話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
トリック オア トリート!

トリック オア トリート!(くもん出版)

おかしくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ! 仮装した4人組は、次々におもしろい家を訪れます。楽しいハロウィン絵本!

  • 全ページ

ふようどのふよこちゃん」 ママの声

ふようどのふよこちゃん 作・絵:飯野 和好
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年09月
ISBN:9784652040447
評価スコア 4.52
評価ランキング 6,387
みんなの声 総数 26
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 腐葉土って何??

    うちの子はこの物語の主人公の腐葉土っていうものが何かわからなかったので、「腐葉土って何?」って表紙を読んだ時に聞いてきました。説明が難しかったのでネットで調べてそれから絵本を読むのを再スタート。腐葉土の家族がとっても気に入ったうちの子は、今度土の中を探って腐葉土一家を探すって張り切っていました。

    投稿日:2013/03/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • エコロジー

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    とってもインパクトのある絵本ですね!
    なんといっても「ふようどのふよこちゃん」・・・腐葉土?!
    土が主役ってすごい斬新〜!・・なんて表紙のふよこちゃんにも
    釘付けになりつつ読み進めると、深くてまじめな、そしてあったかい絵本でした。

    絵から立ち昇る懐かしい風景と、土の匂いや枯葉のカサコソいう音。
    五感にまで訴えてきそうな、とても有機的な感覚。
    ふよこちゃんのお母さんが語る少し前の里の風景と、
    農薬や過疎によって変わってしまった悲しい現実。
    温かさと寂しさと・・。
    昔も今も、とても伝わってきました。

    字も、手書きなんですね。
    作り手の「伝えたいきもち」がぎゅーっと詰まった絵本だなと
    思いました。
    ふよこちゃん・・・すごいです。
    けしてかわいいとは言えない(失礼!)のに
    表情がよくって愛嬌が感じられる。
    息子はおならのところで笑い、蛍の登場で反応していました。
    この夏に自分も蛍を見たので。

    いいものに触れさせていただきました。

    投稿日:2010/12/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • タイトルに驚いて

    腐葉土が主人公だなんて!
    タイトルと表紙の絵に驚いて、手に取りました。
    のんびりとした雰囲気が漂いますが、日本の里山問題を指摘する、スケールの大きい内容です。
    でも、飯野和好さんの味のある絵で、ユーモアもあり、お説教くささを感じないのがいいですね。
    ふよこちゃんのお話は、続編が出ているようなので、ぜひ読んでみたいと思います。

    投稿日:2020/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふよこちゃん効果

    ふようどのふよこちゃんのおならの効果のすごさに、一緒に読んでいた子どももびっくりするやら笑えるやらで楽しそうでした。ふかふかの落ち葉が積み重なってできる腐葉土が、どんな役割を果たしているのかがわかりやすく学べるお話でした。

    投稿日:2020/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 腐葉土から見た里山

    作者の実体験から生まれた作品です。
    腐葉土のふゆこちゃんから見た里山の様子を描きます。
    半酪半農の家の様子、農薬散布、無人の家。
    環境学習にもなりそうです。
    荒れた家や畑、川に戻ったホタルが印象的です。
    何よりも、腐葉土の何とも言えない存在感がいいですねえ。
    小学校中学年くらいから考えてほしい作品です。

    投稿日:2017/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 郷愁をそそられる古き良き日本の里山。

    里山に住む、腐葉土のふよ子ちゃんの暮らしを描いた絵本です。
    ふよこちゃん、正直言うと、見た目はあんまりかわいくはないんだけど、
    里山の暮らしとお母さんが大好きで、
    ほんわかあったかい何とも素敵な子どもです。

    腐葉土とは何か。
    化学肥料を使う現在の農業、
    蛍がいなくなるなどの里山の変化。
    そして人間の暮らしの移り変わり。
    そんなことがお話の中から伝わります。

    科学絵本ともいえるし、
    大人が読むと、
    古き良き日本の里山を舞台にした、郷愁をそそられる絵本です。
    図書館で借りてきて読んだのですが、
    息子は、そこまでではなかったのですが、
    とにかく私が気に入ってしまいました。
    買おうか買うまいか、今ものすごく悩んでいます。

    投稿日:2017/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさかの主役!

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    我が家の息子が、飯野さんの絵本が好きなので、
    この絵本も借りてみました。

    「おならうた」の大ファンなので、ふよこちゃんがプッとおなら
    したとたん、「いもくって ぶ」などと歌い始めてしまいました(笑)

    この絵本は、豊かな自然のありがたさを理解し始める頃に、すごく
    響くのでは?と思います。
    年長の息子には、多分メッセージはちゃんと伝わらなかったかも。
    2年生の息子は、なんとなく感じたかな?

    しかし まさか「腐葉土」が主役になるとは!
    後書の、腐葉土をおにぎりのように握って、においをかいだというエピソードは、なんだかとても素敵なものでした。
    息子たちは、お花を植える時や野菜を植える時に腐葉土を混ぜるくらいです。
    自然のなかで、腐葉土の湿ったにおいがするのを感じる経験を、ぜひさせてあげたいなと思いました。

    投稿日:2012/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ぶお〜っ」

     タイトルからして、何!?って感じですが、飯野さん独特の絵がまた、強烈! 本当に腐葉土の中から、ぽよんと、ふよこちゃんが出てきそうです。
    こういう「不思議な人たち」が土の中に潜んでいるかと思うと、それだけで楽しくなってきます。

     ふよこちゃんの哀愁に満ちた横顔、たまりません! なんとコメントしたらいいかわからないくらい・・・。
    娘と2人、わけもなく笑いました。

     そして、クライマックス(?)は、ふよこちゃんの「ぷっ」。
    臭そ〜な絵を見て、娘がすかさず言いました。
    「『ぷっ』じゃなくて、『ぶお〜っ』でしょ!!」
    今夜の読み聞かせは、娘が担当していてくれたのですが、
    「そのとき、ぶお〜っと、おならをしてしまいました。」と、
    もう1度しっかり読み直しをしてくれました!

     「おならうた」(谷川俊太郎さん・作、飯野さん・絵)を思い出して、再びいっしょに笑いました。

    投稿日:2012/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然の力はすごい。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    最近の絵本かと思っていたのですが、2005年に発売していたんですね。(う〜、今まで知りませんでした)
    たまたま図書館でこのインパクトのあるふよこちゃんの表紙絵を見て、「なんだこれ?」と思って、借りてきました。

    大きな盛り上がりはありませんが、淡々とした野山の風景がのどかで心地よかったです。
    また、ふよこちゃんのおならで花が咲くシーン、可愛くて好きです。

    偶然昨日見ていたテレビで、震災で起きた原発事故の避難区域の映像が流れていました。(今はあの震災から約半年がたとうとしています)
    テレビでは、許可をもらったタレントと専門家が避難区域に入り、放射能の測定などをしていました。
    「今は、大気中の空気はだいぶきれいになり、地面に落ちた粉じんが舞い散らなければ、それほど危険はありません。
    その分、大地や草が放射能を吸ってくれているので、枯葉などがたまっている場所などは放射能度が高くて危険です」と、その現場を訪れたタレントと、専門家の人が話していました。

    人は自然を簡単に破壊してしまうけれど、
    大地や自然界のものは、私たちの知らないうちに文句も言わず「生き物に有害な物質」を取り込んで、空気をクリアーにしてくれている。
    自然の力ってすごいな〜と、たまたま『ふよこちゃん』の絵本をタイミグよく読んだので、改めて考えさせられました。

    投稿日:2011/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • はっぱや木の実でできたいいにおいの土よ

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    先に読んでいた長女が腐葉土の説明をしてくれました。
    しかし3歳の次女にはやや難しいようでしたね。
    腐葉土のふよこちゃん目線で
    村の様子の移り変わりが描かれています。

    にぎやかな人や家畜の声が聞こえていた集落は
    時代のながれではありますが田畑に農薬を使うようになり
    小川は汚れてやがて蛍の姿が消えていまい、さらに
    人たちもいなくなっていまい過疎地となったのです。
    そして、また時間が流れ蛍が戻ってきました。

    そんな美しい山の裾野の集落で
    ふよこちゃんのいい土の香りがしてきそうなお話でした。

    投稿日:2010/12/21

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】9月の新刊&オススメ絵本

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット