。
    私はこれはこれで好きですね!
    絵もマンガ的ではなく味わい深くてよかったです。

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0

75件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / とんことり / がたん ごとん がたん ごとん / おばけのバーバパパ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



寝かしつけの定番シリーズ、お子さまの感想も募集します!

みんなの声(90人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット