いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★

なぞなぞすなあそび自信を持っておすすめしたい みんなの声

なぞなぞすなあそび 作:きうち かつ
写真:梅田 正明
出版社:福音館書店
本体価格:\0+税
発行日:1999年
評価スコア 4
評価ランキング 22,286
みんなの声 総数 6
「なぞなぞすなあそび」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 一緒に作ったら楽しいだろうな

    砂遊びは経験したことがない孫です。

    園でかたくり遊びをやったことがあって最初は触れるのも嫌がっていた

    孫ですが、慣れてきたら喜んで服まで汚して遊んでいました。

    今はもう自分でお座りすることもできるようになったので、砂遊びも可

    能のような気がします。

    一緒に砂遊びをして、絵本のお手本通りに作ったら楽しいだろうと思い

    ました。もう少し暖かくなったら、海で遊ぼうと思いました。

    ケーキを作ってみたいと思います。

    作り方まで載っているので有り難いです。

    投稿日:2010/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「これ

    きうちかつさんと言えば、手作り工作の教室を開いたり、野菜や果物の断面図を描いて「これ なーんだ?」となぞかけする絵本で馴染みがあります。おそらくこの方が作った砂のオブジェを、写真家 梅田正明さんが撮ったのでしょう。ふと考えると自然写真家が砂場遊び(人工物)を撮るというのはミスマッチにも感じますが、出てくるものは砂場遊びの域を超えた大きなもので、人よりも大きな存在を感じる気さえしてきました。
    息子は「これ なーんだ?」と聞かれて答えるも、正解はもっと大きなもので、大人の砂遊びといった雰囲気に、自分も「やってみたい!」という反応。近所の公園では砂が足りないだろうから、海にでも行って思う存分、真似して遊んでみたいですね。
    親切に作り方まで載っていて、子供に限らず作ってみたくなると思います。
    写真絵本というと、正直一度見ると飽きてしまうのでは、という先入観がありましたが、「これ なーんだ?」のなぞかけに、連日「読んで」と持ってくる息子の反応が、予想外で嬉しかったです。
    まずは一番反応が良かった火山を「どかーん」と作ろうか?!

    投稿日:2009/07/02

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット