話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
やっぱり じゃない!

やっぱり じゃない!(フレーベル館)

あの驚きが再び!

  • びっくり
  • 盛り上がる

ふようどのふよこちゃんなかなかよいと思う みんなの声

ふようどのふよこちゃん 作・絵:飯野 和好
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2005年09月
ISBN:9784652040447
評価スコア 4.48
評価ランキング 9,771
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 腐葉土のふよこちゃんの日常を描いた物語。
    特別な冒険があるわけでも、大事件がおきるわけでもありません。

    草や葉っぱをポリポリたべて、ひなたぼっこをして、おかあさんに甘えて、プッとおならをする。そうする間に、ふよこちゃんからは、いい匂いが漂って、自然の音が聞こてくる。

    小さな子ども、そのまんま。
    生きている、そのまんまのふよこちゃんの絵をみると、ほーっと安心します。

    人間の手で里山が消されていく現実も描かれています。

    飯野和好さんご自身による「あとがき」にある「こどもの私は、本当に安心な豊かな毎日でした」が、心に沁みました。

    時間の流れは止められないけれど、子ども達を、安心な、豊かな毎日で包みたい、そのために、自分ができる事をやりたいな、と思いました。

    投稿日:2021/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • おならに好感

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    腐葉土って、カブトムシとかがいる土のイメージしかなく、
    てっきり虫の絵本だと思って読んでみると、
    全く違いました。

    でも、腐葉土のことがよくわかりました。

    腐葉土から、今と昔、
    環境のことまで結び付けられていて
    腐葉土を見る目が変わりました。

    かわいくないけど、愛嬌のあるふよこちゃん、
    おならで子どもたちも好感を持っているようでした。

    投稿日:2020/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトルに驚いて

    腐葉土が主人公だなんて!
    タイトルと表紙の絵に驚いて、手に取りました。
    のんびりとした雰囲気が漂いますが、日本の里山問題を指摘する、スケールの大きい内容です。
    でも、飯野和好さんの味のある絵で、ユーモアもあり、お説教くささを感じないのがいいですね。
    ふよこちゃんのお話は、続編が出ているようなので、ぜひ読んでみたいと思います。

    投稿日:2020/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふよこちゃん効果

    ふようどのふよこちゃんのおならの効果のすごさに、一緒に読んでいた子どももびっくりするやら笑えるやらで楽しそうでした。ふかふかの落ち葉が積み重なってできる腐葉土が、どんな役割を果たしているのかがわかりやすく学べるお話でした。

    投稿日:2020/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさかの主役!

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    我が家の息子が、飯野さんの絵本が好きなので、
    この絵本も借りてみました。

    「おならうた」の大ファンなので、ふよこちゃんがプッとおなら
    したとたん、「いもくって ぶ」などと歌い始めてしまいました(笑)

    この絵本は、豊かな自然のありがたさを理解し始める頃に、すごく
    響くのでは?と思います。
    年長の息子には、多分メッセージはちゃんと伝わらなかったかも。
    2年生の息子は、なんとなく感じたかな?

    しかし まさか「腐葉土」が主役になるとは!
    後書の、腐葉土をおにぎりのように握って、においをかいだというエピソードは、なんだかとても素敵なものでした。
    息子たちは、お花を植える時や野菜を植える時に腐葉土を混ぜるくらいです。
    自然のなかで、腐葉土の湿ったにおいがするのを感じる経験を、ぜひさせてあげたいなと思いました。

    投稿日:2012/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今と昔

    「あさたろうの人の絵だ〜!」と下の子が保育園で
    借りて読みました。

    腐葉土のふよこちゃんは末っ子の女の子。
    優しいお母さん達とほんわかした毎日を暮らしているのですが
    昔、沢山暮らしていた人間達は・・・

    子ども達にはいまひとつわかりにくかったようですが
    環境、時代について考えさせられます。

    腐葉土の目からのお話の設定は異色で面白いと思います。
    もう少し大きくなってからまた読んでみようと思います。

    投稿日:2009/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 腐葉土が主役なの!?

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子4歳

    腐葉土というものが解らないのでは?と思いましたが、子供にとってそんなことは関係なし。「この子、ふよこちゃん?」と、物語の主人公として素直に受け止めてくれました。

    人の住まなくなった農村地帯で、のんびりと暮すふよこちゃん一家。
    のんびりとしたこの物語を読みながら、娘が疑問に思ったのは、『腐葉土』ではなく、『段々畑』でした。
    絵の中ではちょっと説明できなかったようで、イマイチ理解していない様子。
    今度ふよこちゃんを持って、段々畑を探しに娘と出かけてみようかな。

    投稿日:2009/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 飯野和好さん

    飯野和好さんの作品だったのでこの絵本を選びました。とてもユニークな物が主人公なのに飯野さんのセンスを感じられる絵本でした。人間の暮らしがいかに目まぐるしいかを考えさせられる絵本でした。自然の恵みを享受して感謝しながら楽しく暮らす主人公の家族はとても素晴らしいなと思いました。お母さんが現実をきっちりと主人公に説明しているのも感動しました。自分の暮らしを振り返ってみたくなる絵本です。

    投稿日:2009/01/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 田舎のにおい

    この絵本の中に流れている
    ゆったりほのぼの〜した時間が好きです。
    ふよこちゃんのおならは、
    環境に役立つんですよ♪

    腐葉土一家は、お日様を浴びて
    木の実や落ち葉を食べて
    変わらず雑木林にあるのに
    すぐ隣の人の暮らしはどんどん変わっていく。
    農薬散布で土地が荒れたり、
    過疎が進んだり・・・
    なんだか難しそうな内容ですが、
    難しく感じさせず、温かくのんびり穏やかなんです。

    我が家の子供には『腐葉土』はわかりません。
    雑木林の落ち葉の下の土の匂いが
    どんなかも、きっと想像がつかないだろうな。
    絵本のふよこちゃんはとっても良いにおい。
    でも子供は絵から匂いを想像できません。
    「きたな〜い」って言ってます。
    確かに読む前は私もあまり魅力を感じなかった
    表紙のふよこちゃん…
    お話を読んだ後は、可愛らしく見えちゃうから不思議。
    一度いなかの匂いを体験させてあげたいなって思いました。

    投稿日:2007/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 環境問題が題材でお勧め

    幼児と小学生の子供たちには
    腐葉土の説明からしなくてはいけませんでした。
    挿絵と文章は、温かい感じで
    笑える部分もあり、ほんわかした雰囲気の絵本です。
    内容はというと環境問題についての絵本なんです。
    今は失われてしまった自然への想いが
    伝わってくる良い作品であると感じます。
    是非、大人の人にも読んでもらいたい作品です。

    投稿日:2007/02/06

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / だるまちゃんとてんぐちゃん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


装丁も新たにボードブックとして登場した、レオ・レオーニの名作『あおくんときいろちゃん ボードブック』

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット