しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

はるをさがしに」 ママの声

はるをさがしに 作・絵:亀岡 亜希子
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年
ISBN:9784894233881
評価スコア 4.41
評価ランキング 10,448
みんなの声 総数 31
「はるをさがしに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • かわいいけど・・・

    優しい気持のたっぷり入ったお話だとは思うのですが・・・
    女の子の乗る汽車が妙に豪華そうだったり、セリフが説明じみていたり
    ・・・
    猫は足で中身を全部だしてから、お土産を入れたのかな?とか
    細部にひっかかるところがあって、残念ながらお話に入り込めませんでした。

    投稿日:2010/06/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 春の訪れ!!

    白い雪に覆われた雪山のふもと。
    そんな風景が春の訪れと共に植物が芽吹き色づき、イラストも春らしい明るさに。
    オコジョのタッチィの春の訪れを喜ぶ気持ち、くまさんに会いたい嬉しさが感が伝わってきますね。
    私も冬の終わりは本当に嬉しいので、いいな〜と感じてしまいました!!

    投稿日:2019/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • はるがまちどおしくなる絵本

    タイトルのとおりにオコジョのタッチィがはるをさがしにたびにでます。
    はるがくれば、友達のくまさんが冬眠から目覚め会えるからです。
    知らない土地へ行くのはとても勇気がいることだけど大好きな友達のために頑張るタッチィをいつの間にか一生懸命応援する気持ちになり、くまさんに再会できた時はばんざいしたくなりました。

    投稿日:2019/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春です

    絵本の中では、まだ雪が残っていますね。
    待ち遠しいのは春だけでなく、お友だちのくまさんとの再会です。
    「早く会いたい」でも、優しく起こしてあげようとする優しさが見られましたね。
    たくさんの出合いがあって、どの人も優しさにあふれていて、気持ちにも春がきたようでした。

    投稿日:2015/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • はるがきました!!

    オコジョという動物が、冬眠しているくまさんに
    会いに行くというお話なのですが、春の季節が
    ほんわかと伝わってくる、とっても優しい感じの
    絵本でした。
    雪景色で始まるのですが、だんだんと春にかわっていき、
    その様子が、ページをめくるたびに楽しくて、私自身も
    わくわくしながら読むことができました♪
    今は3月の下旬なのですが、この季節にぜひ読んでいただ
    きたい1冊だと思います♪

    投稿日:2014/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春を探しに

     オコジョのタッチィが、冬眠のクマさんが目覚めるのをまっています。電車にのって春をさがしに出かけました。
     景色が、冬の森からだんだん春になっていきます。春の野原にたつタッチィ、きもちよさそうな表情がほほえましいです。見ているほうも、春の気分をあじわえます。
     
     春が待ち遠しい季節に読みたい絵本です。
     やさしくあたたかい色あいの絵が、春のお話にぴったりでした。

    投稿日:2014/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズの中でいちばん好きな作品。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    オコジョのタッチィのシリーズで、私は一番この話が好きです。
    うちの子どもたちは、こういう系統の動物が大好きなので、読みながら「可愛い!可愛いよ〜」と、叫んでいました。
    (特に上の子が)
    タッチィを汽車に乗せてくれた女の子との、ほのかな友情も素敵でした。

    優しいパステルの色合いが、物語の雰囲気を盛り上げてくれています。個人的には、最後から2ページ目でくまさんと再会したシーンが私は好きです。細かい描写のシーンも多いので、あまり大勢いるところでの読み語りに使うと、遠くの子がちゃんと見えないかもしれませんので、
    少人数での読み語りや、お父さんお母さんなどがお子さんに読んであげるのが、ゆっくり絵が眺められて一番いいかもしれません。

    投稿日:2010/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供達に癒しのひと時を・・・・・・

    • りくろーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子8歳、男の子6歳

    このシリーズを好きな上の子にせがまれて取り寄せました。
    可愛くて優しくて、ちょっぴり切なくて、温かい絵とあわせてとても癒されます。
    大人からすれば、ちょっとありえない程、物事がうまくいくのですが、子供達には癒しのお話のようで、おこじょさん、おこじょさん、と言って、しばらく我が家のブームになっておりました。

    投稿日:2010/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬から春へ

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    オコジョのタッチィのシリーズ2作目ですが、今の時期にぴったりと思い、1作目をとばして読みました。
    仲良しのクマさんに早く冬眠から目を覚ましてほしいタッチィは、うさぎさんやしかさんの知恵を借りながら、いい方法を考えます。
    そして、クマさんのおうちの周りを春の花でいっぱいにすることにして、花を探すために南へ向かいました。
    タッチィは無事にお花を持って帰ってこれるのかな?
    絵の色合いがとてもきれいで、お花畑や緑の草原にうっとりと見とれてしまいました。
    それに優雅な列車の旅。羨ましい〜。
    雪景色から春の景色へ、そしてタッチィの体の色も真っ白から茶色へ。
    春の来る喜びをとても感じられる絵本です。ぴったりの時期に読めて良かった!

    投稿日:2010/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • とても美しい絵とファンタジックな物語に、図書館で借りたのですが、ぜひ欲しくなってしまいました。
    娘もじーっと聴き入っています。
    大好きなくまさんに春をとどけたいオコジョのタッチィ。春を求めての冒険の旅。
    愛らしいタッチィのひたむきさにひかれます。
    春夏秋冬のシリーズになっているそうなのでぜひ全作品読みたいです。
    作者さんが北国の方なので、春の訪れの喜びは、九州に生まれ育った人間よりもそれは大きな大きな喜びなのではないでしょうか?それが絵に満面に現れているようで、見る人にびんびん伝わってきます!
    女の子と一緒の鉄道の旅も、わくわく感があふれて、きっと子供を夢中にするでしょう。
    タッチィの毛が少しずつ冬毛から夏毛に替わっていくところ、川に映った自分の姿を見て春の訪れを知るタッチィ。仲良しのくまさん。
    ちりばめられた様々なモチーフが、とてもすてきにかみ合って、夢の広がる物語が展開されています。

    投稿日:2010/04/02

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『新レインボー小学国語辞典 改訂第6版』監修者・金田一秀穂さんインタビュー

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット