あきまつりピーヒャラおはやしの日! あきまつりピーヒャラおはやしの日!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
行事絵本シリーズ最新巻!

にじいろのさかな」 その他の方の声

にじいろのさかな 作・絵:マーカス・フィスター
訳:谷川 俊太郎
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1995年11月
ISBN:9784062619516
評価スコア 4.04
評価ランキング 20,188
みんなの声 総数 204
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • まず、魚や海の生き物のきれいさに目をひかれる絵本なんですが、それにも増して話の内容もいいです!
    年少さんの子には難しい内容かもしれませんが、年中さん位の子だったら、心の中で何か考えながら見れると思いました
    学校にあったやつを読んだんですが、欲しいです〜コレ
    でも・・・お値段が高いですよね洋書って↓

    投稿日:2008/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魚が光ってる!

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    図書館でもこの絵本は目を引きますね、また子供はきれいなものが基本的に好きなので、一度は読んでみたい絵本でした
    にじ色の魚は美しい姿とは逆に、他者を受け入れない、傲慢なところがあり、一人ぼっちでした
    タコのおばあさんにアドバイスを受けて、輝くうろこを思い切って上げます・・・すると、今までにない気持ちが湧いてきます・・
    物でつって友達になるような感じもしないでもないが・・・・
    本来は目に見えない、心の優しさを他人にも振舞うことで自分も気持ちが良いほうへと向かって行くと考えました
    まあ単純に、キラキラした珍しい絵本として読んでも良いかなと思います

    投稿日:2008/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心の中にずっとあるもの

    • 喜唯さん
    • 20代
    • その他の方
    • 神奈川県

    今私は、保育士を目指して勉強していて、授業で紹介したい絵本を持ってきなさいという課題が出されました。私は迷わず、にじいろのさかなを選びました。この本は、自分の大切なものをあげる。もらった方は喜ぶ、あげた方もその喜んだ顔に喜びを感じる。幸せを感じる本当に心温まる絵本だな。と思います。

    投稿日:2007/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 銀色のうろこ

    書店にて、あまりに涼しげな美しい絵本だったので手にしました。

    にじうおのキラキラしたうろこは本当に綺麗。絵を見ているだけでうっとりします。

    海中の色彩も幻想的で、すばらしいです。それでいて馴染みやすい絵柄になっているところはすごいです。

    ストーリーは、説教臭が強く私の好みではないのですが素直に読めるのは谷川俊太郎氏の訳がいいのでしょうか。

    とにかく絵だけでも楽しめること請け合い。

    投稿日:2006/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • にじいろの友情

    たくさん並んだ絵本の中できらきら光って目に付いた絵本。

    表紙だけでなく中身もきらきらと光っていて、子供心に惹きつけられてしまいました。そのまま読んでみると、にじいろのきれいな魚の気持ちを描いた素敵な作品でした。

    初めて読んでから数年経ちますが、私にとって未だに忘れられない作品です。

    投稿日:2006/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • キラキラと光るうろこがとっても美しい華やかな絵本ですが、お話は、そのきらびやかさから想像していた内容とは違い、落ち着いた感じをうけました。

    このお話の中では、自分にとって大切なもの、失いたくない自慢できるものを果たして人に与えることができるかどうか、という場面がでてきますが、それほどのものをいじわるすることなく、独り占めせずにみんなに分け与えてあげることは、大人でも時として、難しいことがあると思います。
    子供たちはどのように考えるのか是非、聞いてみたいところです。

    私としては、うろこをあげれば、あげるほどうれしくなったにじうおの気持ちの変化に、子供たちが気付いてくれると嬉しいですね。

    キラキラ光るうろこが魚たちに1枚ずつわたっていく様子は、絵からも一目瞭然で、とってもわかりやすいですし、そのうろこが海の中で、あっちでもこっちでも輝いている絵は、本当に美しく、素敵です。

    投稿日:2006/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵は最高!

    話しの内容はやや良い子はこうしましょう的で鼻にかかりますが(私は単純に楽しめる話しが好きです)、絵は最高にいいです。主人公にじいろのさかなはきらきら光って綺麗だし、まわりの海の雰囲気も私好みで好きです。子供の反応といえば、内容的にまだわかるものじゃないのですが、きらきら光るうろこに興味をもって指でこすって遊んでいます。
    絵本の絵部門だけがもしあるとすれば、最高の部類にはいるのじゃないかと思います。

    投稿日:2003/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • プライドが高くて自分が一番って思ったいたのに、ふっと気がついたら周りに誰もいなくなってた。でも本当はとっても素直だったから、たこのおばあさんの言ったことを実行できたやさしい魚。このおはなしを私は紙芝居にしてこどもたちにみせました。最後に大きな虹色の魚を作ってシールを貼り子供たちにプレゼントしたら子供はとっても喜んだ。どんなに素敵でも一人だったら寂しくて、お友達がいると幸せなんだ。他人に見せるやさしさみたいなものも子供たちにはなんとなくこれを見て理解できるみたいでした。

    投稿日:2003/12/20

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


【えほんdeみらい】高原かずきさん 永井みさえさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット