話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

ふようどのふよこちゃん」 みんなの声

ふようどのふよこちゃん 作・絵:飯野 和好
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2005年09月
ISBN:9784652040447
評価スコア 4.48
評価ランキング 9,764
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 腐葉土って何??

    うちの子はこの物語の主人公の腐葉土っていうものが何かわからなかったので、「腐葉土って何?」って表紙を読んだ時に聞いてきました。説明が難しかったのでネットで調べてそれから絵本を読むのを再スタート。腐葉土の家族がとっても気に入ったうちの子は、今度土の中を探って腐葉土一家を探すって張り切っていました。

    投稿日:2013/03/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「ぷっ」じゃないでしょ

     私は、「ふようどのふよこちゃん」を読んで、おもしろい本だな、と思いました。
    1番おもしろかったところは、ふよこちゃんがおならをしたところです。
    文には、「ぷっ」と書いてあったけど、絵には、すごく大きいおならがかいてあったので、私は、「ぷっじゃなくて、ぶお〜っでしょ!」と言いました。
    そして、もう1回、「ぶお〜っ」と読み直して、お母さんと2人でわらいころげました。

    投稿日:2012/02/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • エコロジー

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    とってもインパクトのある絵本ですね!
    なんといっても「ふようどのふよこちゃん」・・・腐葉土?!
    土が主役ってすごい斬新〜!・・なんて表紙のふよこちゃんにも
    釘付けになりつつ読み進めると、深くてまじめな、そしてあったかい絵本でした。

    絵から立ち昇る懐かしい風景と、土の匂いや枯葉のカサコソいう音。
    五感にまで訴えてきそうな、とても有機的な感覚。
    ふよこちゃんのお母さんが語る少し前の里の風景と、
    農薬や過疎によって変わってしまった悲しい現実。
    温かさと寂しさと・・。
    昔も今も、とても伝わってきました。

    字も、手書きなんですね。
    作り手の「伝えたいきもち」がぎゅーっと詰まった絵本だなと
    思いました。
    ふよこちゃん・・・すごいです。
    けしてかわいいとは言えない(失礼!)のに
    表情がよくって愛嬌が感じられる。
    息子はおならのところで笑い、蛍の登場で反応していました。
    この夏に自分も蛍を見たので。

    いいものに触れさせていただきました。

    投稿日:2010/12/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 腐葉土のふよこちゃんの日常を描いた物語。
    特別な冒険があるわけでも、大事件がおきるわけでもありません。

    草や葉っぱをポリポリたべて、ひなたぼっこをして、おかあさんに甘えて、プッとおならをする。そうする間に、ふよこちゃんからは、いい匂いが漂って、自然の音が聞こてくる。

    小さな子ども、そのまんま。
    生きている、そのまんまのふよこちゃんの絵をみると、ほーっと安心します。

    人間の手で里山が消されていく現実も描かれています。

    飯野和好さんご自身による「あとがき」にある「こどもの私は、本当に安心な豊かな毎日でした」が、心に沁みました。

    時間の流れは止められないけれど、子ども達を、安心な、豊かな毎日で包みたい、そのために、自分ができる事をやりたいな、と思いました。

    投稿日:2021/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • おならに好感

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    腐葉土って、カブトムシとかがいる土のイメージしかなく、
    てっきり虫の絵本だと思って読んでみると、
    全く違いました。

    でも、腐葉土のことがよくわかりました。

    腐葉土から、今と昔、
    環境のことまで結び付けられていて
    腐葉土を見る目が変わりました。

    かわいくないけど、愛嬌のあるふよこちゃん、
    おならで子どもたちも好感を持っているようでした。

    投稿日:2020/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトルに驚いて

    腐葉土が主人公だなんて!
    タイトルと表紙の絵に驚いて、手に取りました。
    のんびりとした雰囲気が漂いますが、日本の里山問題を指摘する、スケールの大きい内容です。
    でも、飯野和好さんの味のある絵で、ユーモアもあり、お説教くささを感じないのがいいですね。
    ふよこちゃんのお話は、続編が出ているようなので、ぜひ読んでみたいと思います。

    投稿日:2020/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふよこちゃん効果

    ふようどのふよこちゃんのおならの効果のすごさに、一緒に読んでいた子どももびっくりするやら笑えるやらで楽しそうでした。ふかふかの落ち葉が積み重なってできる腐葉土が、どんな役割を果たしているのかがわかりやすく学べるお話でした。

    投稿日:2020/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • あとがきを読んで

    腐葉土がどんなものかについて理解しやすい絵本ではあるけれど、あとがきを読んでしみじみと感じ入ってしまいました。
    かつては人が大勢住んでいた農家も今は無人となってしまった場所は、飯野さんの生まれ育った場所であるとともに、自分の生まれた場所も同じ、日本のあちらこちらに見かける風景でもあるからです。
    腐葉土は農耕や園芸に重要な役割を果たしてくれますが、里山が腐葉土だけの世界になってしまったら、どうなっていくのでしょうか。
    著者の問題提起を受けとめました。

    投稿日:2018/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 腐葉土から見た里山

    作者の実体験から生まれた作品です。
    腐葉土のふゆこちゃんから見た里山の様子を描きます。
    半酪半農の家の様子、農薬散布、無人の家。
    環境学習にもなりそうです。
    荒れた家や畑、川に戻ったホタルが印象的です。
    何よりも、腐葉土の何とも言えない存在感がいいですねえ。
    小学校中学年くらいから考えてほしい作品です。

    投稿日:2017/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 郷愁をそそられる古き良き日本の里山。

    里山に住む、腐葉土のふよ子ちゃんの暮らしを描いた絵本です。
    ふよこちゃん、正直言うと、見た目はあんまりかわいくはないんだけど、
    里山の暮らしとお母さんが大好きで、
    ほんわかあったかい何とも素敵な子どもです。

    腐葉土とは何か。
    化学肥料を使う現在の農業、
    蛍がいなくなるなどの里山の変化。
    そして人間の暮らしの移り変わり。
    そんなことがお話の中から伝わります。

    科学絵本ともいえるし、
    大人が読むと、
    古き良き日本の里山を舞台にした、郷愁をそそられる絵本です。
    図書館で借りてきて読んだのですが、
    息子は、そこまでではなかったのですが、
    とにかく私が気に入ってしまいました。
    買おうか買うまいか、今ものすごく悩んでいます。

    投稿日:2017/01/25

    参考になりました
    感謝
    0

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / だるまちゃんとてんぐちゃん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット