宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

もぐらのホリーともぐらいもなかなかよいと思う みんなの声

もぐらのホリーともぐらいも 作・絵:あさみいくよ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年09月
ISBN:9784033314204
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,446
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 今の時期にぴったりの絵本だと思ったので選びました。主人公がもぐらいもと出会った事で人生が輝きだすのが良いと思いました。土の中の様子をとても分かりやすく描いているのも気に入りました。主人公の表情の描写が極上でした。気持ちが伝わってくる絵本でした。

    投稿日:2010/11/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • もぐら抱っこしたい

    もぐらいもが微妙に擬人化されているのでどんな展開になって
    いくのかハラハラしました。死んじゃうってどういうことなんだろう?
    とか、歩けないのに泳げるの?とか。最後にはハラハラしていた私でも
    納得できるおいもになっていたのでよかったです。
    娘は、もぐらを抱っこしたくて抱っこしたくて仕方ないようです。
    他のもぐらの本ではそんなことはなかったのに。
    おそらくこちらの絵本のホリーがかわいかったからだろうなあ
    (でも、姿形は本物のもぐらに近くていいなと思います)。
    「どうしてもぐらちゃんはその辺にいないのか?」
    「もぐらちゃんに餌をあげたい」など、うるさいです(笑)。
    もぐらちゃんは地面の上には出てきたくないこと、人間にも
    会いたくないことなどを説明しても納得しません。
    それに、本物のもぐらちゃんは結構見た目はグロテスクだったり
    するから見たらびっくりすると思うのだけどなあ。

    投稿日:2012/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • それぞれの生き方

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    もうすぐ3歳になる娘、お芋が大好きです。
    でもこの話は、おいしそうな焼き芋の話ではなく、もぐらとモグラのかたちをしたお芋の友情のお話。それぞれの生き方があって、それでもお互いを思い合って、相手のために自分の苦手なことにも立ち向かう勇気も描かれていて、「もぐら」と「いも」なのに感動的なストーリーに仕上がっています。
    娘は保育園に通っていますが、2歳児クラスはまだまだ自己中・・・。お友達のことを思いやって行動することは難しいようです。だから、このお話もちょっと難しかったかなと思います。あと1年ぐらいしたらもっと楽しめるのではないかと期待しています。

    投稿日:2011/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきな土の中

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    もぐらいも?それはなんだ?と気になり、図書館から借りてきました。
    もぐらいもは、ホリーが出会ったもぐらにそっくりなおいもさんだったんですね。
    二人は毎日土の中で、一緒に楽しく遊びますが、ある日、もぐらいもが動かなくなってしまいます。
    お日さまの光を恋しがるもぐらいものために、ホリーは決死の覚悟で土の上に出ますが・・・。
    悲しいストーリーかと思いきや、ちゃんと最後はハッピーエンド。にこにこ笑顔で終わることができて安心しました。
    あたたかい色使いで描かれた土の中は本当にすてき。娘はありの巣やへびの眠る様子に喜んでいました。地下水の泉で泳ぐのも気持ち良さそう。いつもは見えない土の中だけど、そこにも生きてる動物がいて、こんなに素敵な世界が広がっているんですよね。

    投稿日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット